お申込み
更新 2022/05/27

審査なしで借入は難しい?借入審査の目的と即日融資の方法を解説

アイキャッチ

審査なしでお借入れできる方法は限りなく少ないのが現実です。もし、「審査なしでお借入れが可能」などといった広告を発見した場合は、違法業者である可能性を疑ったほうがよいでしょう。

この記事では、審査なしでお借入れできる方法やその危険性、借入時に審査を行う目的について解説します。

審査なしでお借入れできる方法は限りなく少ない

審査なしでのお借入れできる方法は、ほぼありません。仮に「審査なしでお借入れが可能」などと謳っている広告を見つけた場合は、違法業者である可能性が高いです。

違法な業者の場合、法外な利息を請求されてしまう可能性があるため、注意したほうがよいでしょう。

少額であっても利用者の審査が義務付けられている

貸金業法という法律では、「貸付を行う際は、かならず利用者の返済能力を確認(審査)した上でご契約を締結すること」と定めています。

そのため、貸金業者からお借入れする場合は、必ず審査が行われます。仮に、審査が行われなかった場合は、貸金業法違反として貸金業者が厳しい処罰を受けることになるでしょう。

最悪の場合は、貸金業者が営業停止や貸金業登録の取消処分を受ける可能性があります。そのようなリスクを背負ってまで、審査なしで融資する可能性はほぼないでしょう。

審査なしの会社は違法な業者の可能性が高い

審査なしでお借入れが可能な会社は、貸金業法に違反している可能性が高く、違法業者と判断してよいでしょう。

違法業者からお借入れすると、利息制限法や出資法といった法律で定められている利率の上限(20%・個人の場合は109.5%)を大幅に超える請求がくる可能性があります。トラブルを回避するためにも、お借入れは避けたほうがよいでしょう。

借入希望に対して必ず審査が実施される理由

お借入れをする際に必ず審査が実施される理由は、以下の通りです。

・貸金業者の貸し倒れリスクを回避する
・貸金業法上で返済能力のない人への融資が禁止されている
・個人の信用情報を確認する

貸金業者の貸し倒れリスクを回避する

貸金業者は利用者に融資を行い、利息の支払いによって利益をあげています。そのため、貸したお金が返ってこない事態(貸し倒れ)が多発すると、貸金業者などが営業を続けられません。

そのため、必ず申込者の返済能力を確認し、融資の可否や借入限度額の設定などを行います。

貸金業法上で返済能力のない人への融資が禁止されている

借入時に審査を行う一番大きな理由は、申込者の返済能力を確認するためです。過剰な貸付は、利用者の生活に影響を与えてしまうため、法律によって規制をしています。

貸金業法という法律は、「違法な貸付から利用者を守るためのもの」です。貸金業者からの過剰な貸付を禁止し、利用者を保護する目的があります。そのため、明らかに返済能力を超えている過剰な貸付は、貸金業法違反になります。

個人の信用情報を確認する

貸し倒れリスクや利用者の返済能力を把握するために、もっとも効率的なのが個人信用情報です。個人信用情報には、クレジットカードや各種ローンの利用実績、返済履歴や現在の借入金額などが記載されています。

そのため、個人信用情報を一目見るだけで、申込者の利用実績や総借入金額がわかる仕組みです。

審査なしでお金を借りられる方法

貸金業者や銀行などの金融機関からのお借入れは、必ず審査が行われます。しかし、中には審査なしでお借入れできる方法もあります。その方法は以下の通りです。

・クレジットカードのキャッシング
・保険の契約者貸付制度を利用する
・質屋で品物を担保に借りる
・決済時のみなら後払い機能のあるサービスを利用

審査なしでお借入れを検討されている人は、これから紹介する方法を検討されてみてはどうでしょうか。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠も必ず審査は行われます。しかし、クレジットカードの入会審査の際に、キャッシング枠も同時申込していた場合は、審査が完了しているためすぐにお借入れができるでしょう。

ただし、クレジットカードの入会審査時にキャッシング枠を設定していなかった場合、新たに審査を行ってキャッシング枠を付けなければ利用はできません。キャッシング枠の有無については、カード会社に確認をしてください。

保険の契約者貸付制度を利用する

貯蓄型の保険に加入されている人は、契約者貸付制度の利用で解約返戻金の一部(7割〜9割程度)をお借入れできます。

契約者貸付制度は、ご契約者が積み立てていたお金を貸し付ける制度であるため、審査はありません。万が一、お金が返ってこなかったとしても、保険契約の終了や減額によってカバーできるため、審査を行う必要がないためです。

生命保険に限らず、医療保険やがん保険などでも「貯蓄型」であれば利用できる可能性が高いです。詳しくは、保険会社や保険代理店へ問い合わせしてください。

質屋で品物を担保に借りる

質屋は質入れした品物を担保にお借入れをするため、審査は行われません。

万が一、融資したお金が返ってこなかった場合は、質流し(預け入れた品物の没収)によって解決するため審査の必要がありません。

ただし、最終的に質流れしてしまう可能性がある(返済能力がない)場合は、質屋ではなく品物の売却を検討したほうがよいでしょう。

質屋の買取相場は8割程度です。そのため、通常10万円で売却可能な品物が、質屋の場合は8万円程度になります。「元金と利息を支払って出質(商品を戻すこと)できる予定があるか?」をよく考えた上で利用を検討してください。

決済時のみなら後払い機能のあるサービスを利用

後払い決済サービスの中には、審査なしで利用できるものも多くあります。

現金のお借入れは難しいですが、クレジットカード同様に利用できるため、商品の購入などは可能です。

少しでもお借入れを急ぐなら消費者金融の利用を検討

現金のお借入れを検討されている人は、消費者金融の利用を検討されてみてはどうでしょうか。

お借入れ時に必ず審査は行われますが、スピーディーな審査回答で最短即日融資も可能です。

WEB上でスピーディーなお申込みができる

消費者金融は、WEB上で24時間365日、いつでもどこでもお申込みが可能です。「今日中にお金が必要」といった場合でも、スマートフォンやパソコンさえあれば、すぐにお申込みができます。

また、お申込み完了後、最短30分程度で審査結果を回答します。その後、ご契約手続きに進んでいただければ、最短即日融資も可能です。

銀行カードローンの即日融資は不可能

銀行系のカードローンは消費者金融と比較して、低金利なのが魅力的です。しかし、実際にお借入れできるまでに最短1営業日〜2営業日かかります。

なぜなら、銀行は借入審査を行う際に申込者が反社会的勢力に該当していないか、確認を義務付けられているためです。警察庁データベースへ照会して結果を得られるまで、最短でも1営業日かかります。

その結果、審査結果回答までに時間がかかってしまいます。そのため、できるだけ早くお金を借りたい人は、消費者金融へのお申込みを検討されたほうがよいでしょう。

アイフルのWEB申込なら最短25分!即日のご融資も可能です

アイフルのカードローン利用時は必ず借入審査が行われますが、最短25分のスピーディーな審査結果回答を行います。

「少しでも早い借入をしたい」といった人は、WEBからの申込完了後にアイフルのフリーダイヤル(0120−337−137)へご相談ください。優先的に審査を行わせていただきます。

審査結果回答後、ご契約手続きが完了すると最短即日(申込完了から1時間程度)でお借入れが可能です。

「今借りたい」「すぐ借りたい」など、お急ぎの人はぜひ、アイフルへの申込を検討してください。

今すぐお申込みお急ぎの方にもすぐ対応!