カードローンってなに?基礎知識から申込の流れ、利用時の注意点まで解説!

ATMを利用している女性

カードローンとは、主に消費者金融や銀行が提供する個人向けのローン商品のことです。

ほかのローン商品よりも融資スピードがはやい傾向があり、少額からでも借入れできるといった特徴があるため、 急な出費や少額融資が必要になったときなど、さまざまなシーンで役立ちます。

この記事では、カードローンの基礎的な知識や利便性、注意点などを詳しくご紹介していきます。

カードローン利用時に知っておきたい基礎知識

お金の知識

カードローンは、担保・保証人なしで借入れができる個人向け融資商品です。

審査結果に基づく利用限度額の範囲内であれば、ATMなどを利用して自由に何度でもお金の借入れ、返済ができます。

また、カードローンで借りたお金は原則として使い道が自由です。「生活費のために」、「商品の購入のために」など、さまざまな場面で利用ができます。

このような利便性の高さは、カードローンならではの魅力だといえるでしょう。

金利や即日融資の可否など商品内容はカードローンによって異なる

「担保・保証人なしで利用できる」、「利用限度額の範囲内であれば自由に借入れができる」といった点は一部をのぞくカードローンに共通しています。

しかし、金利や即日融資の可否、審査の早さなど、具体的な商品内容はそれぞれのカードローンによって異なるため、 申込む際はあらかじめ商品内容や特徴を把握しておくことが大切です。

たとえば、アイフルの「キャッシングローン」は審査最短30分で最短即日融資(※1)にも対応しています。 さらに、はじめてアイフルと無担保キャッシングローンをご契約いただいた方に「最大30日間利息0円サービス(※2)」を提供しているのも、 アイフルならではの特徴です。

商品内容や特徴はカードローンや金融機関によって異なります。申込み時にはそれぞれの商品やサービスの内容を確認するようにしましょう。

  • (※1)お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
  • (※2)アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン) を利用する方が利用可能です。

カードローンを提供する会社は3種類に分けられる

カードローンを提供する会社は、主に以下の3種類があります。

カードローンを提供する主な会社


  1. 1. 消費者金融
  2. 2. 銀行
  3. 3. 信販会社

それぞれの大きな違いは「総量規制の影響を受けるか否か」という点です。

総量規制とは、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた「貸金業者は原則として利用者の年収の1/3を超える金額を貸し付けてはならない」という規制です。

上記の3種類のうち、「信販会社」と「消費者金融」は貸金業者です。 つまり、総量規制の対象となるため、貸付額は原則として利用者の年収の1/3以下に制限されます。

一方、銀行は総量規制の対象外です。そのため、貸付額の制限はありません。 しかし銀行では、全国銀行協会によって過剰な貸付を防止するための融資審査体制を構築する取り組みもあり、 一概に「貸付額の制限がないのでいくらでも借りられる」とはいえません。

どんなときに使う?カードローンが役立つ便利なシーン3選

お金とカードを持って微笑む女性

カードローンは自由度が高く便利なローン商品ですが、実際にはどんなシーンで使われるのでしょうか。

ここからは、カードローンが役立つ便利なシーンを3つご紹介します。

急な出費を乗り越えたいとき

カードローンは、突然の出費が発生したときに役立ちます。 なぜなら、カードローンはほかのローン商品に比べて融資スピードがはや早い 傾向があるからです。

カードローンは担保や保証人が不要で利用でき、商品によってはWEBからの申込みにも対応しています。 そのため、「急な出費が発生したが手元にお金がない」など、緊急性の高い場面を乗り越えたいときには便利です。

なお、アイフルの「キャッシングローン」は、WEBから24時間365日申込みが可能で、最短即日融資(※3) にも対応している ため、 急な出費が発生した際、当日中に対処することも可能です。

(※3) お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

一時的に少額を借りたいとき

一般的なカードローンは少額でも借りられるケースが多く、ちょっとした出費が必要になったときにも便利な商品です。

たとえばアイフルの「キャッシングローン」は1,000円単位でのお借入れに対応しており、 「追加で数千円だけ借りたい」といった場面でも役立ちます。

また、アイフルでは、はじめてアイフルと無担保キャッシングローンをご契約いただいた方に 「最大30日間利息0円サービス(※4)」を提供しています。

そのため、少額を借りてすぐに完済することができれば、お得に利用することが可能です。

(※4) アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。

他人に内緒でお金の問題を解決したいとき

「他人に内緒でお金の問題を解決したい」というシーンでも、カードローンは役立ちます。 一般的なカードローンは、担保や保証人を用意する必要がないため、他人に内緒で申込み・手続きをおこなうことが可能です。

アイフルの「キャッシングローン」は担保・保証人なしでご利用いただけるほか、来店も郵送物も不要のWEB完結申込が可能 なので、 他人に内緒で借入れをおこなうことができます。

カードローンの申込みから借入れまでの流れ

スクリーンを眺める男性

カードローンを利用する際は、あらかじめ申込みから借入れまでの流れを把握しておくと、より安心して利用することができます。

以下では、アイフルの場合を例に申込みから借入れまでの流れをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.申込みと審査

まずはカードローンへの申込みを済ませて、審査を受けましょう。 アイフルでは「WEB」「スマホアプリ」「電話」「無人店舗」「店頭窓口」の5つの申込方法を利用でき、 WEBからは24時間365日申込可能、最短30分で審査が完了します。

2.契約手続き

必要書類を提出し、審査が終わった段階で契約手続きをおこないます。

なお、アイフルで契約手続きをおこなう際は、カードの受取方法を選ぶ際に「カードレス」を選択し、 口座振替登録をすることで郵送物は一切なしでご利用いただけます。

3.借入れ

契約手続きを済ませると、借入れができるようになります。

一般的なカードローンの場合、審査結果に基づく利用限度額の範囲内であれば、自由に借入れすることが可能です。

アイフルの場合は、最短即日融資(※5)に対応しているほか、全国のコンビニ・銀行のATMからの借入れに加えて、 スマホアプリを使えば全国のセブン銀行から借入れや返済ができます。

(※5)お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

カードローンを利用する際の注意点

!マークの三角標識

カードローンは自由度が高く、さまざまなシーンで役立つ便利なローン商品です。しかし、その一方でいくつか注意するべきポイントもあります。

ここでは、カードローンを利用する際に気を付けておきたい主な注意点をご紹介します。

利用するには審査に通過する必要がある

カードローンに申込むと、必ず審査がおこなわれます。審査に通過できないと、カードローンを利用できません。

なお、貸金業者が提供するカードローンに申込む場合、申込み者が希望する借入金額が総量規制に抵触する場合、審査に通過できません。 そのため、希望する借入額と現在の借入額を合わせた金額が、年収の1/3におさまっているかを事前に確認しておきましょう。

さらに、申込みの際には自身が「貸付対象者」であるかどうかも確認することが大切になります。 なぜなら、「貸付対象者」に該当しない場合は、審査に通過できないためです。

たとえばアイフルの「キャッシングローン」では、「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方(※6)」を貸付対象者としています。

「貸付対象者」の条件はカードローンごとに異なりますので、事前に商品概要を詳しくチェックしておくとよいでしょう。

(※6) なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たな融資が停止されます。

毎月返済をする必要がある

カードローンを利用する場合、それぞれのカードローン会社が設定する一定の金額を毎月返済します。

毎月無理のない返済ができるように、借入れする前に月々どのくらい返済する必要があるのか確認しておくとよいでしょう。

アイフルでは事前に月々の具体的な返済額を把握できる「ご返済シミュレーション」が用意されているので、返済計画に活用しましょう。

なお、一般的なカードローンを利用する場合、返済時には金利に応じて発生した利息も支払うことになります。

利息は返済期間が長引くほど増えますので、利息を節約したい方は早めの完済を目指すことがポイントです。

カードローンは特徴を把握して計画的に利用しよう

ペンを手に紙に書き込む男性

最短即日融資にも対応するカードローンは、急な出費が必要になったときなど、いざというときに頼もしいローン商品です。

しかし、利用には審査に通過する必要がある、毎月返済する必要があるといった注意点もあります。

そのため、自分の年収に見合った金額を申請し、無理のない返済計画を立てることが大切です。滞りなく返済をおこなえるよう意識しておきましょう。

<関連記事>

オフィシャル
SNS

Twitter_logo YOUTUBE_logo LINE_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム、カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、店頭窓口、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー