お申込み
更新 2021/05/14

即日融資なら消費者金融のカードローン!最短1時間で借入可能

消費者金融のカードローンは最短即日融資

カードローンを取り扱う金融機関は数多くありますが、即日融資に対応しているのは原則消費者金融に絞られます。

消費者金融カードローンの特徴

「急いで借りたい」という申込者のニーズに応えるべく、上記のように様々な工夫が施されています。

時間のかかりやすい審査は最短30分

消費者金融のカードローンは、審査に「スコアリングシステム」を採用しているため、比較的短時間で結果が分かります。

スコアリングシステムのイメージ

申込者に特段問題がなければ、最短30分程で審査結果が通知される仕組みです。

即日融資を希望される方にとって、すぐに審査結果が分かるのは大きなアドバンテージとなるでしょう。

銀行の審査は最短でも1~2営業日かかる

即日融資を希望される方の中には「銀行のカードローンではダメなのか?」と考える人もいるかと思いますが、残念ながら申し込んだその日に審査結果が出ません。

銀行の審査に一定時間がかかるのは、警察庁のデータベースとの照合手続きを行う必要があるからです。

銀行カードローンは手続きに時間がかかる

以前、銀行の過度な融資が取り沙汰され、上記フローが義務化された背景があり、審査結果が分かるのは最短でも申込から1~2営業日後と考えておきましょう。

関連記事

銀行カードローンは即日融資不可!最短で借入するための対処法

銀行が取り扱うカードローンは、即日融資に対応していません。お申込み後、最短翌営業日以降の融資となるので、今日中にお借入を希望される方は他の選択肢を検討しましょう。

ローンカードは最短即日発行

お借入の際に利用するローンカードは郵送で受け取るのが一般的ですが、一部消費者金融は無人契約機で即日発行しています。

最短即日カード発行

例えば、テレビCMでもお馴染みの消費者金融は全国各地に無人契約機を設置しているので、お住いの地域を問わずカード発行しやすい環境が整っています。

WEB申込後にカード発行すると滞在時間が減らせる

ちなみに、無人契約機内で申込~カード発行までの手続きを一貫すると、最短でも1時間ほど室内で待機しなければいけません。

即日融資してもらえるとはいえ、時間に余裕がない人にとっては大きなデメリットです。

そんな方は、アイフルの「キャッシングローン」をご検討ください。

手持ちのスマートフォンから「WEB申込~契約」まで済ませておけば、無人契約機内での待機時間はほとんど発生しません。

ちなみに、アイフルの無人契約機は土日祝日でも即日カードを受け取れるため、平日だけでなく休日に融資を希望される方もぜひご活用ください。

カードローンで即日融資してもらう最短ルート

消費者金融のカードローンは融資スピードに定評があるものの、申し込めば必ず最短時間で融資してもらえる訳ではありません。

出来るだけ早く即日融資してもらうには、以下の流れを把握しておきましょう。

  1. STEP1

    WEB申込
  2. STEP2

    必要書類をアップロード
  3. STEP3

    最短30分の審査
  4. STEP4

    WEBで契約手続き
  5. STEP5

    お借入開始

専門的な手続きも多いので、STEPごとに詳細を解説します。

STEP1.WEB申込

今すぐにでもお借入しなければいけない状況であれば、WEB申込を利用しましょう。

手持ちのスマートフォンから、時間や場所を気にせず申し込めるので、仕事の休憩時間等ちょっとした合間に対応できます。

スマートフォンの操作に慣れている人であれば、5~10分程度で申込可能です。

申込後の電話連絡で急ぎの旨を伝えれば優先してくれる

一部の消費者金融では、申込後すぐ電話で急ぎの旨を伝えると、手続きを優先的に行ってくれる場合があります。

WEB申込後に本人確認の電話連絡があるので、その際に相談するとスムーズに手続きが進められるでしょう。

ちなみに、WEB完結申込だと電話連絡が原則無くなってしまうため、その際はフリーダイヤル等を使って相談してください。

STEP2.本人確認書類をアップロード

申込フォームの入力完了後は、カードローン申込時に必要な本人確認書類を提出します。

書類といっても、以下のようなものが手元にあれば特に問題ありません。

【本人確認書類の一例】
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード など

ちなみに、書類提出もWEBで対応できます。

手元に用意した本人確認書類をスマートフォンで撮影し、メール等で送られてくる提出用ページから画像をアップロードするのが一般的です。

スマホで撮影

一例に挙げたような書類が手元にあれば、2~3分程で対応できるでしょう。

関連記事

免許証だけでお金を借りることはできる?カードローンの申込条件と必要書類

カードローンでは免許証1枚でお金を借りることができます。その他、申込条件や利用手順を解説します。

場合によっては収入証明書類が求められる

本人確認書類の提出は必須ですが、それ以外にも以下に該当する場合は「収入証明書類」が別途求められます。

収入証明書類が必要になるケース1
収入証明書類が必要になるケース2

上記のような方は、以下のような書類が必要です。

【収入証明書類の一例】
・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書
・納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書
・年金通知書 など

初めてのお借入で希望額が50万円以下なら原則不要ですが、該当する方は気を付けておきましょう。

STEP3.最短30分の審査

必要書類が受理されると、カードローンを取り扱う消費者金融が「審査」を行います。

これは申込情報や書類などをもとに、融資しても問題ない人かどうか判断するためで、申込者側が特段何かする必要はありません。

一般的な消費者金融のカードローンであれば、最短30分後にメールもしくは電話で審査結果が通知されるので、連絡が来るのを待ちましょう。

STEP4.WEBで契約手続き

審査通過後は、消費者金融と正式にカードローンの契約手続きを行います。

先ほどの審査結果をもとに設定された金利や限度額、毎月の返済額などをメール等で確認し、問題なければ「同意」して契約完了です。

スムーズに確認作業が進めば、数分程で対応できるでしょう。

契約内容は会員サイト等で閲覧できる

ちなみに、契約関連の書類は別途郵送もしくは公式サイトからダウンロード・閲覧できるケースがほとんどです。

「自宅宛てに書類が届くと、家族に気付かれてしまう」といった不安がある方は、時間帯指定や郵送物不要のサービスを利用しましょう。

関連記事

カードローンは郵送物なしで借りられる?家族にバレずに借りる方法

カードローンの利用方法を工夫すれば、郵送物なしでお金を借りることができます。カードローンの利用が家族や周囲の人にバレない方法をご紹介します。

STEP5.お借入開始

カードローンの契約手続きが完了すれば、すぐにお借入可能です。

即日融資対応のカードローンでは、主に以下2タイプの借入方法が用意されています。

・ATMキャッシング
・振込キャッシング

どちらにすべきかお悩みの方は、申込のタイミングに応じた借入方法を選択してみましょう。

20時までに申し込めるならATMキャッシング

カードローンという名称からも分かるように、借入専用のカードを発行し、ATMでキャッシングするのが基本です。

ATMキャッシングの流れ

WEB申込後に契約まで済ませておき、お近くの無人契約機でカードを即日発行してください。

一般的な無人契約機の営業時間は21時までとなっているので、申込から契約まで最短でも1時間かかることを考慮すると、どんなに遅くても20時までにはWEB申込を始めましょう。

無人契約機の営業時間内にカード発行できれば、提携先のコンビニATMですぐにお借入できます。

平日14時までに申し込めるなら振込キャッシング

即日融資可能なカードローンの中には、振込サービスを使って指定口座に送金してくれるケースもあります。

振込キャッシングの流れ

こちらは銀行の営業時間内に各種手続きを済ませておく必要があるので、どんなに遅くても平日14時までには申込手続きを行ってください。

融資までに一定時間がかかるケースもありますので、可能であれば午前中のうちに手続きを始めましょう。

即日融資可能なカードローンの選定ポイント

即日融資の最短ルートを把握したところで、数あるカードローンの中から、ご自身にピッタリのサービスを選定していきましょう。

お急ぎの方がカードローンを選ぶ際は、少なくとも以下4つのポイントは確認すべきです。

1.申込から融資までの所要時間
2.無利息サービスの有無
3.土日祝日の対応状況
4.正規業者であること

各ポイントの詳細を解説していきますので、カードローン選びにお困りの方はご参考にしてください。

ポイント1.申込から融資までの所要時間

消費者金融のカードローンといっても、申込から融資までにかかる時間は取扱先によって差があります。

カードローンによっては申込から3~4時間かかるケースもあるため、即日融資してもらうためにも出来る限りスピーディーな商品を選ぶべきです。

融資スピードに定評があるカードローンだと、申込から最短1時間でお借入可能となっているため、選定する際は「申込から融資まで最短1時間」をひとつの目安にしてみましょう。

ポイント2.無利息サービスの有無

一部の消費者金融は、初回契約者向けに無利息サービスを提供しています。

無利息サービスについて簡単に説明すると、消費者金融の設定する期間中は利息0円で借りられる仕組みです。

一般的な無利息期間サービスの仕組み

一般的な無利息サービスの期間は「最大30日間」となっているので、約1ヶ月分の利息が節約できます。

仮に、「来月の給料で全額返済できる」といった人であれば、利息を支払わずに即日融資してもらうことも実質可能です。

初めてカードローンを利用するのであれば、無利息サービスがあるかどうかも選定する際に確認しておくと良いでしょう。

関連記事

無利息期間があるカードローンは本当にお得か?賢い使い方と注意点

30日間の無利息期間サービスは本当にお得なのか、シミュレーション結果をふまえて丁寧に解説。サービス利用時の注意点についても説明するので、ぜひご覧ください。

ポイント3.土日祝日の対応状況

一部の消費者金融は、銀行などの金融機関が営業していない土日祝日でも、審査・契約・カード発行等の手続きを通常通り行ってくれます。

営業時間が若干短くなるケースもありますが、全国各地に無人契約機を設置している消費者金融のカードローンを選べば、夕方以降でも手続き可能です。

休日に即日融資を希望する方は、上記のようなポイントもしっかり確認しておくべきでしょう。

関連記事

土日祝日でもアイフルのカードローンへの申込~融資はできる?

土日祝日でもアイフルのカードローンへの申込~融資が可能です。ただし、申込時間やお客様の状況によっては翌日以降の融資となる場合があります。土日祝日の申込は、便利なWEB申込をご利用ください。

ポイント4.正規業者であること

急いでお金が必要な状況でも、焦らず落ち着いて正規の貸金業者であることを確認してください。

ネット上で「無審査即日OK」「誰でも即日融資」といった広告を見かけても、正規業者を装った闇金・ソフト闇金などの違法業者である可能性が高いので、絶対に利用してはいけません。

不安な方は、テレビCMなどで知名度がある消費者金融のカードローンを検討するようにしましょう。

関連記事

審査なしのカードローンはない!それ以外の借入方法とやってはいけない危険な手段も解説

審査なしのカードローンはありません。カードローンの審査をなしにできない理由は、法律で決められている・無担保という仕組み上なくすことができないためです。

FAQ|カードローンの即日融資について

最後に、カードローンで即日融資を希望される方が抱えやすい慰問や不安を、Q&A形式で紹介します。

以下に気になる要素があれば、ぜひ参考にしてください。

Q.即日融資を希望する際も在籍確認はある?

消費者金融のカードローンで即日融資してもらう場合でも、在籍確認は必ず行われます。

在籍確認の流れ

当日中に在籍確認が取れなければ、即日融資してもらえませんのでご注意ください。

関連記事

会社にバレないようにお金を借りる方法|内緒で借入する工夫を解説

会社にバレないようにお金を借りるには、消費者金融カードローンが適しています。バレてる可能性を下げる工夫も解説します。

Q.クレカのキャッシング機能と何が違うのか?

結論、個人向けの融資サービスという広い括りでは特に相違ありません。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていれば、最寄りのコンビニATM等ですぐにキャッシングできます。

とはいえ、クレジットカードはあくまでもショッピングサービスがメインとなるので、即日融資を希望するのであれば借入に特化したカードローンを選ぶべきでしょう。

関連記事

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンには明確な違いがあります。クレジットカードでは買い物と借り入れの両方ができる点が特徴ですが、カードローンは現金の借り入れに特化したサービスとなります。

Q.中小消費者金融のカードローンは審査に通りやすい?

結論、中小消費者金融のカードローンだからといって審査が甘くなることはありません。

企業規模に関わらず、すべての金融機関が申込者に対して厳正な審査を行っていることを理解しておきましょう。

どうしても審査に対する不安が拭えない方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

審査が甘いカードローンは無い!3つの審査基準と通らない場合の選択肢

カードローンは、審査が甘い・厳しいという観点で比較できません。審査基準には安定収入・総量規制・他社借入状況などが含まれます。審査が通らない人は、状況に合った行動が必要です。

Q.学生・主婦・未成年でも即日融資してもらえる?

カードローンで即日融資を希望される方の中には、学生や主婦といったステータスの人もいるでしょう。

一般的な消費者金融のカードローンは、20歳以上で安定収入があれば申込可能です。つまり、20歳以上かつ一定のアルバイトもしくはパート収入があれば、融資を検討してもらえます。

借入限度額は低めに設定されるかもしれませんが、上記のような方であれば、返済能力の範囲内で即日融資してもらえる可能性はあるでしょう。

関連記事

学生でもアイフルのキャッシングローンへの申込みはできる?

アイフルのキャッシングローンは、満20歳以上で自身に安定的な収入があれば、学生でも申し込みが可能です。ただし、借り入れ前には審査を受ける必要があります。

関連記事

専業主婦でもお金を借りられる4つの方法!選択肢を増やす条件も解説

専業主婦の方がお金を借りられる方法は、質屋・保険会社の契約者貸付、郵便局の貯金担保自動貸付、カードローンの配偶者貸付の4つ。それぞれ、どういったサービスなのか解説します。

Q.既に借入があっても即日融資してくれるのか?

前提として、消費者金融のカードローンで即日融資してもらえる上限は「年収の1/3まで」と考えておきましょう。

既に他社からもお金を借りている場合は、借入希望額と他社借入額の合計額が対象となります。

総量規制

上記のような目安が付けられるのは、消費者金融のカードローンが総量規制の影響を受けるためです。

すでに年収の1/3を超える借入を行っている方は、カードローンへの申込を見送り、おまとめローン等を検討してみましょう。

関連記事

おまとめローンとは?一本化の仕組みや注意点をご紹介

おまとめローンでは借金を一本化して返済負担を軽減することが可能です。おまとめローンの仕組みや注意点について詳しく解説します。

お急ぎの方はアイフルにご相談ください

今日中にお金が必要な方は、選択肢のひとつとしてアイフルもご検討ください。

・WEB申込から最短1時間で即日融資
・原則お申込の際に自宅・勤務先への連絡はなし
・振込キャッシングにも対応
・全国各地の無人契約機で即日カード発行

緊急性の高いお客様のニーズにも応えられるよう、上記のように様々なサービスをご用意しております。

WEB申込から最短1時間後に即日融資可能

ページ下部からWEB申込していただければ、今から最短1時間でご融資可能です。

また、WEB申込後にお電話で急ぎの旨をお伝えいただければ、優先的にお手続きを進めさせていただきます。

原則お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡はなし

アイフルからのご連絡により、ご家族や勤務先の方にお借入が気付かれてしまうのでは?といった方もいらっしゃるかと思いますが、ご安心ください。

アイフルでは、お申込の際に自宅や勤務先へのご連絡は原則行っておりません。

ご家族や職場の方に内緒でこっそり即日融資をご希望される方にも、ご活用いただければ幸いです。

全国約1,200の金融機関で24時間365日振込

お申込時に指定金融機関の口座を既に開設されている場合は、24時間365日、最短10秒でお振込することも可能です。

【主な金融機関】
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
・ジャパンネット銀行 など

該当する金融機関の口座をお持ちの方は、ぜひ振込キャッシングをご利用ください。

無人契約機で最短即日カード発行

指定口座がない場合でも、無人契約機へご来店いただくことで即日カード発行、最寄りのアイフルATMもしくは提携コンビニエンスストア等のATM端末からご融資させていただきます。

急なお借入が必要になった際は、お気軽にご相談くださいませ。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!