カードローンはパート・アルバイトでも利用できる?審査のポイントについても解説!

レストランのウェイター

「カードローンを利用したいけど、パートやアルバイトでも利用できるの?」と不安に思っている方はいるのではないでしょうか。一部を除くカードローンは、それぞれのカードローン会社が設けている「貸付対象者」の条件などを満たせば、パート・アルバイトの方も利用できます。

しかし、パート・アルバイトはシフト制のため、月々の勤務日数が変動します。そのため、パート・アルバイトとして働いている方のなかには、借入れできる金額や審査について不安がある方もいるのではないでしょうか。

この記事ではパート・アルバイトの方が借入れできる金額や審査の際に押さえておきたいポイント、カードローンを活用するコツをご紹介します。

カードローンはパート・アルバイトでも申込める

カードローン会社では、それぞれ「貸付対象者」という項目を設けており、この項目に記載されている条件を満たせば、パート・アルバイトでも申込可能です。

例えば、アイフルの「キャッシングローン」では「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方(※1)」を貸付対象者としています。「定期的な収入」にはパート・アルバイトで得た収入もあてはまるので、パート・アルバイトでも申込みができます。

ちなみに、「貸付対象者」の条件は各カードローン会社で異なります。申込前に確認しておきましょう。

(※1)お取引中に満70歳になられた時点で新たな融資が停止されます。

パート・アルバイトの方が借りられる金額

カードローンの契約時には「利用限度額」が設定されます。「利用限度額」とは借入れられる上限金額のことで、返済能力を確認する審査によって決定されます。返済能力は申込者ごとで異なるので、利用限度額も申込者ごとに異なる金額が設定されます。

パート・アルバイトの方が借りられる金額についても、申込者の収入や申込情報によってそれぞれ異なります。希望通りの利用限度額が設定されることもあれば、申込時に希望した利用限度額と設定される利用限度額に差が出る可能性もあります。

また、消費者金融を利用する場合は、「総量規制」により年収の1/3を超える金額を借入れることができない点にも注意してください。

総量規制とは、「貸金業者は原則として利用者の年収の1/3を超える金額を貸し付けてはならない」という規制のことで、原則として総量規制の範囲を超える借入れはできません。

消費者金融などの貸金業者が提供するカードローンは総量規制の影響を受けるため、申込時には自身の年収を考慮したうえで審査に申込みましょう。

パート・アルバイトの方が審査の際に押さえておくべきポイント

ポイント!

カードローンを利用してお金を借入れるためには、貸付条件を満たしたうえで審査に通過しなければなりません。

ここからはパート・アルバイトの方が審査の際に押さえておきたい以下のポイントについて解説します。

審査の際に押さえておきたいポイント


  1. ・虚偽の申告や書類の不備がないように申込む
  2. ・カードローンの審査では在籍確認がおこなわれる
  3. ・審査が不安な方は診断サービスを活用する

虚偽の申告や書類の不備がないように申込む

カードローンに申込む際は、虚偽の申告や書類の不備がないように申込みましょう。

申込時に申告した情報は、合わせて提出する書類や審査の過程で、正しい申告内容か照会されています。虚偽の申告であることが判明した場合、審査に通過することはできません。返済能力に関わる「勤務先情報」や「年収」は事実と異なる内容を申告しないように心掛けてください。

また、提出する書類に不備があると再提出が必要になり、審査に時間がかかる可能性があるので注意しましょう。書類を提出する際は、「氏名や住所がはっきり見えるか」など、見やすさを意識するのがポイントです。

カードローンの審査では在籍確認がおこなわれる

「在籍確認」とは、申告された勤務先で申込者が働いていることを確認するための手続きのことです。在籍確認が完了しない限り、契約や借入れはできません。

在籍確認は「勤務先へ電話連絡をする」という方法で実施されることがあります。この場合、自分が電話に対応できなくても勤務していることが分かれば手続きが完了するので、電話に同僚や上司が応対しても問題ありません。

ただし、アルバイト・パートの場合は、電話に対応した社員がアルバイトで勤務している方の名前を把握していない可能性があるので注意が必要です。電話による在籍確認がおこなわれる場合は、申告する勤務先番号に注意してください。できれば自分で対応ができる電話番号、または自身が働いていることを把握している社員に繋がる番号を申告するとよいでしょう。

電話の対応が難しい場合の対処法

勤務先の事情によっては、電話での在籍確認が難しい場合もあるかと思います。そんなときは、「電話による在籍確認なしで審査をすすめられるカードローンに申込む」という方法を検討してみましょう。

カードローン会社によっては、電話での在籍確認なしで審査をすすめられる場合があります。例えばアイフルの「キャッシングローン」は原則として電話での在籍確認なしで審査を受けられるほか、申込手続きをWEB上で完結できる「WEB完結」サービス(※2)も提供しています。

「WEB完結」サービスを利用した場合、職場への在籍確認だけでなくローンカードや契約書といった郵送物も発生しないため、職場の同僚や家族に内緒でカードローンを利用したい場合に活用できるサービスとなっています。

(※2)一部、電話でのやりとりが発生します。

審査が不安な方は診断サービスを活用する

審査に通過できるか不安な方は、各カードローン会社が設けている「簡易診断」を活用するのがおすすめです。

「簡易診断」とは融資可否の簡易的な結果を診断できるサービスのことです。審査に申込む前に診断できるので、申込みの目安にもなります。

なお、診断サービスの内容はカードローン会社によって異なります。例えば、アイフルの場合は診断サービスとして「1秒診断」を設けており、「年齢」と「雇用形態」、「年収」と「他社借入金額」の4つの項目を入力するだけで融資可否の診断が可能です。

あくまで簡易的な診断なので必ずその結果通りになるとは限りませんが、申込前の目安として活用するにはとても便利なサービスです。審査が不安な方は積極的に活用しましょう。

パート・アルバイトの方がカードローンを活用する際のコツ

事務処理について話している

パート・アルバイトの方がカードローンを活用する際は、いくつか押さえておくべきコツがあります。とくに以下の2つは押さえておきたいところです。

パート・アルバイトの方がカードローンを活用する際のコツ


  1. ・事前に返済金額を考慮した収支計画を立てておく
  2. ・無利息期間を活用して短期間での完済を目指す

パート・アルバイトの方がカードローンを利用する場合は、事前に返済金額を考慮した収支計画を立てておくことが重要です。パート・アルバイトの場合は正社員と比較して収入が少ない傾向があるほか、シフトに応じて月々の収入が変動するためです。

カードローンを利用する際は、勤務シフトをふまえた収支計画を立ててから借入れることをおすすめします。また、利息の負担を減らすために、「無利息サービス」を利用できるカードローンを選んだり、余裕のある際は繰り上げ返済をして短期間での完済を目指したりすることも大切です。収支に影響を及ぼさないよう、無理のない借入れと返済計画を心がけましょう。

なお、アイフルでは「最大30日間利息0円サービス(※3)」を提供しているほか、自社・提携ATMや振込での繰り上げ返済にも対応しています。

(※3) アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。

パート・アルバイトの方も計画的にカードローンを利用しよう

カードローンは、貸付対象者の条件さえ満たせばパート・アルバイトの方でも利用できます。ただし、電話による在籍確認など注意しておくべきポイントもあります。

また、パート・アルバイトの方はシフトに応じて毎月の収入が変動しやすいので、より計画的に利用することが重要です。借入時には、借りすぎに注意するのはもちろん、自身の収支に見合った返済計画を立てたうえでカードローンに申込むようにしましょう。

アイフルについてアイフルは、カードローン・キャッシングローン・かりかえMAX・おまとめMAX・事業サポートプラン・SuLaLi・ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまなご融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマートフォン、ケータイ、店頭窓口、ATM、コンビニなどで、ご融資・ご返済が可能です。貸付条件の確認をし、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー