お申込み
更新 2022/05/27

個人事業主も即日融資が可能!借入時のポイントと注意点を詳しく解説

アイキャッチ

個人事業主の人で即日融資を希望する場合は、カードローンの利用を検討されてみてはどうでしょうか。カードローンならば、事業用資金、生活用資金などの資金使途にかかわらず、最短即日融資が可能です。

この記事では、個人事業主が最短即日融資を受ける方法や、注意事項について詳しく解説します。

個人事業主が即日融資を受ける方法

個人事業主が即日融資を受けるためには、カードローンの利用が向いています。

カードローンの場合、WEB上からお申込みが可能である上に最短30分程度で審査結果回答を受けられます。その後、契約手続きが完了次第、最短即日融資も可能です。

ただ、最短即日で融資を受けるためには、消費者金融のカードローンを検討されたほうがよいでしょう。

銀行や信販系と比較しても審査スピードや融資までのスピードが早く、「即日借りたい」という個人事業主の人にもピッタリです。

消費者金融系なら事業性資金も生活費も即日融資が受けられる

消費者金融なら事業用資金、生活資金いずれの資金も最短即日で融資を受けられます。

銀行カードローンや信販系のカードローンは、審査時間が数日かかるケースが多く、即日融資を受けるのが難しいです。一方で、消費者金融は最短30分程度での審査結果回答に加え、自動契約機などを利用して即時ローンカードの発行も可能です。

また、事業用資金として利用するカードローンは、借入金額が高額になるケースが多いことから、審査期間が数日程度かかります。しかし、アイフルビジネスファイナンスのカードローンなら、事業用資金でも最短即日でご融資が可能です。

銀行系・信販系のカードローンで即日融資は難しい

カードローンを大きく分けると、「消費者金融系」「信販系」「銀行系」があります。なかでも、消費者金融系は審査スピードやお借入れまでの時間が短い傾向です。

なぜなら、自動契約機によるローンカード発行の簡略化や、スコアリングシステムによって、スピーディーな審査を行えるためです。

信販会社は審査スピードこそ劣りませんが、自動契約機の設置がないため、ローンカードの発行が郵送になってしまいます。その結果、即日融資が難しいのが現実です。

銀行系は店舗などでもローンカードの発行が可能である反面、審査に時間がかかってしまうため、即日融資は難しいです。銀行系の場合は、申込者が反社会的勢力との関係がないかどうか、警察庁のデータベースに照会しなければいけません。

照会を行い、結果が返ってくるまでに最短でも1日以上かかるため、即日融資は難しいです。

融資までのスピードを重視していない事業者にとってメリットは小さい

最短で即日融資を受けられる点は、消費者金融最大のメリットです。一方で、以下のようなデメリットもあります。

・銀行系のカードローンと比較して金利が高い
・他のローン審査へ影響する可能性がある

銀行系のカードローンと比較して金利が高い

銀行系と消費者金融系のカードローンを金利で比較すると、銀行系のほうが低いのが一般的です。

【メガバンク3社と消費者金融の金利比較】

銀行・消費者金融 金利
三菱UFJ銀行 1.8%〜14.6%
みずほ銀行 2.0%〜14.0%
三井住友銀行 1.5%〜14.5%
消費者金融 3.0%〜18.0%

上記の通り、消費者金融と銀行系を比較すると銀行系の金利のほうが低い傾向です。わずか数%程度の差ですが、借入金額や借入期間によって、想像以上の差が発生します。

銀行系カードローンで即日融資は受けられませんが、時間的に余裕がある個人事業主の人は、金利の低い銀行系を検討されたほうがよいでしょう。

他のローン審査へ影響する可能性がある

消費者金融のカードローンを利用している場合、住宅ローンなどを組む際に影響が出る可能性があります。

しかし、消費者金融に借金があることを理由に、各種ローン審査が絶対に通らない、といったことはありません。滞納せずにご返済を続けている場合は、大きな懸念材料にはならないので安心してください。

個人事業主が即日融資を目指す際の注意点

個人事業主が最短即日融資を受けるためには、以下に注意してください。

・お申込み前までに必要書類をきちんと揃える
・事業者本人の信用情報も加味されて審査される
・事業性資金の場合には業績の見込みなども確認される

お申込み前までに必要書類をきちんと揃える

スムーズな借入審査を行うために、あらかじめ必要書類の準備をしておいてください。

個人事業主が即日融資を受けるために必要となる書類は、以下の通りです。

【本人確認書類】
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・マイナンバーカード(通知カードは不可)

【収入証明書類】
・確定申告書
・納税通知書(収入額の記載があるもの)
・課税証明書

注意

借入先によって、提出を求められる本人確認書類や収入証明書類が異なる場合があります。あらかじめ、お借入れを検討しているところへご確認ください。

事業者本人の信用情報も加味されて審査される

個人事業主の場合、事業用資金としてのお借入れであっても、事業主本人の信用情報をもとに審査を行います。

そのため、事業主の信用情報に問題がある場合は、事業として安定していても、融資は受けられません。反対に、起業後まもない場合でも、事業主の信用情報に問題がなければ、即日融資を受けられる可能性が高くなるでしょう。

事業性資金の場合には業績の見込みなども確認される

事業用資金を即日で借りる場合は、今までの業績や今後の見込みを確認します。

即日融資のお申込みを行う際、融資を行う金融機関が指定する書面の提出によって確認するのが一般的です。なかには、所定の書類に必要事項を記入して提出を求められるケースもあります。

個人事業主が即日融資の審査に落ちないようにするための方法

個人事業主が即日融資の審査に落ちないようにするためには、以下のことに注意してください。

・複数社への多重申込みはしない
・必要書類はきちんと揃えておく

複数社への多重申込みはしない

複数社への同時申込は、審査結果に影響を与える可能性があるので注意してください。

個人信用情報機関は、申込履歴を最大で半年間保有し続けます。そのため、短期間で複数の申込履歴がある場合、審査を行う金融機関からマイナスに見られてしまう可能性があります。

消費者金融の場合は最短30分程度で審査結果を回答できるため、即日融資を受ける場合は、焦らずに結果がくるのを待ってください。

必要書類はきちんと揃えておく

個人事業主が事業用資金をお借入れする際、本人確認書類や収入証明書類に加えて、事業内容確認書の提出を求められる場合があります。

最短即日融資を受けるために、お申込みを検討している消費者金融などに必要書類を確認し、準備を進めておいてください。

なお、個人事業主の人が生活資金としてお借入れを検討している場合、基本的には本人確認書類と収入証明書類で足ります。提出を求められる収入証明書類は、金融機関などによって異なる場合があるので、あらかじめ確認しておいてください。

個人事業主の人もまずはアイフルにご相談ください

個人事業主で即日融資が必要な人は、まずはアイフルへご相談ください。

アイフルでは安定した収入がある場合は、個人事業主でも最短即日融資が可能です。24時間WEB上からの申込みが可能であるため、お急ぎの人はアイフルのカードローンを検討してください。

今すぐお申込みお急ぎの方にもすぐ対応!

また、アイフルビジネスファイナンスでは、事業用資金の即日融資も可能です。事業を行う上で、「今すぐお金が必要」「即日融資を受けたい」といった人は、ぜひアイフルビジネスファイナンスの利用を検討してください。の利用を検討してください。