キャッシングとは?サービスの仕組みやカードローンとの違い、注意点やポイントも解説

キャッシングとは?サービスの仕組みやカードローンとの違い、注意点やポイントも解説

急な出費があるとき、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を使えば、利用目的を制限されずにお金を用意できます。

クレジットカードにキャッシング枠が設定されている場合は、手続き不要ですぐに借りられるメリットがあります。

しかし、借りる金額や期間によっては、カードローンのほうがよいケースもあるため、お借入れの方法は比較・検討したうえで適したものを選びましょう。

本記事では、キャッシングの意味やカードローンとクレジットカードの違い、キャッシングのメリット・デメリット、利用手順などを解説します。

利用する際の注意点やポイントなども紹介しているため、キャッシングの利用を検討されている方は、参考にしてください。

アイフルをご検討の方へ

  • 最短20分審査
  • はじめてなら契約から30日間利息0円
  • アプリやカードレス利用も可能
  • 在籍確認の電話は原則なし

ここからの契約で対象者にもれなく現金1万円プレゼント

ここからの契約で対象者にもれなく

現金1万円プレゼント

今すぐお申込み

※諸条件あり

目次

キャッシングとは

キャッシングとはお金を借りる行為全般を指し、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠でのお借入れが該当します。

なお、一般的にはクレジットカードのキャッシング枠を指すことが多いです。キャッシングサービスを提供する金融機関や会社などにより定義が若干異なる場合があるため注意しましょう。

カードローンとクレジットカードのキャッシング枠は、大まかなサービス概要こそ共通していますが、借りられる金額や金利、返済方法など細かい部分で違いがあります。

キャッシングサービスの仕組み

キャッシングサービスは、主に銀行や消費者金融などの金融機関、クレジットカード会社などが提供しています。

キャッシングは所定のカードやスマホアプリを用いてお振込みやATMでの引出しなどでお金をお借入れできます。ご契約の際に設定された利用限度額の範囲内であれば、自由にお借入れが可能です

キャッシングは、銀行が提供する住宅ローンや教育ローンをはじめとした目的型ローンに比べて審査が比較的短時間で済むことが多く、原則として利用目的の制限を受けないため、急な出費があるときにも使える手段です。

ご返済は、基本的にお借入れした翌月から始まりますが、返済日は借入先によって異なるため、遅延しないよう事前に確認しておきましょう。

また、キャッシングサービスでお借入れした場合、元金に対して利息が発生し、借入金額よりも返済総額が高くなります。利息は、金利や借入残高、利用日数によって決まり、お借入れが長期になるほど支払う利息も大きくなります

なお、金利は元金に対する利息の割合をパーセンテージで示したもので、キャッシングサービスでは「年率」や「実質年率」と記載されているのが一般的です。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンでは、次の点で違いがあります。

  • ・ 利用限度額の違い
  • ・ 金利の違い
  • ・ 返済方法の違い

利用限度額の違い

クレジットカードのキャッシング枠で借りられる金額は、多くの場合数十万円から多くても百万円程度となっています。ショッピング枠の範囲までで設定され、ショッピング枠以上のお借入れはできません。

カードローンは数十万円から数百万円借りられ、クレジットカードのキャッシング枠と比較して、より大きな金額のお借入れを希望する際にも対応できる場合があります。

金利の違い

カードローンでは、利用限度額に応じて適用される金利が変化します。一般的に銀行系では2.0~15.0%、消費者金融系では3.0~18.0%の範囲で設定されます。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は多くの場合15.0~18.0%の間で設定されています。

返済方法の違い

クレジットカードのキャッシング枠で借りたお金は、原則としてショッピング枠での決済分と一緒に、支払口座から引落す形でご返済となります。

一括払い・分割払い・リボ払いなどを選択でき、支払回数を多くするほうが1回あたりのご返済は少なく済むものの、支払う利息は多くなります。また、利用残高をまとめて支払う繰上返済も可能です。

カードローンは原則リボ払いで、所定の返済期日に従ってのご返済となります。ATMからご入金する以外に、口座振替やお振込み、WEBからのご返済も可能です。カードローンも繰上返済が可能です。

クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリット

クレジットカードでキャッシングする場合のメリットとデメリットを詳しく紹介します。

メリット

普段使っているクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、手続き不要ですぐにお金を借りられます。

キャッシングするための審査や、新しくカードを発行する必要はありません。また、海外キャッシングに対応している場合は、海外の旅行先で現地の現金を用意することもできます。

クレジットカードに付帯する保険やサービスを利用できるものもあり、お金を借りる以外の面でも活用できます。

デメリット

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる場合、負担する金利は割高と言えます。金利は15.0~18.0%が相場で、一般的なローンや銀行のカードローンと比べると、負担する利息は多くなる傾向があります。

また、キャッシング枠はショッピング枠の範囲内で設定されるケースが多く、クレジットカードでのお借入れが増えれば、ショッピングに使える金額は減少します。

カードローンでキャッシングするメリット・デメリット

カードローンでキャッシングする場合、審査によってはクレジットカードのキャッシング枠を使うよりも利用限度額が大きく、更に金利が低く設定される可能性があります。また、消費者金融系カードローンでは、初回利用者に対しては無利息期間などのサービス提供している場合があることもメリットです。

ただし、クレジットカードに付帯するようなサービスは受けられず、お借入れに使うカードを発行すると財布がかさばるデメリットも存在します。

メリット

カードローンの金利は、クレジットカードのキャッシング枠と比較して低い傾向にあります。利用限度額に応じて変化しますが、銀行のカードローンで2.0~15.0%程度、消費者金融のカードローンで3.0~18.0%程度です。

また、お借入れに特化したサービスであるため、実際には申込内容や審査によって決まりますが、数百万円など高額の利用限度額が設定可能な商品もあります。金利と利用限度額を見ると、まとまった金額のお借入れをする場合は、カードローンのほうが利便性は高いといえます。

また、無利息期間を設定しているカードローンもあり、はじめて利用する方が条件を満たせば一定の期間利息を負担せずにお金を借りられる点もカードローンのメリットです。

デメリット

カードローンはお金を借りるサービスのみを提供しているため、クレジットカードにあるような保険や付帯サービスは受けられません。

専用のローンカードを作成する場合、財布に入れて持ち歩くカードが増えるため、かさばってしまうデメリットもあります。

カードの所有を見られ、周囲の方にカードローンの利用を知られてしまうかもしれません。カードローンの利用自体は悪いことではないものの、周囲の方からよくない印象を持たれる可能性に注意しましょう。

なお、最近は専用カードを発行しない、カードレスなカードローンも登場しています。

キャッシングの利用手順

A woman is checking financial documents

キャッシングのお申込みからご返済までの利用手順を順番に解説します。

①お申込み

WEBや無人店舗、店舗窓口から、必要な情報を申告してお申込みをします。ほかにも電話やスマホアプリから手続きできるサービスもあり、使いやすい方法を選びましょう。

②書類を提出し審査を受ける

利用者の申込内容や信用情報から、カード会社が審査を実施します。

希望する利用限度額や他社からのお借入れ次第では、収入証明書類を提出して年収確認が必要なケースもあります。指定された方法で所定の書類を提出し、手続きを進めます。

③ご契約

メールや郵送で審査結果が通知され、審査に通ればWEB上や来店でご契約を締結します。

お借入れに使うローンカードも発行されます。このとき、サービスによってはカードレスを選べる場合もあります。

④お借入れ

スマホアプリや提携ATM、口座振込でご融資を受けます。ご契約後は利用限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返しのお借入れが可能です。

⑤ご返済

ご返済は口座振替、お振込み、提携ATMへのご入金などの方法があります。お振込みの場合、WEBやスマホアプリから手続きできる場合があり、外出しなくてもご返済が可能です。

キャッシングに関する注意点

キャッシングを利用する際に理解しておくべき注意点を解説します。

キャッシングは最大でも年収の3分の1までに規制されている

消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングは、貸金業法が適用されるため、総量規制の範囲内でしかお借入れができません。

総量規制とは、個人に対して年収の3分の1を超える貸し付けを原則禁止するルールです。

銀行カードローンは銀行法が適用されるため、総量規制はありませんが、銀行ごとに独自の制限を設けており、総量規制と同等の制限を定めている銀行も多くあります。

キャッシングは最大でも年収の3分の1までしかお借入れできないと考えておきましょう。

なお、総量規制は、1社ごとではなく、現在お借入れしているトータルの借入金額に対する制限なので、注意してください。

延滞すると遅延損害金が発生する

キャッシングでお借入れ後、ご返済が遅れてしまった場合は遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、返済日の翌日からお支払いが完了した日までの期間に発生するお金で、元金や利息とは別に支払わなければいけません。

ご返済が遅れるほど遅延損害金の負担も大きくなるため、返済日に遅れた場合は、できるだけ早期にご返済を済ませるようにしましょう。

キャッシングを利用する際のポイント

キャッシングサービスは、借入先によって内容が異なります。キャッシングサービスにお申込みするときに確認しておきたいポイントを解説するので、参考にしてください。

在籍確認の方法を確認する

お申込み前に在籍確認の方法を確認しましょう。在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に本当に勤めているかを確認するもので、審査のときに実施されます。

在籍確認の方法は、以下の2パターンです。

  • ・提出書類のみで実施するケース
  • ・職場へ電話をかけるケース

電話による在籍確認の場合は、職場の同僚などにキャッシングのお申込みがバレてしまう可能性があります。

そのため、バレるリスクを最小限に抑えたい場合は、電話なしで在籍確認ができるキャッシングサービスにお申込みしましょう。

なお、電話による在籍確認に関しても、プライバシーに配慮してやり取りされるため、過度に心配する必要はありません。

以下は、アイフルで実際に電話での在籍確認を実施している割合を表した円グラフです。全体の0.3%のお客様にしか実施していないことがわかります(※)。

電話での在籍確認実施率0.3%

※調査期間:2023年4月1日~5月31日
調査対象:WEBもしくは無人店舗でお申込み後、ご契約いただいたお客様

キャンペーン・特典の有無を確認する

借入先によっては、キャッシングに関するキャンペーンや特典が受けられる場合があります。たとえばアイフルでは、はじめてご契約される方であれば最大30日間利息0円でお借入が可能です(※1)(※2)。

キャンペーンや特典を活用すれば、還元を受けられたり、利用の負担を軽減できたりするため、確認するようにしましょう。

  • ※1アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※2ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

ご返済シミュレーションを確認する

キャッシングの返済期間や総返済額は、毎月の返済金額や金利、返済方式などによって変わってきます。そのため、計画的かつ安全にキャッシングをしたい場合は、事前にシミュレーションしておくことが大切です。

アイフルでは「ご返済シミュレーション(※)」でかんたんに、月々の返済金額や総返済額などの詳細を確認できます。

キャッシングする際は、事前にシミュレーションを活用して、返済計画を立てたうえでお借入れしましょう。

※本シミュレーションの結果は、本日をお借入日とした場合の参考値です。目安としてご利用ください。

アイフルならお急ぎの方にも対応

アイフルは24時間365日、いつでもWEBからお申込みが可能です。最短20分でご融資が可能なほか、フォームの入力も5分程度で完了します(※1)。

WEBでは年齢・年収・他社からの借入金額を入力すればすぐにご融資が可能かを診断してくれる「1秒診断(※2)」も利用できます。

また、はじめて利用する方は、「最大30日間利息0円サービス(※3)(※4)」もあり、利息負担の軽減も可能です。カードレスにも対応しており、ローンカードを周囲に見られる心配もありません。

お借入れの金額や期間によってはクレジットカードのキャッシング枠を使うより、カードローンの方が負担を抑えられる場合があるので、ご検討ください。

  • ※1お申込みの状況によってはご希望に添えない場合がございます。
  • ※2診断の結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。実際の審査では、規定によりご希望にそえない場合もありますのでご了承ください。
  • ※3アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※4ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

お金を借りるときは目的に合わせて方法を選ぼう

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定されているなら、手続きなしですぐにお借入れできます。

クレジットカードのキャッシングのほかにも比較的金利が低めに設定されているカードローンのキャッシングを検討するのもよいでしょう。

借りる金額や期間、金利を含めた返済総額も考えて、適した方法を選んでの計画的なキャッシング利用をすることが大切です。

アイフルでは急ぎの審査にも対応しており、融資可能かをかんたんに判定できる「1秒診断(※1)」も用意しています。カードレスも選択でき、「最大30日間利息0円サービス(※2)(※3)」も利用可能です。

  • ※1診断の結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。実際の審査では、規定によりご希望にそえない場合もありますのでご了承ください。
  • ※2アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※3ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

オフィシャル
SNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

オフィシャルSNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー

よくあるご質問