お申込み
更新 2021/04/09

お金を借りる目的は聞かれる?カードローンの使いみちや審査への影響について解説

カードローンは契約時にお金を借りる目的を聞かれる?

結論から言えば、カードローンでは、借りたお金の利用目的を確認されることが一般的です。

ローン会社が利用目的を確認する理由は、「不適切な使い方をされないか」を確かめるためです。

カードローンは使いみちが「原則自由」のローン商品ですが、それはあくまでも常識の範囲内での話です。

極端な例をあげれば、事件性を有する資金調達や、過度な投資・ギャンブルなどの目的では、ローン会社の判断により融資を受けられないこともあります。

とはいえ、事細かに利用用途を申告する必要もありません。旅費や外食費などを目的にしている場合は「遊興費」として、電気代やインターネット料金といったライフラインに充てる場合は「生活費として使う」程度の申告で問題はありません。

また、常識の範囲内の使いみちであれば、申告した利用目的が後の審査に影響を与えることもないと言えるでしょう。

借入金の使い道としてNGな用途

金融機関によっては、カードローンの利用用途として禁止されているものもあります。例えば以下のようなものです。

・投資・ギャンブル等
・事業性資金
・他社への返済用の借入

カードローンで禁止されている主な用途

これらの用途が禁止されている理由は、融資したお金がローン会社へと返済されない可能性が高いためです。

例えば、投資やギャンブルは、借金が現状よりも膨らむ可能性があります。そうなると、借りたお金がローン会社へと返済されず、一方的なリスクを負うことになるのです。事業性資金も同様です。

また、カードローンを他社借入の返済に充てることも推奨されません。

何故なら、他社返済のために新たな借入を繰り返すと、多重債務状態となってしまい、最悪の場合、自己破産や任意整理などのリスクを負う可能性があるためです。

他社返済のための借入は、「おまとめローン」など返済専用商品が用意されていることも多いため、カードローンではなくそちらを検討してみましょう。

なお、禁止されている利用用途は、金融機関によって異なります。

不安がある方は、申込前に各ローン商品の「商品概要説明」等で、資金使途のページを確認しておきましょう。

関連記事

おまとめローンとは?一本化の仕組みや注意点をご紹介

おまとめローンでは借金を一本化して返済負担を軽減することが可能です。おまとめローンの仕組みや注意点について詳しく解説します。

よくある借入金の使い方

カードローンを初めとした借入サービスを利用している人は、どのような目的で利用しているのでしょうか。

日本貸金業協会が行った調査では、借入申込を行った際の資金使途の内訳は以下のようになっています。

借入金の利用目的

出典:日本貸金業協会|資金需要者等の借入意識や借入行動に関する調査結果報告|93P

全体の40%の人が趣味/娯楽を目的に利用していることからも、カードローンをはじめとした借入金が幅広い用途で使われていることがわかります。

上記データは、カードローンに限定しない借入全般で集計したデータになっているため、借入用途を限定しないカードローンに特化した場合はもう少し違う結果になる可能性はあるものの、利用用途の参考データとしては十分ではないでしょうか。

アイフルのキャッシングローンは利用目的が自由

アイフルのキャッシングローンは利用目的が限定されていないため、幅広い用途でご利用いただけます。

そのほかにも「30日間金利0円サービス」「最短即日融資」「WEB完結」など、初めてでも利用しやすいサービスを取り揃えています。

自由に利用できるカードローンをご希望の方は、ぜひアイフルをご検討ください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!