クレジットカードのキャッシング枠とは? 限度額の確認方法や利用の注意点も解説

カードとスマホを持ってる女性

キャッシング枠とは、クレジットカードでお金をお借入れできる上限額のことです。クレジットカードにはショッピング枠以外にキャッシング枠がついていることがあり、枠内の金額であれば審査不要で借りられることがあります。

キャッシング枠の申込方法やキャッシング枠を使った借入方法など、クレジットカードのキャッシング枠についてわかりやすく説明します。また、同じくカードを使ってお借入れができるカードローンとの違いについても解説します。

クレジットカードに付帯するキャッシング枠とは?

クレジットカードでお金を借りることをキャッシングと呼びます。「キャッシングをする」「キャッシングで借りる」とも表現することがありますが、いずれも同じく、クレジットカードを使ったお借入れのことです。

キャッシング枠とは、キャッシングで借りられるお金の上限額を指します。たとえばクレジットカードのキャッシング枠が50万円のときは、50万円までなら審査なしで借りられることがあります。

キャッシング枠を利用するにはお申込みが必要

クレジットカードのお申込みをするときに、キャッシング枠の有無を選択できます。キャッシングを利用したいときは、キャッシング枠のお申込みとお借入れできる希望限度額の記入が必要です。

すでに保有しているクレジットカードにキャッシング枠がついていない場合は、後からキャッシング枠だけお申込みすることも可能です。クレジットカードの会員ページや、顧客専用ダイヤルなどからお申込みしましょう。

キャッシング枠を利用するメリット

ATMでお金を借りる

お金を借りる方法はいくつもありますが、それぞれ特徴が異なるため、正しく理解したうえで利用することが大切です。キャッシング枠を利用する前に、キャッシング枠を使ったお借入れのメリットとデメリットを理解しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングには、下記のメリットがあります。

  • ・すぐにお金を借りられる
  • ・ATM以外でもお金を借りられる
  • ・海外でも借りられる場合がある

それぞれのメリットについてみていきましょう。

すぐにお金を借りられる

キャッシングに必要な審査が終わっていればいつでもお金を借りられるため、今すぐお金が必要なときなどにも便利に利用できます。

ATM以外でもお金を借りられる

クレジットカードのキャッシングは、通常は対応するATMを使って、必要な金額をお借入れします。しかし、クレジットカードによっては、ATM以外にも銀行の口座振込により借りられることがあります。

たとえば光熱費や家賃などの引落しの費用が不足しているときには、口座振込の形で借りられるため便利です。現金が必要なときはATM経由のお借入れ、引落し用のお金が必要なときは口座振込によるお借入れと、使い分けることができます。

海外でもお金を借りられる場合がある

クレジットカードは対応しているクレジットブランドのATMであれば、国内外問わず利用できます。たとえば海外で現金が不足したときも、キャッシング枠があればお借入れすることが可能です。

日本円を両替しなくても現地通貨を受取れるため、日本円の手持ちがないときや、近くに両替所や銀行がないときにも重宝します。

海外で多額の現金を持ち歩くのは危険です。なるべくクレジットカードで決済し、クレジットカードが使えないところでだけ現金を使うようにしましょう。

キャッシング枠を確認する方法

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。クレジットカードは基本的にはショッピングの際に用いるカードのため、キャッシング枠はついていないこともあるため注意しましょう。

所有しているクレジットカードにキャッシング枠があるか、キャッシングの借入可能額がいくらかは、下記の方法でかんたんに調べられます。

  • ・ 契約書で確認する
  • ・ クレジットカードの会員ページで確認する

契約書で確認する

クレジットカードの契約書を確認してみましょう。キャッシング枠があるときは、上限額が記載されています。

また、紙の利用明細書を受取っている方であれば、毎月送付される明細書内に記載されていることもあります。

なお、クレジットカードの利用条件は不定期に変わることがあるため、注意が必要です。

ご契約当時のキャッシング枠は30万円でも、現在は50万円に増えていることもあるかもしれません。最新の情報については、クレジットカードの会員ページで確認しましょう。

クレジットカードの会員ページで確認する

多くのクレジットカード会社は、利用明細やポイント数などをWEB上で確認できる会員ページを提供しています。ポイントキャンペーンなどのお得な情報も提供されている場合があるため、こまめに確認しておきましょう。

クレジットカードの会員ページでは、キャッシング枠の金額についても記載されています。すでにキャッシングを利用している場合なら、利用額と借入可能額も確認できます。

キャッシング枠の申込方法と利用方法

クレジットカードのキャッシング枠を使いこなすためにも、申込方法と利用方法について確認しておきましょう。一般的なお申込みの手順と使い方について説明します。

キャッシング枠の申込方法

キャッシング枠はクレジットカードの申込時だけでなく、クレジットカード発行後もお申込みが可能です。

クレジットカードと同時にお申込みするときは、下記の手順で手続きをします。

  1. 1.お申込みするクレジットカードを決める
  2. 2.キャッシング枠の希望額を記載する
  3. 3.必要書類を提出する

すでに発行しているクレジットカードのキャッシング枠をお申込みするときは、2以降を参照してください。

1.お申込みするクレジットカードを決める

使いたいクレジットカードを決めます。クレジットカードは、ゴールドカードやプラチナカードなど、ステータス性が高いクレジットカードほど借入限度額が上がる傾向にあります。

実際の借入限度額は審査結果によるためわかりませんが、キャッシング目的でクレジットカードを選ぶなら、ステータス性のあるクレジットカードも検討するとよいでしょう。

学生の場合は、学生もキャッシング枠をつけられるか確認しておくとあんしんです。また、そもそも学生がお申込みできるクレジットカードなのかも調べておきましょう。

2.キャッシング枠の希望額を記載する

クレジットカードの申込書(申込フォーム)に、キャッシング枠の希望額を記載します。上限額が記載されているときは、既定の上限内で決めてください。

無理なくご返済できそうな金額か吟味してから、申込書に記載しましょう。

3.必要書類を提出する

申込書に、審査の必要書類を添えてクレジットカード会社に提出します。

なお、運転免許証などの本人確認書類は必須です。キャッシング枠の金額によっては、源泉徴収票などの収入証明書が必要になることもあります。

キャッシングの利用方法

キャッシングは、主に下記の方法で利用します。

  1. ・ATMからの引き出し
  2. ・銀行口座振込

ATMからの引き出し

対応しているATMにクレジットカードを挿入し、借入額を設定します。現金をすぐに受取れるため、使い勝手のよい方法です。

ただし、ATMの利用手数料がかかることもあるため注意しましょう。クレジットカードによっては手数料不要で利用できるATMもあるため、利用前に確認しておきましょう。

銀行口座振込

指定した口座にお借入れしたお金を振込んでもらう方法もあります。手数料はクレジットカード会社が負担することが一般的なため、手数料が気になる方は口座振込を利用してキャッシングしましょう。

キャッシング枠をお申込み・利用する際の注意点

キャッシング枠を利用する前に、下記のポイントを確認しておきましょう。

  • ・ キャッシング枠は総量規制の対象
  • ・ キャッシングするとショッピング利用枠も減る
  • ・ 利息が発生する
  • ・ 返済方法・返済方式を確認しておく

キャッシング枠は総量規制の対象

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象です。

総量規制とは、貸付額(クレジットカードの場合はキャッシング枠の上限額)が年収の3分の1を超えないように制限される制度です。キャッシング枠のお申込みをするときは、年収の3分の1以下になるように申込額を調整しましょう。

また、年収が増えて上限額を増やしたい場合は増額申請、減らしたい場合は減額申請もできます。減額申請のときには審査は実施されませんが、増額申請のときには審査が実施される点にも注意しましょう。

キャッシングするとショッピング利用枠も減る

「ショッピング枠=クレジットカードの利用枠」であることが一般的です。たとえばクレジットカードの利用枠が100万円の場合、ショッピングで60万円を使っていると、キャッシング枠が50万円でも実際は40万円までしか借りられません。

ショッピング枠を回復させるには、銀行引落で利用代金を支払うことが必要です。いっぽう、キャッシング枠を回復させるには、借入分をご返済することが必要です。リボ払いのように毎月の返済金額が決まっているときは、追加返済(任意返済)をすることで早くキャッシング枠を回復できます。

利息が発生する

キャッシングでお金を借りた翌日から利息が発生します。

利息は借入額と金利、借入日数で計算されます。早くご返済すると利息を抑えられますが、逆に延滞してしまうと利息が増え、総返済額が大きくなる点に注意が必要です。

返済方法・返済方式を確認しておく

早くご返済すると利息を抑えられるため、余裕があるときはこまめに追加返済するようにしましょう。すぐにご返済できるよう、返済方法について知っておくことが大切です。クレジットカードによっては、ATMや口座振込を使って追加返済できることがあります。

また、返済方式(返済金額の計算方法)についても理解しておきましょう。

主な返済方式としては、元利均等返済と元金均等返済があります。元利均等返済方式は借入額と利息の合計額が毎月一定になるようにご返済する方式です。毎月の返済金額が同じため返済計画を立てやすいというメリットがありますが、返済期間が長引くこともあります。

いっぽう、元金均等返済方式は、借入額を毎月同額になるようにご返済する方式です。ご返済し始めたときには返済金額が多く、徐々に減っていきます。毎月の返済金額が変わるため返済計画を立てにくいというデメリットがありますが、元利均等返済方式と比べると利息が少なくなる傾向にあります。

キャッシングをするならアイフルのカードローンが便利

カードローンはキャッシング機能に特化したサービスです。クレジットカードに付帯するキャッシング機能を使ってキャッシングするのもよいですが、キャッシングをメインで利用するならカードローンという選択肢も検討してみましょう。

アイフルでは利用限度額1〜800万円※1と、クレジットカードのキャッシング枠に比べて高額に設定できる場合があります。ただし、カードローンの利用限度額も総量規制の対象のため、年収の3分の1以下に制限されます。

また、アイフルではWEB申込の場合、お申込みからお借入れまでが最短20分です。即日お借入れ※2できる可能性があるため、お急ぎのときもご利用いただけます。

  • ※1アイフルの利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円を超える場合は源泉徴収票など収入を証明する書類の提出が必要となります。
  • ※2お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

キャッシング枠は金利や使い方に注意して活用しよう

急な支出に備えるためにも、キャッシング枠があると便利です。ただし、クレジットカードのキャッシング枠は上限額が低めの傾向にあります。お借入れに特化したサービスの利用をお考えの方は、カードローンもご検討ください。

カードローンを提供するアイフルは、お急ぎの方にも対応しやすいサービスです。WEB完結のためお借入れからご返済まですべてWEB上でできます。カードローンの利用をお考えの方はぜひアイフルをご検討ください。

オフィシャル
SNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

オフィシャルSNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー

よくあるご質問