お申込み
更新 2021/07/21

消費者金融とは融資で資金難をサポートする会社!仕組みや利用条件も解説

「消費者金融とはお金を借りられる会社」と知っているものの、具体的なことはよくわからない。そういった方も、少なくないことでしょう。

一言にまとめると、消費者金融とは「どうしてもお金が必要になった」という状況の助けとなる事業者です。

そのため、貸付を行うだけではなく、それに付随したさまざまなサポートを行っています。

では、具体的にどのような仕組みで融資を行っているのか?利用するうえで条件はあるのか?お金を借りるにあたって、なんらかのリスクや注意点はあるのか?この記事で、詳しく解説します。

消費者金融とは個人が小口融資を受けられる事業者である

消費者金融とは、貸金業者(お金の融資を行う銀行以外の事業者)のひとつです。

銀行と同じく消費者金融も金融機関ですが、銀行は融資のほかに預り金業務も行っているのに対し、消費者金融は融資に特化しています。

消費者金融は主に、会社のような法人ではなく個人を対象として融資を行っており、金額は比較的少額の「小口融資」です。

「どうしてもお金が必要だ。しかし、手元の現金では足りない。なんとかしたい」消費者金融は、そんなときの助けになるサービスといえるでしょう。

無担保で融資している

有担保ローンと無担保ローンの違い

消費者金融は、無担保で融資を行っています。これは「無担保ローン」と呼ばれ、文字通り、担保を必要としません。

担保とは、借入したお金を万が一返済できなくなってしまった場合に、損失を埋め合わせるための保証として、「借り手」から「貸し手」に差し出すもののこと。

なにを担保として差し出すかはローンによっても異なり、なかには保証人(借り手が返済不能となった際、代わりに返済義務を負う人)を立てる必要がある場合もあります。

無担保ローンである消費者金融から融資を受ける際には、なにかを差し出したり、保証人を立てたりすることなく借入が可能です。

無担保で融資できる理由は返済能力を確認しているから

では、なぜ消費者金融は無担保で融資を行えるのでしょうか?それは、「借り手の返済能力」を根拠として融資しているからです。

返済能力とは、借り手が「毎月いくら程度であれば継続的に返済していけるか」を確認し、数値化したもののこと。消費者金融は、この返済能力を審査によって見極めているため、無担保で融資ができます。

つまり、消費者金融は「借り手に無理のない範囲での融資」を行っているのです。

融資に付随するさまざまなサポート

消費者金融は、「どうしてもお金が必要」というときに、融資によって資金難をサポートする存在です。

そのため、ただ融資を行うだけではなく、あんしんして借入してもらえるよう、消費者金融各社はさまざまな面で利用者のサポートに努めています。

たとえばアイフルでは、以下のようなサービスでお客様をサポート。心配な点があるという方も、あんしんしてご相談いただけます。

・お電話(0120-201-810)・チャットによる無料相談受付
・女性オペレーター対応の女性専用ダイヤル(0120-201-884)
・申込み・契約・返済等のQ&A動画
・ご契約日翌日から30日間の無利息期間サービス など

上記は、あくまでもアイフルがご用意しているサービスの一例です。このほかにも、さまざまなサービスでお客様をサポートしています。

消費者金融からお金を借りる条件

消費者金融からお金を借りるためには、いくつかの条件を満たさなければなりません。

詳細は会社によっても違いがあるものの、基本的には、最低でも以下のような4つの条件が定められています。

1.年齢制限を満たしていること
2.本人確認ができること
3.安定した収入を得ていること
4.多重債務になる恐れがないこと

ここからはそれぞれの条件について、詳しく見ていきましょう。

条件1.年齢制限を満たしていること

年齢制限を満たさなければ、消費者金融からお金を借りることはできません。

消費者金融では基本的に、貸付条件として年齢制限を設けています。

一般的に、未成年は借入できないよう制限されていますが、具体的な年齢制限は会社によっても異なるため事前の確認が必要です。

条件2.本人確認ができること

消費者金融は、書類による本人確認が行える人でなければ、利用できません。

これは、犯罪性のある「他人名義の借入」を防ぐ必要があるからです。そのため、消費者金融は下記の書類で本人確認を行っています。

・運転免許証
・保険証+公共料金の請求書等
・パスポート
・マイナンバーカード(※) など

※マイナンバーカードを本人確認書類として提出する場合は、個人番号が記載されている箇所は隠したうえで提出する必要があるため、注意しましょう。

条件3.安定した収入を得ていること

安定した収入を得ていない場合、返済を継続できなくなる可能性があるため、融資を受けることができません。

消費者金融の審査で重視されるのは、単純な収入額よりも「安定しているかどうか」です。

消費者金融への返済は月1回程度のペースで行われますが、収入が安定していないと、返済できなくなってしまう可能性があります。そのため、安定しているかどうかという点が重視されているのです。

条件4.多重債務になる恐れがないこと

多重債務になる恐れがある場合、消費者金融からお金を借りることはできません。「多重債務」とは、複数の会社からお金を借りており、なおかつ返済が困難になっている状態のことで、つまりはお金を借りすぎている状態です。

消費者金融は、「どうしてもお金が必要」という状況をサポートする存在ですが、利用者が多重債務になるほどの融資を行うわけにはいきません。

そのため、すでにほかの会社から借入をしている人については、その人の「借入件数・借入金額」を確認のうえ、多重債務とならないか判断しています。もしも多重債務になる恐れがあると判断されれば、融資は行われません。

関連記事

キャッシング審査の通過基準は?審査の項目や対策を解説

キャッシング審査にはどの金融機関にも共通した通過基準が存在します。この記事では、審査通過可否を分ける主な判断基準をご紹介します。

消費者金融を利用するうえでの注意点

消費者金融を利用するうえでは、注意点もあります。

前述のとおり、消費者金融は「返済能力の確認」や「借入のための必要条件」を設けることで、利用者に過度な負担がかからない仕組みになっていますが、あんしんしてお金を借りるためには注意点を守って利用することが大切です。

ここからはいくつかの注意点について、詳しくご紹介していきます。

消費者金融と偽る違法集団から借入しないこと

世の中には、消費者金融の名を騙り、違法な貸付を行う集団が存在します。このような違法集団からは、絶対に借入しないように注意しましょう。

もしも誤って違法集団から借入してしまうと、「法外な利息」「悪質な取立行為」などの被害に遭う恐れがあります。

そうならないためにも、消費者金融と違法集団の見分け方を知っておきましょう。

金融庁の公式サイトで登録番号を確認

代表的な消費者金融と違法集団の見分け方が、「金融庁の公式サイトで登録番号を確認する」というものです。

消費者金融は、金融庁からの認可を受けなければ営業できません。認可を受けた消費者金融にはそれぞれ「登録番号」が発行されます。

消費者金融に利用申込みする前に、金融庁の公式サイトの「 登録貸金業者情報検索サービス」というページにアクセスし、登録の有無を確認しましょう。もしも登録が無ければ、無登録営業を行う違法集団です。

他人に渡すための借入をしないこと

他人の代わりに借入することは、詐欺などの犯罪に巻き込まれるリスクがあるため、行わないようにしましょう。

自分が借入したお金を他人に渡すという行為は、実質的には名義貸しと変わりありません。

消費者金融は、あくまでも利用者の「どうしてもお金が必要で、困っている」という状況を助けるための存在です。決して、他人に渡すための借入はしないようにしましょう。

返済のための借入をしないこと

消費者金融は、他社への返済を目的とした資金については、融資できません。

借りたお金を返すための借入は、多重債務(複数社からの借入により返済が困難な状態)につながります。

多重債務に陥ると、自分自身での解決が難しくなってしまうため、くれぐれも注意してください。

必ず事前に返済計画を立てること

お金を借りる際は、必ず事前に返済計画を立てましょう。

返済計画とは、「毎月の返済額」がどれほどになるのかを確認し、完済まで継続して支払っていけるかどうかを判断することです。

「必要な金額を借入した場合に、余裕を持って返済し続けることができるか?」という点は、必ず確認しておきましょう。

返済シミュレーションを活用しよう

返済計画を立てるにあたっては、借入金額や金利から「月々の返済額」や「完済までの期間」を逆算する必要があります。

しかし、それを個人で計算するのは非常に手間がかかるため、手作業で対応することはおすすめできません。

アイフルが用意している「返済シミュレーション」を利用すれば、借入金額や金利を入力するだけで、月々の返済額や返済期間を簡単に算出できます。借入をご検討の方は、ぜひ返済シミュレーションを試してみてください。

消費者金融に関する質問と回答

Q.消費者金融でお金を借りたらローンが組めなくなりますか?

A.借入しただけでローンが組めなくなったりはしません。

消費者金融の利用内容は「信用情報機関」に記録され、あらゆるローンの審査において参照されます。

しかし、利用した記録があるだけで、ローンの審査が不利になるわけではありません。

返済遅延がある場合、審査に悪影響となるケースがありますが、借りただけでローンが組めなくなるわけではないのでごあんしんください。

Q.どれくらいの金利がつきますか?

A.利息制限法の範囲内で会社ごとに設定されています。

消費者金融の金利は、「利息制限法」という法律に基づいて、各社で個別に設定されています。

上限金利とは

・10万円未満…年20.0%が上限
・10万円以上100万円未満…年18.0%が上限
・100万円以上…年15.0%が上限

実際の金利は、消費者金融が取り決める金利幅の範囲で、顧客それぞれ個別に設定されます。しかし、その金利が利息制限法に違反することはないので、ごあんしんください。

関連記事

利息を節約するには短期間で返済すること!計算式やシミュレーション結果も紹介

利息とは、借入の利用手数料です。借入残高と金利、返済期間に基づいて発生するため、節約には早めの返済が重要です。これから利用する場合、状況に応じて適切な借入先を選ぶ必要があります。

Q.最大でいくら借りることができますか

A.年収の3分の1を超える金額は借りられません

消費者金融から借入できる金額は、審査によって個別に決まりますが、その上限は「年収の3分の1」と決まっています。

なぜなら、「総量規制」という法律上のルールで、そのように定められているからです。

総量規制

つまり、年収が300万円の方であれば、どれだけ審査状況が良好であっても、100万円を超える限度額がつくことはないのです。

消費者金融とは「どうしてもお金が必要」という状況を助ける存在

消費者金融は、利用者の「どうしてもお金が必要」という状況をサポートする存在です。

そのため融資だけではなく、それに付随するさまざまなサービスを提供することで、利用者があんしんして借入できるよう努めています。

また、融資にいくつかの条件を設けることで、利用者に過度な負担がかかりすぎることのない仕組みとなっていることも特徴の一つ。

あんしんして無理のない借入をするためには、記事でご紹介したような注意点を守って消費者金融を利用することが大切です。借入は事前に返済計画を立て、計画的に行いましょう。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!

このカテゴリでよくあるご質問

誰でも申込みはできますか?
カードローンの場合、
満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方であれば、
お申込みいただけます。
※お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資は停止となりますのでご注意ください。

その他の商品案内

詳しくはこちら
申込みの時に、自宅や勤務先(在籍確認)へ確認の電話がかかってくるのですか?
原則実施しません。
ただし、審査状況により実施する場合があります。
お客様のプライバシーに配慮し、担当者個人名で連絡します。
詳しくはこちら
郵送物は社名(アイフル)が入ったものが送られてくるのですか?
郵送物は社名(アイフル)の入っていない封筒で送付します。

<郵送物を送付するケース>
ご返済の件でお客様との連絡が取れない場合
お客様が書類送付を希望された場合
当社が必要と判断した場合 など
詳しくはこちら
急な出費で返済が遅れるときは、どうすればよいですか?
もし何らかのご都合で返済が遅れる事情が発生した場合は、事前に、会員ログインから会員メニューの「次回返済期日の変更(猶予)」でご変更いただくか、会員専用ダイヤル(0120-109-437/平日9:00~18:00)へご連絡・ご相談をお願いいたします。

会員ログイン

詳しくはこちら
返済が滞ったら、自宅や勤務先に督促に来たりするのですか?
アイフルでは、督促を目的としてお客様のご自宅や勤務先へ伺うことはございません。
詳しくはこちら