おまとめローンの審査基準や通過のポイント、落ちてしまったときの対処法を解説

おまとめローンの審査基準や通過のポイント、落ちてしまったときの対処法を解説

複数のお借入れを一元化できるおまとめローンは、一般的にカードローンなどの個人向けローンより審査が厳しい傾向があります。

そのため、おまとめローンのお申込みを考えている方は、審査の内容やポイントを知っておくことが大切です。また、おまとめローンの審査は必ず通るわけではないため、落ちてしまい、悩んでしまう方もいるかもしれません。

本記事ではおまとめローンの審査基準や通過するためのポイント、落ちてしまったときの対処法を解説します。おまとめローンの審査に関して悩みや疑問のある方は、参考にしてください。

アイフルをご検討の方へ

  • 最短20分審査
  • はじめてなら契約から30日間利息0円
  • アプリやカードレス利用も可能
  • 在籍確認の電話は原則なし

ここからの契約で対象者にもれなく現金1万円プレゼント

ここからの契約で対象者にもれなく

現金1万円プレゼント

今すぐお申込み

※諸条件あり

目次

審査が甘い・緩いおまとめローンは存在しない

おまとめローンは、複数社からお借入れのある方を対象にご融資をする返済専用のローンです。高額な貸付になることも多く、審査は慎重に実施されるため、審査が甘い・緩いおまとめローンは存在しません。

「誰でも審査に通る」や「審査が甘い」の表記は違法業者の可能性が高い

消費者金融を含めた貸金業者は、貸金業法を遵守しなければいけません。貸金業法第13条には、返済能力に関する事項を調査しなければいけない旨が明記されています。

「誰でも審査に通る」「審査が甘い」などの文言を表記している業者もありますが、甘い謳い文句で集客している貸金業者は、違法業者の可能性が高いので注意してください。

違法な業者とご契約してしまった場合、トラブルに巻き込まれる危険性もあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

おまとめローンの審査基準

おまとめローンは、一般的なカードローンと審査の内容自体は変わらず、申込者の返済能力や信用力などを確認します。

ただし、おまとめローンの場合は高額な貸付になる可能性が高いため、審査はより慎重に実施される傾向があります。

審査基準は金融機関によって異なりますが、主に確認される点を把握しておくとよいでしょう。

申込者の基本情報

ローン商品全般に共通する審査項目として、申込者の基本情報があります。特に重要となる項目は返済能力を確認するための項目です。

  • ・ 勤務先
  • ・ 雇用形態
  • ・ 勤続年数
  • ・ 年収

一般的に、勤務先は事業規模が大きいほど審査では有利になる傾向があり、収入が安定する公務員なども比較的有利といわれています。

また、雇用形態は基本的に正社員の評価が高く、勤続年数は長いほうがより収入が安定しているといえるでしょう。よいです。とはいえ、正社員でなければ審査に通れないということではないので、安定した収入があれば審査に通る可能性はあります。

信用情報

おまとめローンの審査では信用情報機関に照会をして、現在の借入状況や過去の利用履歴など、申込者の信用情報を確認します。

おまとめローンは、複数のローンを一元化する返済専用のローンですが、他社からの借入件数や借入金額が多過ぎると、返済能力がないとみなされてしまい、審査に悪影響を与えてしまうことがあるので、覚えておきましょう。

また、過去に長期の返済遅延や滞納などのトラブルがあった場合は一定の期間、信用情報機関に記録が残る場合があるため、審査に通ることが難しくなります。

おまとめローンの上手な選び方

おまとめローンは、複数のお借入れを一元化できるため、月々の返済負担が軽減されるほか、金利も低くできる可能性があります。

ただし、選び方を間違えると、おまとめローンのメリットを十分に得られないこともあるため、選び方はとても重要です。

おまとめローンの上手な選び方を紹介するので、申込みを考えている方は参考にしてください。

すべてのお借入れをまとめられるローンを選ぶ

おまとめローンは、すでに複数のお借入れがある方を対象とした返済専用のローンですが、おまとめローンによっては対象のローン商品が限定されていることがあります。

特に銀行のおまとめローンは商品が限定されているケースがあるので、おまとめローンを選ぶときは、事前に現在のお借入れがおまとめの対象になっているかをしっかりと確認しておきましょう。

ご返済しやすい支払方法が選択できるローンを選ぶ

おまとめローンは借入金額が高額になる傾向があるため、ご返済が遅れてしまうと遅延損害金の負担も大きくなる可能性が高いです。

遅延損害金は返済日の翌日からお支払いが完了するまで発生し、長引くほど負担も大きくなってしまいます。

ご自身にとってご返済しやすい支払方法を選択できないおまとめローンでは、お支払いが滞ってしまうことも考えられます。おまとめローンを選ぶときは、ご返済しやすい方法を選択できるものを選ぶようにしましょう。

金利を重視するなら銀行のおまとめローンを選ぶ

金利を重視しておまとめローンを選ぶのなら上限金利が低めに設定されている銀行のおまとめローンを選ぶのがおすすめです。

現在利用しているローンより金利が低くなれば、毎月の返済金額や総返済額を抑えられる可能性があります。

たとえば消費者金融カードローンの上限金利は18.0%が多いですが、銀行おまとめローンは上限金利が15.0%程度です。複数の消費者金融カードローンを利用している方がおまとめローンでお借入れを一元化できれば、利息を抑えることができます。

ただし、おまとめローンの審査は元々厳しい傾向にあり、金利が低くなればさらに慎重な審査が実施される可能性がある点は覚えておきましょう。

金利のみを重視すると、審査に通過できないこともあるため、事前によく検討してからお申込みをするようにしてください。

おまとめローンの審査を通りやすくするポイント

フロー

審査の内容はどうすることもできませんが、審査に通過できるように、個人で気をつけておくことはできます。

ここでは、おまとめローンの審査を通りやすくするためのポイントを紹介します。

金融事故を起こさない

おまとめローンの審査では信用情報機関に照会をします。自己破産や債務整理などの金融事故情報があると審査に通るのは難しくなるため、金融事故を起こさないように心がけておきましょう。

もしも、金融事故を起こしてしまうと、一定の期間情報が記録されてしまうので、注意してください。たとえば自己破産の場合は、信用情報機関にもよりますが、5年~7年は情報が残ってしまいます。

短期間に複数のローンにお申込みをしない

ローンの申込情報も信用情報機関で記録されています。短期間に複数のローンにお申込みをすると、「お金に困っている=返済能力がない」と判断される可能性があるため、審査に悪影響を与える場合があります。

審査に通るか不安であっても、短期間に複数のローンに申込むことはやめたほうがよいでしょう。

銀行のおまとめローン以外を検討する

銀行のおまとめローンは金利が低い傾向にありますが、その分審査が厳しいといわれています。

審査が厳しくなってしまう理由は、おまとめローンが金融機関にとっては収益性が低く、貸し倒れのリスクもある商品のためです。

銀行のおまとめローンのように金利が低い商品は、基本的に審査が厳しい傾向にあるため、審査が不安な方は、金利の高いおまとめローンを検討してみるのもおすすめです。

金利が高いおまとめローンだからといって、審査が甘いわけではありませんが、金利の低いおまとめローンよりは審査に通過しやすい傾向があります。

ご自身の信用情報を確認しておく

おまとめローンの審査では信用情報機関に照会をして、申込者の信用情報を確認しますが、ご自身の信用情報は、信用情報機関に情報開示請求をすれば確認が可能です。

報開示請求はWEBでも手続きができます。手続き自体も難しいわけではないので、審査に不安のある方は、事前にご自身の信用情報を確認しておくとよいでしょう。

おまとめローンの審査に落ちたときの対処法

おまとめローンにお申込みをしても、審査で落ちてしまうことはあります。ここでは、審査で落ちてしまったときの対処法を紹介します。

借入件数や借入金額を減らしてからお申込みをする

おまとめローンの審査では、他社からの借入件数や借入金額を確認します。他社からの借入件数や借入金額が多過ぎると、返済能力が低いと判断されてしまい、審査に落ちてしまうこともあります。

また、借入残高がおまとめローンでまかなえない金額の場合も審査落ちの原因になるので、覚えておきましょう。

おまとめローンの審査に落ちてしまった場合は、借入件数や借入金額に原因がある場合もあるので、借入件数や借入金額をできるだけ減らしてから再度お申込みをしてみるのがおすすめです。

例えば、借入件数を減らすには現在利用可能額の範囲で借換えをすることが考えられます。カードローンの現在利用可能額が30万円ある場合は、それを利用して30万円以下の残高のカードローンを完済すれば、借入件数を減らすことができます。手持ちの自己資金がなくても、総借入金額を増やすことなく借入件数だけを減らすことが可能です。

まずは契約中のカードローンの現在利用可能額を確認してみましょう。

他社のおまとめローン・借換えローンを検討する

おまとめローンを提供している銀行や消費者金融は複数あり、審査基準は各銀行、消費者金融で異なります。

1社のおまとめローンの審査で落ちてしまっても、他の金融機関他社のおまとめローンや借換えローンだと通過できる場合もあるため、ほかのおまとめローンや借換えローンの商品も検討してみましょう。

ただし、短期間に複数のローンに申込むことはあまりおすすめできないので、一度に複数の会社に申込するなど多重申込にならないように注意は必要です。

借入先の金融機関や専門家に相談する

現在、お借入れをしている金融機関に1度相談してみるのもひとつの手段です。

たとえば、増額によって複数の借入先をまとめることができ、金利も下がる場合があるだけでなく、ほかの選択肢を提示してもらえる可能性もあります。

また、おまとめローンが利用できないことで、ご返済が滞ってしまうようなら、1人で悩まずに、専門家に相談することも検討してみましょう。

おまとめローンの利用は審査が早いアイフルが便利

アイフルでは、すでにアイフルをご利用中の方向けの「おまとめMAX」と、アイフルをはじめてご利用する方に向けた「かりかえMAX」をご用意しています。

アイフルのおまとめローンは既に年収の3分の1以上の借入がある方もご利用いただけるほか、消費者金融カードローンだけではなく、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングもおまとめの対象です※1。

複数のお借入れを「おまとめMAX」や「かりかえMAX」でまとめれば返済先を一元化できるため、管理が楽になります。

WEBからのお申込みであれば、24時間365日手続きができるほか、「おまとめMAX」の場合、WEB契約・カード発行なしを選択すれば郵送物もないため、お客様のプライバシーも守られます。手続きに不安のある方は、電話申込をご利用ください。複数のお借入れをひとつにまとめたい方は、1度ご相談ください。

※1銀行ローン、ショッピングリボのおまとめをご希望の場合、書類提出が必要です。

おまとめローンの審査基準や通りやすくするためのポイントを確認しておこう

おまとめローンは貸付金額が高額になることが多いため、審査は慎重に実施される傾向があります。審査の甘いおまとめローンは存在しないので、「審査が甘い」「絶対借りられる」などの文言には注意してください。

また、おまとめローンの利用を検討するのであれば、審査基準や審査のポイントを確認しておくことが大切です。

もしも、審査に落ちてしまって悩むようなら、現在の借入先や専門家に相談してみるのもよいでしょう。

おまとめローンを検討中の方は、1度アイフルをチェックしてみましょう。

アイフルをご利用中・利用されたことがある方向けの「おまとめMAX」と、アイフルのご利用がはじめて新規方向けの「かりかえMAX」の2種類の商品をご用意しています※2。

ぜひアイフルのおまとめ商品「おまとめMAX」または「かりかえMAX」をご検討ください。

※2銀行ローン、ショッピングリボのおまとめをご希望の場合、書類提出が必要です。

オフィシャル
SNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

オフィシャルSNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー

よくあるご質問