お申込み
更新 2020/11/30

消費者金融は銀行やサラ金とどう違う?お金を借りられる金融機関の特徴を紹介

個人向けに融資を行っている会社=消費者金融

アイフルをはじめとする消費者金融は、一般的に「カードローン」 と呼ばれる個人向け商品を取り扱っている金融機関です。

消費者金融が発行しているカードローンには、銀行など他のローン商品にはない様々な特徴があります。

• カード1枚でいつでも融資が受けられる(アイフルでは、カードレスも対応可)
• 無担保・保証人なしで利用できる
• 借りたお金の利用目的は自由
• WEBや無人契約機などの多彩な契約方法がある

カード1枚でいつでも融資が受けられる(アイフルでは、カードレスも対応可)

消費者金融のカードローンの多くは、一度契約を済ませてしまえば、専用のカード使って24時間融資を受けることができます。

また、一部の大手消費者金融ではスマートフォンのアプリを使うことで、すべての手続をスマートフォン上で済ませることもできます。

無担保・保証人なしで借りられる

消費者金融のカードローンの多くは、無担保・無保証人のローンです。

担保の審査が不要で手続きがスピーディに進むほか、保証人を探す手間も必要もないため、審査に通れば誰でもお金を借りることができます。

カードローンの利用目的は自由

「住宅ローン」や「マイカーローン」といったローン商品は、融資されたお金の利用目的が決まっており、原則としてそれ以外の用途で利用するこができません。

一方、消費者金融のカードローンは利用目的が自由となっており、限定されることがありません。

WEBや無人契約機などの多彩な契約方法がある

消費者金融では、以下のように多彩な申込方法が用意されています。

• インターネット申込
• 電話申込
• 店舗窓口
• 無人契約機

利用者の都合に合わせて、申込方法を自由に選択できます。申込のために店頭窓口まで足を運ぶ必要がないという点が大きな特徴です。

消費者金融はかつて「サラ金」と呼ばれていた

サラ金とはサラリーマン金融の略称で、元々サラリーマンを対象として融資を行う企業が多かったことから呼ばれ始めた呼称です。

現在では自営業者やフリーランスの借入も増えたことで、消費者金融と呼ばれています。

現在の消費者金融は、金融庁の許認可を受けて「貸金業法」という法律に従った業務を行っています。

サラ金と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いかもしれませんが、銀行や信販会社と同様に法律を遵守した安心できるサービスを提供しています。

クレジットカードとの違いは「ショッピング機能」の有無

クレジットカードには、買い物代金を立て替えてくれる「ショッピング機能」のほかに、 ATMから現金を引き出せる「キャッシング機能」もあります。

キャッシング機能はカードローンと同じく利用限度額が設定され、上限額までは自由に借入することができます。

一方の消費者金融カードローンには、一部を除いてクレジットカードのショッピング機能に相当するサービスはありません。

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融系 銀行系
融資までの所要時間 早い 比較的遅い
金利の低さ 銀行系よりも少し高い 低い
無利息期間 あり 基本的になし
返済の自由度の違い ある程度自由 銀行により指定

融資までの所要時間

銀行カードローンの場合、原則として即日での融資には対応していません。

ローンの申込を受けた銀行は警察庁のデータベースにアクセスし、申込者の情報が正しいのかを確認する義務があるためです。 この作業には1日以上の時間がかかってしまうため、お金を借りられるのは最短でも申込の翌日ということです。

一方の消費者金融では融資までの所要時間が短く、審査は最短30分、最短即日での融資が可能となっています。 「今日明日までにお金が必要」という場合には、消費者金融のカードローンを検討しましょう。

金利

消費者金融の金利は、一般的に銀行より高めに設定されています。

・ 消費者金融カードローンの最大金利:18.0%前後
・銀行カードローンの最大金利:15.0%前後

同じ金額を同じ期間だけ借りた場合には、金利の低い方が利息の負担は抑えられます。

無利息期間の有無

一般的な金利の設定は銀行カードローンの方が低いものの、必ずしも返済負担が少ないとは限りません。

大手の消費者金融では「無利息期間」が適用されており、条件を満たせば最大30日程度は利息の発生がしない状態でお金を借りることができます。

無利息期間中に完済すれば、限度額まで借入を何回しても利息はかかりません。 短期の借入であれば、条件次第で消費者金融の方が安く借りられることもあります。

返済の自由度の違い

銀行カードローンの場合、返済日に関しては「指定された期日に返済」というケースが一般的です。

消費者金融カードローンでは、返済日の候補が複数用意されていたり、返済サイクルを選べたりするものがあります。 利用者のライフスタイルに合わせた柔軟に利用できるのがメリットです。

消費者金融を利用する際の注意点

借入限度額が年収の3分の1に制限される

消費者金融で借りられる金額は、年収の3分の1までと決まっています。これは「総量規制」という消費者金融が守るべきルールで定められているためです。

たとえば年収300万円の人の場合、借入できるのは最大でも100万円です。

借入総額は、ほかの貸金業者や銀行から借りている金額を合算して計算されます。年収300万円の人がすでに50万円を借入している場合、新たに借りられるのは最大で50万円です。

返済が長期に渡る場合は注意

消費者金融の金利は銀行カードローンと比較して高い傾向がありますが、無利息期間内に完済できれば利息がかかりません。

一方で、返済期間が長引いてしまうと、金利が高い方が発生する利息は増えてきます。

借りる金額・発生する利息・完済までにかかる期間を、事前にきちんと把握しておく必要があるため、 返済シミュレ―ションなどを活用して事前に計画を立てましょう。

無職や専業主婦は借りられない

消費者金融カードローンの申込条件は各社で異なりますが、以下の点では多くの金融機関で共通しています。

• 年齢が20歳以上である
• 安定した収入がある

このうち、安定した収入がない無職の方や専業主婦の方は残念ながら申込要件を満たしていないため、利用することができません。 家族や配偶者に収入がある場合でも、基本的に消費者金融のカードローンは利用できません。

消費者金融の金利・利息の計算

消費者金融の金利は年3.0~18.0%が一般的

消費者金融からの借入を検討する際の要素で、大切になるのが「金利」です。金利によって発生する利息の額が異なります。

多くの消費者金融では「年3.0~18.0%」に設定されていることが一般的です。3.0%が下限金利、18.0%が上限金利と呼ばれます。

幅のある金利のうち、どの金利が適用されるかは申込者によって異なりますが、 初めて利用する方や少額の借入を希望する方は上限である18.0%となる場合が多くなっています。

利息の計算方法

金利をもとに、借入元金にプラスして返済する「利息」の金額を計算することができます。計算式は以下の通りです。

30万円を年利18.0%、30日間借りた場合の利息の計算式は以下のようになります。

300,000円 × 18.0% ÷ 365日(うるう年の場合は366日) × 30日 = 4,438円

借入限度額に応じて適用金利が安くなる

カードローンの金利は、設定される利用限度額によって異なります。

利息制限法で、金利上限が以下のように決まっているため、借入限度額を一定額以上に上げることで金利が下がります。

利息制限法

実際の借入額ではなく「利用限度額」が100万円以上になれば、金利上限は法律に従って15.0%に下がります。

消費者金融の利用の流れ

申込

全国展開している大手消費者金融への申込は、おおむね以下の方法が用意されていることが一般的です。

• インターネット申込
• 電話申込
• 店頭窓口
• 自動契約機

なかでも便利に利用できるのはインターネットによる申込です。 24時間365日いつでも申込できるほか、店舗に出向く必要がありません。

スマートフォンからの申込であれば、現住所が記載された運転免許証とご本人様のお顔をカメラで読み取れば本人確認が完了します。

審査

消費者金融のカードローンでお金を借りるには、各機関が定めている審査に通過する必要があります。 審査は最短即日で完了しますが、申込の時間や申込者の状況によっては翌日以降の対応となる場合があります。

申込は24時間可能ですが、審査時間は別に設定されている点には注意が必要です。

尚、アイフルの審査受付時間は「9:00~21:00」となっています。 21:00までに審査が完了しない場合、翌営業日の審査になります。

即日で融資を希望するのなら、できるだけ早く申込をすることが肝心です。

契約手続き

審査が滞りなく済むと、次は契約の手続きに移ります。WEB上もしくは店頭での契約手続きを済ませれば、その後すぐにお金を借りる事ができるようになります。

借入

借入で利用できる方法は、消費者金融によってさまざまです。例えばアイフルの場合、以下の4つの借入方法があります。

※メンテナンス時間を除く

それぞれメリットとデメリットがあるため、ライフスタイルに応じて最適な借入方法を探しましょう。

消費者金融の利用条件

消費者金融が提供しているカードローン商品ごとに、申込条件が異なります。条件に満たない場合は申込をすることができません。

年齢要件

ほとんどの消費者金融では、20歳以上でなければ申込ができません。

また、消費者金融やローン商品によって「69歳まで」などの年齢の上限も設定されています。

収入要件

消費者金融では自身に「安定した収入」があることが条件です。 仕事をしていて収入がある人でないと申込ができないため、無職の人は利用できません。

安定した収入を得ている成人であれば、職業は問われません。 正社員や公務員はもちろん、自営業(フリーランス)やアルバイト、パートタイムの従事者であっても申込可能です。

消費者金融の利用に向いている人

すぐにでも融資を受けたい人

消費者金融は融資までの速さが最大の特徴です。最短即日での融資が可能で、場合によっては最短1時間で完了する場合もあります。

審査に通過したあと、コンビニATMから24時間いつでも融資を受けることが可能です。

スマホアプリが利用できる消費者金融であれば、無人店舗等にカードを取りに行く必要もありません。提携コンビニのATMでスマートフォンをカード代わりに融資を受けられます。

カードを受け取る時間も惜しいほど忙しい人は、消費者金融が向いています。

短期間で完済する見込みがある人

消費者金融によっては一定期間の金利が発生しない「無利息期間」のサービスがあります。初めて消費者金融を利用する人であれば適用可能なケースが多いので、これを利用しない手はありません。

無利息期間が適用された場合、期間中に借入した分の利息は0円になります。

期間中に完済すれば、銀行カードローンや目的別ローンなどの低金利のローンと比べても返済総額が安くなることがあります。

家族や周囲に知られずに借入したい人

家族や周囲にカードローンを利用していることを知られたくない人にも、消費者金融が選ばれています。

多くの消費者金融では、来店不要でかつ契約までをWEB上で完結できるので、郵送物などから周囲の人に知られる可能性は極めて低いと考えて良いでしょう。

消費者金融のご利用は計画的に

消費者金融のカードローンは「一定期間の無利息期間を利用できる」「借入・返済方法が多彩」といったメリットがありますが、便利ゆえの借りすぎに注意が必要です。

完済までのシミュレーションを行い、計画的な借入と返済をしていきましょう。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!