クレジットカードの引き落とし日に残高不足だとどうなる?どうしてもお金が足りないときの対処法も解説

何かに困っている女性

クレジットカードはキャッシュレスで決済がおこなえるため、現金のように手持ちの紙幣が減る感覚がなく、視覚的に利用金額が見えづらいという特徴があります。その結果、使いすぎによって予想外の請求額になることもあります。

請求額が予想よりも高くなってしまいクレジットカードの引き落とし日に口座残高が不足した場合、どうなるのでしょうか。

この記事では、残高不足により引き落としができなかった場合の影響と、お金が用意できない場合の対処法を解説していきます。

クレジットカードの引き落とし時に残高不足だった場合引き落としされない

カードを持ちながらコンピューターに入力する人

クレジットカードの引き落とし日に口座残高が不足していた場合は、口座残高の残額を問わず引き落としがおこなわれません。たとえば、カード会社からの請求金額が3万円で、口座残高が1万円だった場合、1万円分だけが支払いに充てられるということはありません。

残高不足により引き落としができなかった際の対応は、契約しているクレジットカード会社や指定している銀行口座によって異なりますが、一般的な対応としては、後日に日をあらためて引き落としがおこなわれるか、払込用紙が郵送されて支払いをするケースが中心となります。

引き落としができなかった場合「遅延」状態となる

複数のカードを持ちながら考える人

残高不足により引き落としができなかった場合は、「遅延」という扱いになります。

支払いにおいて遅延が起きた場合、クレジットカードの利用が停止される場合もあります。利用代金を支払ったことをクレジットカード会社が確認し次第、カードの利用が再開されます。

また、遅延が発生した際には、クレジットカードの利用停止以外にも注意するべき点が存在します。それぞれの注意点について、続く見出しで詳しく解説していきます。

遅延時には遅延損害金が発生する

支払いを遅延した場合には、通常の支払いに加えて「遅延損害金」が発生します。クレジットカードは引き落とし日に利用金額が支払われることを前提としているので、利用者が支払いを遅延したことによるお金の負担が発生し、利用者はその負担金の支払いも求められます。

遅延損害金の計算方法は、各クレジットカード会社の契約書などに記載されているので、万が一に備えて確認しておきましょう。

遅延が続くと「延滞」として信用情報に記録される

支払いを遅延している状態が続くと、「延滞」として信用情報機関に返済の遅れが記録されます。

個人のクレジットカードやカードローン、割賦契約などの利用状況は「信用情報」として信用情報機関で管理されています。利用者が返済を一定期間遅延したり、破産手続きなどをおこなったりした際には、その旨が「異動情報」として信用情報機関に記録されるようになっています。

クレジットカード会社を中心とした会社が加盟している信用情報機関であるCICでは、返済日より61日以上または3カ月以上の返済遅延があった場合、信用情報に延滞の旨が「異動情報」記録されます。

信用情報機関に記録されている信用情報は、他社クレジットカードやカードローン審査の際にも照会さるため、クレジットカードの延滞により自分の信用情報に異動情報が記録されていると、クレジットカードを新規発行する場合など、信用情報を照会する審査において影響を及ぼす可能性があります。

残高不足になりそうな場合は早めにクレジットカード会社に相談

オペレーターの女性

もしクレジットカードの引き落とし日までに請求金額を口座に用意できず、残高不足によって引き落としが間に合わない場合は、早めに利用しているクレジットカード会社に相談しましょう。

クレジットカードの支払いは基本的に引き落とし日に引き落とされることが原則ですが、利用中のクレジットカード会社に連絡し、相談することで支払方法の変更、返済状況の確認などに応じてくれる可能性があります。

クレジットカード会社に連絡する場合は、支払困難に陥った原因や、現在の状況について正確に伝えることを心がけましょう。

どうしてもお金を用意できないときの対処法

3つのお金マークがついた袋

引き落とし日までに支払金額を口座に用意できない場合には、一時的に「お金を借りる」という方法があります。

クレジットカードの請求金額に対して、毎月残高不足で支払いに困っているのであれば生活の収支を根本的に見直す必要がありますが、一時的な出費を補う際には、カードローンを活用するというのはひとつの選択肢として有効です。

アイフルをはじめとする一部の消費者金融カードローンでは、無利息期間を利用できる商品があります。

無利息期間中に完済することができれば、利息0円での借入れが可能なので、不足している金額がすぐに返済できる金額であればカードローンの活用も視野にいれることをおすすめします。

アイフルの「最大30日間利息0円サービス」

カードローンが提供する無利息期間は、カードローン会社によって異なります。たとえばアイフルでは、はじめて利用する方に対して「最大30日間利息0円サービス(※1)」を提供しています。

「最大30日間利息0円サービス」では、契約日の翌日から最大30日間が無利息になるので、無利息期間内に借入額を完済した場合、利息0円で借入れできます。

ただし、借入れたお金を完済するまで返済を続ける必要があるため、カードローンを利用する場合には、今後の収支をふまえた返済計画を事前にたてておく必要があります。

カードローンによる必要以上の借入れは避け、返済計画をしっかりと立てたうえで必要な分だけを借入れましょう。

「最大30日間利息0円サービス」の詳細はこちら

(※1)アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。

残高不足を避けるために余裕のある収支計画をたてよう

通帳を見ながらノートに書き込む様子

クレジットカードの引き落とし日に残高不足の場合、引き落としはおこなわれません。

支払遅延(延滞)になることにより、クレジットカードの利用停止や遅延損害金、信用情報へ異動情報が記録されるなどの複数のデメリットがあります。

信用情報に異動情報が記録された場合は、利用中のクレジットカードだけでなく、他社クレジットカードやカードローンへの申込時の審査などにも影響を及ぼす可能性があります。

引き落とし日までに請求金額を口座に用意できない場合はクレジットカード会社に相談しましょう。

一時的な出費による残高不足を補うのであれば、無利息期間が利用できるカードローンも検討してみましょう。すぐに返済できる金額であれば利息0円で借入れできる可能性があります。

ただし、カードローンを利用した場合も、借入後返済が発生するため、返済を含めた毎月の収支管理が必要になります。

カードローンは家計管理をおこない余裕のある収支計画、返済計画を立ててから利用を検討しましょう。

オフィシャル
SNS

Twitter_logo YOUTUBE_logo LINE_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム、カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー