銀行カードローンとは?消費者金融との違いやメリット・注意点を知って利用しよう

銀行カードローンとは?消費者金融との違いやメリット・注意点を知って利用しよう

銀行カードローンとは、メガバンク、地方銀行、ネット銀行などが提供するカードローンです。使いみちが決まっておらず、決められた利用限度額の範囲内で何度でもお借入れできるのが特徴です。

カードローンは、大きく「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」に分けられます。金利やご融資までの時間などの特徴が異なるので、違いを理解しておきましょう。

本記事では、銀行カードローンの特徴や消費者金融カードローンとの違い、注意点を解説します。カードローンの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

アイフルをご検討の方へ

  • 最短20分審査
  • はじめてなら契約から30日間利息0円
  • アプリやカードレス利用も可能
  • 在籍確認の電話は原則なし

ここからの契約で対象者にもれなく現金1万円プレゼント

ここからの契約で対象者にもれなく

現金1万円プレゼント

今すぐお申込み

※諸条件あり

目次

銀行カードローンとは?

銀行カードローンとは、メガバンクや地方銀行、ネット銀行などの金融機関が提供しているカードローンです。

銀行は、カードローンのほかにも目的ローンやフリーローンを取り扱っています。目的ローンには住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどがあり、決められた使いみち以外に利用することはできません。

いっぽう、カードローンは目的ローンとは違い、利用目的が決められていません(事業性資金を除く)。

また、フリーローンも利用目的を問わない点ではカードローンと共通していますが、一度お借入れしたあと、再度お借入れが必要になったときはあらためてお申込みが必要です。

カードローンでは、ご契約時に決められた利用限度額の範囲内で何度でも自由にお借入れできます。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンとの違いは?

カードローンは、大きく分けると「銀行カードローン」と「消費者金融のカードローン」に分けられます。両者の主な違いは、以下の通りです。

項目 銀行カードローン 消費者金融カードローン
上限金利 年14.0%〜15.0%程度 年18.0%程度
ご融資までの時間 最短用営業日以降 最短即日
無利息サービス 多くの場合ない 多くの場合ある
適用される法律 銀行法 貸金業法

上記の特徴に加えて、銀行カードローンでは、自動融資機能やATM手数料・振込手数料の優遇を受けられる場合があります。いっぽう消費者金融カードローンは、提携ATMが多く利便性が高い傾向にあるのが特徴です。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利、ご融資までの時間、総量規制の違いを以下で詳しく解説します。

金利の違い

銀行カードローンの上限金利は年14.0%~15.0%程度ですが、消費者金融カードローンは年18.0%程度と高めに設定されています。

たとえば、金利年15.0%・年18.0%で5万円を30日間借りた場合の利息は、それぞれ以下の通りです。

金利 利息額
年15.0% 616円
年18.0%

739円

なお、利息額は以下の式で算出できます※1※2※3。

利息額=利用残高×金利(年率)÷365日(うるう年は366日)×利用日数

つまり、金利以外の条件が同じ場合、銀行カードローンのほうが利息額を抑えられる可能性があります。

ただし、消費者金融カードローンでは、一定期間内にご返済すれば利息が0円になる無利息サービスを提供している場合があります。無利息サービスを利用する場合、必ずしも金利の低いカードローンの利息額のほうが低くなるとは限りません。

アイフルでも、ご契約がはじめての方に「最大30日間利息0円サービス※4※5」を提供しています。

  • ※1借入の当日はご利用日数に含まれません。
  • ※21円未満は切り捨てです。
  • ※3うるう年は366日での計算となります。
  • ※4アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※5ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

融資まで時間の違い

消費者金融カードローンは即日融資に対応しており、お申込みした当日中にお借入れできる可能性があります。

いっぽう、銀行カードローンは即日融資には対応していません。審査が当日に完了しないため、お借入れできるのは最短で翌営業日以降です。したがって、お借入れを急ぐ場合は消費者金融カードローンが適しています。

適用される法律の違い

消費者金融カードローンには貸金業法、銀行カードローンには銀行法が適用されます。

そのため、消費者金融カードローンは総量規制の対象ですが、銀行カードローンは対象外です。

総量規制とは、貸しすぎや借りすぎを防止するために、貸金業者に対して利用者の年収の3分の1を超える貸付を禁止する貸金業法上のルールです。

つまり、銀行カードローンでは、年収の3分の1を超えても借りられる可能性があります。ただし、総量規制が適用されるかどうかにかかわらず、返済能力を超えるお借入れはできません。銀行カードローンだからといっていくらでもお借入れできるわけではないため、ご注意ください。

銀行カードローンのメリットと注意点

秤の写真

銀行カードローンでお借入れする前に、以下のメリットと注意点をおさえておきましょう。

メリット
  • ・ 使いみちが決められていない
  • ・ 利用限度額の範囲で自由にお借入れできる
  • ・ 消費者金融カードローンと比べて上限金利が低め
  • ・ 銀行によっては口座を持っていると利便性が上がる
注意点
  • ・ 目的ローンと比べると金利が高め
  • ・ 即日のお借入れはできない
  • ・ 口座開設が必要な場合がある
  • ・ 一般的に在籍確認は電話で行われる

カードローンは使いみちが決まっておらず、利用限度額の範囲で何度でもお借入れできるため、さまざまな資金に充てられます。また、銀行カードローンは、消費者金融カードローンと比べて上限金利が低めです。借入残高や利用期間によっては、利息額を抑えられます。

銀行の口座を持っていれば、キャッシュカードでお借入れできる、自動融資機能が利用できるなど、銀行独自のサービスが利用できる場合もあります。

ところが、銀行カードローンは消費者金融カードローンとは異なり、即日のお借入れには対応していません。また、口座開設が必須の銀行カードローンもあります。口座開設に時間がかかるケースもあるため、お急ぎの方はご注意ください。

さらに、銀行カードローンの在籍確認は電話で実施されるのが一般的です。消費者金融カードローンのなかには、原則として電話での在籍確認を行わないところもあります。

銀行カードローンの審査に落ちた場合は他社なら借入れできる?

銀行カードローンの審査に落ちても、ほかのカードローンの審査に通過できないとは限りません。

カードローンの審査でチェックされるのは、一般的に収入状況や他社からの借入状況、信用情報(クレジットカードやローンの利用状況)です。

審査基準や内容は公開されていませんが、金融機関ごとに異なります。そのため、A銀行カードローンの審査に落ちた場合も、B銀行や消費者金融カードローンの審査に通過できる可能性があります。

ただし、短期間に複数のカードローンにお申込みするのは避けましょう。また、ほかのローンで長期の延滞をしている場合や年収の3分の1を超えるお借入れがある場合は、ほかのカードローンにお申込みしても審査に通過できない可能性が高いため、ご注意ください。

アイフルは最短即日融資が可能なカードローン

アイフルは、最短即日融資が可能な消費者金融カードローンです※1。WEBから24時間365日お申込みでき、最短20分でのご融資が可能です。

アイフルでは、お申込みの際に勤務先への連絡は原則として行っていないため、お急ぎの方にもあんしんして利用いただけます。

また、ご契約がはじめての方に「最大30日間利息0円サービス※2※3」を提供しています。ご契約日の翌日から30日間にご返済いただくと利息がかからないため、ご返済の負担を抑えた利用が可能です。

さらに、アイフルでは、スマホアプリとコンビニATMを利用したカードレスでのお借入れ・ご返済も利用いただけます。急な出費に備えてご契約だけ済ませておくこともできるので、ぜひご検討ください。

  • ※1お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
  • ※2アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※3※ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

銀行カードローンは目的や状況にあわせて検討しよう

銀行カードローンは、都市銀行や地方銀行、ネット銀行などの銀行が発行するカードローンです。消費者金融のカードローンと比べて上限金利が低めに設定されており、利息額を抑えられる可能性があります。

ただし、即日のお借入れには対応していません。1週間以上かかるケースもあるため、お借入れまでの日数や利用期間によっては消費者金融カードローンを選んだほうがよい場合もあります。

銀行カードローンでは口座開設が必要な場合もあるため、事前に確認しておきましょう。なるべく早くお借入れしたい方は、最短20分でご融資が可能なアイフルもご検討ください※。

さらに、アイフルでは、スマホアプリとコンビニATMを利用したカードレスでのお借入れ・ご返済も利用いただけます。急な出費に備えてご契約だけ済ませておくこともできるので、ぜひご検討ください。

※お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

オフィシャル
SNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

オフィシャルSNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー

よくあるご質問