アルバイトを始めたばかりでも消費者金融で借りられる?知っておきたい審査のポイント

アルバイトを始めたばかりでも消費者金融で借りられる?知っておきたい審査のポイント

アルバイトを始めたばかりのときは、お金が出ていくばかりでかえってお金の悩みが増えることもあります。たとえばアルバイト仲間との飲み会や往復の交通費、旅行などで支出がかさみ、お借入れを検討している方もいるのではないでしょうか。

本記事では、アルバイトを始めたばかりの方でも消費者金融でお金を借りられるのか、審査ではなにがチェックされるのか解説します。また、アルバイトの方が多く利用している借入方法についても解説します。

アイフルをご検討の方へ

  • 最短20分審査
  • はじめてなら契約から30日間利息0円
  • アプリやカードレス利用も可能
  • 在籍確認の電話は原則なし

ここからの契約で対象者にもれなく現金1万円プレゼント

ここからの契約で対象者にもれなく

現金1万円プレゼント

今すぐお申込み

※諸条件あり

目次

アルバイトを始めたばかりでも消費者金融で借りられる?

消費者金融によっては、雇用形態に関係なくアルバイトやパートの方も申込めることがあります。勤続期間についての条件がないのであれば、アルバイトを始めたばかりの状態でもお金を借りられる可能性が高いといえます。

ただし、アルバイトやパートの勤続期間の条件がない場合でも、審査ではさまざまなポイントが確認されるため、審査に通過できるとは限りません。事前に審査内容について把握しておくことで、審査に備えておきましょう。

なお、消費者金融のアイフルでは、アルバイトやパートの方も利用可能です。実際に利用者の職種のうち、2割超はアルバイト・パートのため、正社員や派遣社員として働いている方以外も、お申込みになれます。

消費者金融の審査で確認されるポイント

消費者金融の審査では、次のポイントが確認されます。

  • ①安定した収入があるか
  • ②過去に延滞・債務整理を起こしていないか
  • ③他社での借入額がいくらあるか

なお、上記のポイントは基本的にどの消費者金融でも確認されます。しかし、審査基準については公表されていないため、たとえば安定した収入がないとしても、それだけで消費者金融からお借入れができないと決まるわけではありません。

①安定した収入があるか

消費者金融では、お借入れの条件として「安定した収入があること」を求めることが多いです。

なお、安定した収入とは定期的に収入を得ていることや勤務先があることなどを指します。そのため、複数回の単発アルバイトをするよりも、同じ勤務先に継続してアルバイトやパートとして勤務しているほうが安定していると判断されやすいでしょう。

アルバイトをしている方のなかには、月によって勤務時間が異なり、年収がわからないことがあるかもしれません。また、勤続期間が短い場合も年収としての数字は出せないことがあります。

年収がわからないときは、直近の給料から概算して申告しましょう。たとえば、アルバイトをはじめて2ヶ月が経ち、30万円を稼いでいるのであれば、年収180万円と概算できます。

なお、消費者金融で50万円を超えるお借入れを希望するときや、他社のお借入れを含めた合計金額が100万円を超えるときは、源泉徴収票などの収入を証明する書類の提出が求められます。

源泉徴収票がないときは給与明細書などで代替できることがあります。ただし、消費者金融によって提出可能な書類が異なるので、事前に確認しておきましょう。

②過去に延滞・債務整理などを起こしていないか

消費者金融では、申込者の信用度を測るために過去に延滞や債務整理を起こしていないか確認します。

これは今までに延滞や債務整理をしたことがある申込者は、今後も同様のトラブルを起こしてしまう可能性があるためです。貸付業者はあんしんしてお金を貸すためにも、申込者の過去の情報が必要です。

過去の延滞や債務整理などは、信用情報機関に情報照会すると確認できます。消費者金融では、申込者の信用情報について調べ、信用できる人物かどうかをチェックしています。

③他社での借入額がいくらあるか

消費者金融に申込むときには、他社での借入額についても確認されます。これは、消費者金融のカードローンが総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える貸付ができないからです。

たとえば年収150万円の方であれば、消費者金融のカードローンなどから50万円まで借りることが可能です。他社からすでに30万円を借りている場合は、新たなお申込みで借りられるのは20万円までとなります。

消費者金融カードローンの申込フォームには、お借入れの希望額を記載する欄があります。ご自身の年収や他社での借入額からお申込みが可能な金額を計算して記載すると、総量規制オーバーによる審査落ちを回避できるでしょう。

アルバイトの方が消費者金融でお金を借りる際の注意点

微笑むウェイターの女性パターン2

アルバイトやパートの方は、消費者金融に申込む前に次のポイントに注意してください。

  • ①勤続期間が短いと審査に落ちる可能性がある
  • ②利用限度額を確認しておく
  • ③収入証明が必要になる場合がある
  • ④勤務先に在籍確認の電話がかかってくる場合がある

各ポイントについて見ていきましょう。

①勤続期間が短いと審査に落ちる可能性がある

消費者金融に申込むと、収入の安定性がチェックされます。勤続期間が短いと、収入が安定していないと判断される可能性もあるため注意しましょう。

とくにアルバイトを始めたばかりの方は勤続期間が短く、収入の安定性を疑問視される可能性があります。しかし、勤続期間を偽って記載してはいけません。消費者金融から信用を得られないばかりか、詐欺罪に問われる可能性もあります。

②利用限度額を確認しておく

カードローンごとに上限額が定められています。借りたい金額がカードローンの上限額より少ないのか、確認しておきましょう。

また、総量規制による個人的な限度額についても確認する必要があります。消費者金融のカードローンでは、原則として総量規制を超える貸付をおこなっていません。事前にご自身の年収から利用限度額を計算し、総量規制による審査落ちを回避しましょう。

③収入証明が必要になる場合がある

50万円を超える金額を申込むときや、他社借入とあわせて100万円を超えるときは収入証明書類が必要です。提出できる書類の種類は消費者金融によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

アイフルでも50万円を超える利用限度額のお申込み金額のお借入れや、他社借入とあわせて100万円を超えるお申込みに関しては、収入証明書類のご提出が必要です。源泉徴収票や給与明細書などの書類をご準備ください※。

※給与明細書は直近2ヶ月分が必要になります。住民税の記載がある場合、直近1か月分のみで可となることもあります。また、賞与支給のある方は、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も、給与明細書と合わせて提出します。

④勤務先に在籍確認の電話がかかってくる場合がある

消費者金融に申込むと、アルバイト先に電話がかかってくることがあります。これは在籍確認と呼ばれる審査のひとつの過程で、申込者が申込フォームに記載した勤務先に在籍していることを確認するために実施されます。

ただし、アルバイトやパートの場合は、いつでも勤務先にいるとは限りません。申込むときに、消費者金融にシフトに入っている時間や曜日を伝えておきましょう。

また、在籍確認は申込者本人が電話応対しなくても、本人が在籍していることさえわかれば完了します。たとえば、電話に出た方が「〇〇は本日シフトに入っていません」と答えるだけでも、在籍確認は完了です。

シフトに入っていないときに在籍確認されるケースに備え、あらかじめアルバイト先に電話がかかってくる可能性があることを伝えておくことも検討しましょう。

なお、すべての消費者金融が電話による在籍確認を実施しているわけではありません。アルバイト先への電話が不安なときは、電話なしに在籍確認を実施する消費者金融にお申込みするとよいでしょう。

アイフルでは、原則として在籍確認の電話を実施していません。電話なしに審査を終えたい方も、ぜひご検討ください。

電話なしに消費者金融のカードローンを利用したい方は、以下の記事もご覧ください。

アルバイトの方が消費者金融の審査に通るためのコツ

アルバイトの方も、審査に通過すれば消費者金融でお借入れができます。次のコツを押さえて、お申込みの手続きをしてください。

  • ①シフトを増やして収入を上げる
  • ②なるべく長期で働く
  • ③借入希望額は必要最小限にして申込む

①シフトを増やして収入を上げる

消費者金融のカードローンの利用限度額は、審査によっても変わりますが、総量規制によっても左右されます。

年収が多いと総量規制内で借りられる限度額も増えるため、借りたい金額が多い方はシフトを増やして年収を上げましょう。

②なるべく長期で働く

消費者金融のカードローンでは、申込者が安定した収入を得ているか確認されます。

収入の安定性は、勤続期間でもチェックされます。頻繁にアルバイト先を変えるのではなく、なるべく長期で働くようにしましょう。

③借入希望額は必要最小限にして申込む

消費者金融に申込むと、返済能力についても問われます。たとえば借入希望額が多いと、消費者金融側からご返済が可能なのか不安視される可能性があります。無理なくご返済できることを示すためにも、借入希望額は必要最小限で申込むようにしましょう。

少額でのお借入れであれば、毎月の返済金額も少ないため負担を抑えやすいです。また、必要最小限のお借入れは短期間でご完済しやすい点もメリットです。

アルバイトの方が消費者金融でお借入れしたい場合はアイフルを検討しよう

アルバイトやパート勤務の方が消費者金融でお借入れしたい場合は、アイフルをご検討ください。

アイフルは利用者のうち、5人に1人以上がアルバイトやパートです。電話以外の方法で在籍確認を実施するほか、いつでもお申込みができるWEB申込に対応しています。

最短20分で審査完了するためお急ぎの方もアイフルは便利に利用できます。アルバイトやパート勤務の方でお借入れをお考えの場合は、アイフルをご検討ください。

アルバイトを始めたばかりでお借入れするなら消費者金融を検討してみよう

個人向けのご融資に特化した消費者金融では、アルバイトやパートの方に対しても柔軟な対応をしていることが多いです。

アルバイトを始めたばかりのときは勤続期間が短く、収入の安定性が問われる可能性がありますが、継続して働くことで消費者金融からの信用も得やすくなります。急な支出などがあるときは、消費者金融でのお借入れも検討してみましょう。

オフィシャル
SNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

オフィシャルSNS

X_logo YOUTUBE_logo LINE_logo instagram_logo tiktok_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(14)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー

よくあるご質問