消費者金融とは?銀行やクレジットカードとの違いやメリット、注意点も紹介

消費者金融とは?銀行やクレジットカードとの違いやメリット、注意点も紹介

消費者金融とは、貸金業法に則り、主に個人向けのご融資を実施する金融機関のことで、務局や都道府県の登録を受けています。

本記事では、消費者金融と違法業者との違い、消費者金融カードローンと銀行カードローン、信販系カードローンの違いなどについて説明します。また消費者金融を利用するメリットやデメリット、注意点も紹介します。

どこで借りるか迷っている方、消費者金融での借入れに不安を感じている方は、ぜひご覧ください。

アイフルをご検討の方へ

  • 最短20分審査
  • はじめてなら契約から30日間利息0円
  • アプリやカードレス利用も可能
  • 在籍確認の電話は原則なし

ここからの契約で対象者にもれなく現金1万円プレゼント

ここからの契約で対象者にもれなく

現金1万円プレゼント

今すぐお申込み

※諸条件あり

目次

消費者金融とは

消費者金融とは、主に個人向けのご融資を実施している事業者のことで、財務局や都道府県に登録して営業しています。

消費者金融は、貸金業法に則った貸付を実施しています。たとえば貸金業法には「総量規制」のルールがあり、特定の貸付を除き、年収の3分の1を超える融資をしてはいけません。そのため、消費者金融カードローンでは、利用限度額は年収の3分の1以下に制限されています。

違法な金融業者との違い

サラ金とは「サラリーマン金融」の略で、消費者金融のことです。現在ではサラ金という言葉はあまり使われませんが、かつては主に個人向けの融資を実施する事業者をサラ金と呼んでいました。

消費者金融やサラ金は合法的に貸付を実施する金融業者ですが、世のなかには貸金業者として登録せずに貸金業を実施する違法業者も存在します。

貸金業者としての登録を行わず、貸金業法に従わない行為を行っている場合があります。法律に基づかない違法な高金利で貸付をし、過剰な取り立てを行うこともあります。

このような行為は違法であり、借入れる側にとって大きなリスクとなります。正規の貸金業者を利用し法律に基づいた取引をすることが大切です。

消費者金融カードローンと銀行系・信販系カードローンの違い

消費者金融では、利用限度額まで繰り返しお借入れが可能なカードローンを提供しています。また、消費者金融だけでなく、銀行や信販会社もカードローンを提供していることがあります。

それぞれの違いについて見ていきましょう。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

消費者金融カードローンは、貸金業法に則った貸付をします。いっぽう、銀行カードローンでは、銀行法に則った貸付をします。

また、消費者金融カードローンは即日融資に対応していることがありますが、銀行カードローンはお申込みからお借入れまでに時間がかかる傾向にあります。金利については、銀行カードローンのほうが低めのことが多いです。

銀行では個人向け貸付だけでなく、法人向け貸付や預金業、国債や投資信託などの金融商品の販売なども展開しています。

消費者金融でも個人向け以外の貸付を実施していることがありますが、預金業や金融商品の販売などは手がけていません。

消費者金融カードローンと信販系カードローンの違い

消費者金融カードローンと信販系カードローンは、どちらも貸金業法に則った貸付を実施しています。そのため、どちらも総量規制が適用され、利用限度額は年収の1/3以下に制限されます。

両者を事業者として見たときに、消費者金融と信販会社には大きな違いがあります。消費者金融は個人向けの貸付にほぼ特化していますが、信販会社では、貸金業以外にもクレジットカードの発行、与信業務なども展開しています。

消費者金融のメリット

have money in hand

消費者金融を利用するメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • ・ 即日融資を利用できる可能性がある
  • ・ 無利息サービスを利用できることもある
  • ・ 借入方法や返済方法が豊富である

即日融資を利用できる可能性がある

消費者金融では、申込んだその日に借りられる即日融資に対応していることがあります。急ぎのときなどは、消費者金融の利用を検討できるでしょう。

アイフルではお申込みからお借入れまでが最短20分です※。お急ぎの方は、WEB申込がおすすめです。フォームの入力も5分程度で済みますので、ぜひご利用ください。

※お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

銀行カードローンは即日融資に対応していない

銀行カードローンでは、申込時に警察庁データベースへの照会が義務付けられています。

審査結果がわかるのは、早くても翌営業日となり、即日融資に対応していません。

無利息サービスを利用できることもある

消費者金融によっては無利息サービスを提供していることがある。無利息サービスとは、一定期間は無利息で借りられるサービスで、返済の負担を軽減できます。無利息期間内にご完済すれば、利息0円でのお借入れも可能です。

アイフルでは、一定の条件に当てはまる場合、ご契約の翌日から30日間の利息が0円になる「最大30日間利息0円サービス※1※2」を利用いただけます。

なお、銀行カードローンでも無利息サービスを実施していることはありますが、多いわけではありません。無利息サービスの利用を検討している方は、消費者金融に注目してみてください。

  • ※1アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※2ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

借入方法や返済方法が豊富である

消費者金融では、消費者が借りやすいように豊富な種類の借入方法や返済方法を提供しています。たとえば、スマホアプリを使ったお借入れやご返済、振込みによる追加返済(任意返済)などに対応している消費者金融もあります。

消費者金融のデメリット

消費者金融には、次のデメリットがあります。

  • ・ 金利は銀行より高めな傾向がある
  • ・ 借入れのハードルが低く借入額が増える可能性がある

金利は銀行より高めな傾向がある

消費者金融は貸付額に制限があり、保証人や担保が不要なため、銀行よりも金利が高くなることがあります。

ただし、利息制限法に則った法的に適正な範囲に設定されている金利なので、法外に高いわけではありません。また、個人の年収や借入額によっても、金利は変わります。

借入れのハードルが低く借入額が増える可能性がある

消費者金融では借入方法が豊富に提供されているため、借りやすく、利便性が高いです。そのため、カードがないときもアプリで操作できる消費者金融もあり、つい借入額が増えることもあるかもしれません。

消費者金融の注意点

消費者金融でお金を借りるときは、次の点に注意が必要です。

  • ・ 総量規制により借入額が年収の3分の1以下に制限される
  • ・ 借入期間が同じであれば銀行よりも利息が高い場合もある

総量規制により借入額が年収の3分の1以下に制限

消費者金融カードローンには、総量規制のルールが適用されます。そのため、年収の1/3を超える利用限度額に設定できません。

ただし、銀行で借り入れる場合も無制限で借りられるわけではなく、独自の審査基準を設けて自主規制を実施しています。そのため、借りられる金額にはあまり差がないケースもあります。

借入期間が同じであれば銀行よりも利息が高い場合もある

消費者金融では適用される金利が高いため、借入期間と借入額が同じであれば、銀行よりも利息が高くなる可能性があります。

なお、利息は次の計算式で求められます※。適用金利は同じでも、借入額を減らすことや借入日数を短縮することで利息を減らせます。

利息=借入額×適用金利÷365(うるう年は366日)×借入日数

  • ※借入の当日はご利用日数に含まれません。
  • ※1円未満は切り捨てです。
  • ※うるう年は366日での計算となります。

はじめてのカードローンはアイフルがおすすめ!

アイフルはお借入れできるかどうか1秒でチェックできる「1秒診断※1」を利用できます。お借入れの審査に不安を感じる方は、ぜひチェックしてみてください。

また、アイフルでは条件が揃えば、お申込みからお借入れまでが最短20分で利用できます※2。また、はじめての方は「最大30日間利息0円サービス※3※4」も利用いただけます。どの消費者金融に申込むか迷ったときは、ぜひご検討ください。

  • ※1審査結果とは異なることもあるため、参考としてご利用ください。
  • ※2お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
  • ※3アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。
  • ※4ご契約日の翌日から30日間が適用期間となります。お借入れの翌日からではありませんので、ご注意ください。

消費者金融はいざというときに役立つ貸金業者

消費者金融は、法律に則った事業者なのであんしんして利用できます。また、お急ぎの際は即日融資、短期間でご返済可能なときは無利息サービスなど、多様なサービスを提供しています。

計画的なご返済には、ぜひアイフルの「ご返済シミュレーション※」を利用ください。余裕があるときに多めに返済すると、返済期間が短縮されるだけでなく、支払う利息の総額を減らせることもあります。

※シミュレーションの結果は、本日をお借入日とした場合の参考値です。目安としてご利用ください。

オフィシャル
SNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

オフィシャルSNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー

よくあるご質問