アイフル

カードローンやキャッシングは
消費者金融のアイフル

消費者金融の金利の相場はどのくらい?銀行やキャッシング機能との比較、賢い借り方を紹介

消費者金融の金利の相場はどのくらい?銀行やキャッシング機能との比較、賢い借り方を紹介

消費者金融からのお借入れを考えている方は、金利が気になるのではないでしょうか。消費者金融の金利の相場は、年18.0%程度になりますが、多くの消費者金融が年18.0%程度の金利を設定しているのには理由があります。

また、お金を借りるのであれば金利だけでなく、利息に関する知識を深めておくことも大切です。

本記事では、消費者金融の金利の相場や決まり方、利息の計算方法など、お金を借りるにあたって必要な知識を解説します。

アイフルをご検討の方へ

  • 最短18分審査
  • はじめてなら契約から30日間利息0円
  • アプリやカードレス利用も可能
  • 在籍確認の電話は原則なし

ここからの契約で対象者にもれなく現金1万円プレゼント

ここからの契約で対象者にもれなく

現金1万円プレゼント

今すぐお申込み

※諸条件あり

目次

大手消費者金融の金利の相場

金利は貸付額に応じて異なるものの、利息制限法により上限が定められているため、大手消費者金融各社の金利に大きな差はありません。大手消費者金融の下限金利と上限金利は以下のとおりです。

  • ・ 下限金利:年3.0%~年4.5%
  • ・ 上限金利:年17.8%~年18.0%

消費者金融各社の上限金利は、年18.0%(貸付額が10万円以上100万円未満の場合の上限金利)程度になっており、初回申込みの金利は、多くの場合上限金利が適用されます。そのため、金利の相場も年18.0%程度と考えておくのが無難でしょう。

たとえばアイフルのキャッシングローンでも、相場の金利となる年3.0%~18.0%を設定しています。

また、中小の消費者金融に関しても、多くが大手消費者金融と同様に、年18.0%程度の上限金利を設定しています。10万円未満の小口融資に関しても、利息制限法が定める上限金利の年20.0%を設定しているケースがほとんどです。

しかし、下限金利は、年4.8%~年14.959%と金利幅が広く、ばらつきが見られる点が大手消費者金融と異なる点でしょう。

消費者金融の金利の決まり方

金利はご契約時の申込者の返済能力や借入金額などによって、消費者金融各社が設定します。そのため、消費者金融の金利は、利用する個人によって異なります。

また、消費者金融で設定される金利には、法律で定められた上限金利があり、上限金利を超えた金利を設定できません。したがって、借入金額がわかっていればある程度の金利の予測が可能です。

利息制限法で金利の上限が決まっている

金利の上限は出資法と利息制限法により規制されています。

  • ・ 出資法:刑事罰の対象となる上限金利を定めており、上限金利は年20.0%
  • ・ 利息制限法:貸付額に応じて上限金利が設定されており、上限を超えた金利分は無効

利息制限法が定める上限金利は以下のとおりです。

貸付額 上限金利(年率)
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

消費者金融をはじめとする貸金業者は、利息制限法で定められた上限金利の範囲内で金利を設定し、貸し付けすることができます。

利息制限法の上限金利を超えた分は違法な金利となるため、利用者は該当する部分の利息を支払う必要がないことを覚えておきましょう。

なお、出資法の上限金利である年20.0%を超える金利で貸し付けをした消費者金融は、刑事罰の対象になります。

銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング機能との金利比較

銀行カードローンや、クレジットカードのキャッシング機能と金利を比較してみましょう。下記の表はメガバンクや大手クレジットカード会社、大手消費者金融の金利を参考にしています。

借入方法 金利(年率) 借入上限金額 利息0円サービス
消費者金融
カードローン
3.0%~18.0% 500万円~800万円 あり
銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円~900万円 一部あり
クレジットカードの
キャッシング機能
7.8%~18.0% 30万円~100万円 なし

借入上限金額に関しては、消費者金融と銀行カードローンが500万円以上と大差がありませんが、キャッシングは借入上限金額が少ない傾向です。

また、金利は銀行系カードローンがもっとも低く、次いで消費者金融、キャッシングの順になっています。

利息0円サービスについては、銀行系カードローンでは一部の銀行しか実施していないのに対し、消費者金融では多くの会社が利息0円サービスを提供しています。

利息の計算方法とご返済シミュレーション

消費者金融からお借入れをした場合は、当然のことながらご返済をしなければいけません。返済時は、借入残高に利息分を上乗せしなければいけないため、あらかじめ利息の計算方法を理解しておくことが大切です。

利息は以下の計算式で算出できます※1※2※3。

  • ・ 利息=ご利用残高×契約年率(実質年率※4)÷365日(うるう年は366日)×ご利用日数

たとえば、10万円を実質年利18.0%で30日間利用した場合の利息を計算してみましょう。

  • ・ 10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円

上記のように、利息の計算自体はそれほど難しくありませんが、リボルビング払いのように何度も計算が必要な場合は手間がかかります。

より正確かつかんたんに利息を知りたいのであれば、消費者金融各社のサイトに用意されているご返済シミュレーションの活用がおすすめです。

  • ※1 お借入れの当日はご利用日数に含まれません。
  • ※2 1円未満は切り捨てです。
  • ※3 うるう年は366日での計算となります。
  • ※4 実質年率とは1年間(365日間)お借入れいただいた場合の利率です。キャッシングローンでは実質年率基準に日割計算したものが借入利息となります。

ご返済シミュレーションなら利息がすぐにわかって便利

アイフルでは「ご返済シミュレーション※1」を用意しており、借入希望金額、実質年率、返済回数を入力するだけで、毎月の返済金額や返済総額、利息を確認できます。

利息の計算以外にも、返済計画を立てるときや、利用可能額の目安を知りたいときなどに活用してください。

※本シミュレーションの結果は、本日をお借入日とした場合の参考値です。目安としてご利用ください。

どこでお金を借りればよいのか迷ったときの選び方

クエスチョン

お金を借りるときは、ご自身のおかれている状況に応じて金融機関を選ぶのがおすすめです。ここでは3つのケースを例に、おすすめの金融機関を紹介するので、参考にしてください。

すぐにお金を借りたい場合

お金を借りる場合は審査が必要です。各金融機関の審査にかかる日数は以下のようになっています。

  • ・ 消費者金融:最短即日(数十分~数時間)
  • ・ 銀行カードローン:最短数日
  • ・ キャッシング:キャッシング枠が付帯したクレジットカードは新たな審査なし

IT化に伴う業務効率の向上により、審査に必要な時間は短縮傾向にありますが、すぐにお金を借りたい場合は消費者金融の利用がおすすめです。消費者金融であれば最短即日融資に対応しているケースが多いので、条件が合えばお申込み当日にご融資を受けられる場合があります。

なお、銀行カードローンは審査の時点で警視庁のデータベースに照会をするため、審査に最短でも数日かかってしまい、即日融資を受けることはできない点は、あらかじめ覚えておきましょう。

また、キャッシング枠が設定されているクレジットカードをすでに保有している方であれば、キャッシング機能を利用して審査なしでお金を借りられます。

ただし、クレジットカードを保有していないまたは、キャッシング枠の設定をしていない場合は、審査が必要になるため、即日にお金を借りることは難しいかもしれません。

多めにお金を借りたい場合

多額のご融資が必要な場合は、消費者金融や銀行系カードローンがおすすめです。

ただし、新規契約で100万円以上の多額のお金を借りることは、信用の観点から難しい可能性があります。

また、消費者金融の場合は貸金業法の総量規制によって「借入総額は収入の3分の1まで」と定められており、総量規制を超えたお借入れはできない点に注意が必要です。

銀行カードローンは銀行法が適用されるため総量規制の影響を受けませんが、総量規制と同等の制限を自主的に設けている場合が多く、原則として返済能力を超えるご融資を受けることはできません。

利息を少なくしたい場合

利息を少なくしたい場合は、消費者金融カードローンや銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンの金利は、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングに比べて上限金利が低い傾向にあるため、まとまった金額を借りる場合は利息を抑えられる可能性があります。

ただし、金利が低くても返済期間が長引けば、その分利息が発生します。

消費者金融によっては、無利息期間を設けている場合もあります。無利息期間中は利息が発生しないため、無利息期間内に全額返済をすると利息を支払わずに済みます。

アイフルは「最大30日間利息0円サービス」を提供している

アイフルでは、はじめてご契約される方を対象に「最大30日間利息0円サービス※1※2」を提供しています。ご契約日の翌日から最大30日間は利息0円でお借入れができるほか、期間内であれば完済後の再度のお借入れもサービスの対象になります。

また、アイフルなら最短18分でご融資が可能です。WEBからのお申込みは、フォームの入力も5分程度で完了するので、ぜひご検討ください。

  • ※1 アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※2 ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

消費者金融はご自身の状況に合わせて選ぼう

消費者金融の金利の相場は基本的に年18.0%程度になっており、消費者金融ごとの金利もそれほど大きな差はありません。

また、金融機関で比較すると、消費者金融の金利は銀行系カードローンより高い傾向ですが、消費者金融の多くは利息0円サービスを提供しているため、短期のお借入れであれば消費者金融の利用で利息を抑えられる可能性があるでしょう。

お金を借りるときは金利に注目してしまう方も多いと思いますが、ご自身の状況にあわせた金融機関の選択をおすすめします。お借入れの際は、利息のお支払い分もきちんと計算した上で無理のない返済計画を立てることが大切です。

アイフルは、最短18分でご融資が可能です※。「最大30日間利息0円サービス※1※2」も提供しているので、お借入れを考えている方は、アイフルのお申込みをご検討ください。

  • ※ お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
  • ※1 アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※2 ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

オフィシャル
SNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

オフィシャルSNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
登録有効期間:令和5年3月31日から令和8年3月30日
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー

よくあるご質問