カードローンの在籍確認はどのように実施される?電話連絡時の注意点も解説

オペレーション中の女性

カードローンに申込むと、審査の過程で「在籍確認」がおこなわれます。在籍確認とは、カードローンの申込者が申告した勤務先に勤めているのかを確認することで、勤務先に電話をかけるなどの方法でおこなわれます。

在籍確認をスムーズに進めるポイントを知っておけば、カードローン契約までの手続きをスムーズに進められる可能性も高まります。在籍確認はどのようなタイミングでおこなわれるのか、カードローン申込みの段階でどの連絡先を申告しておくことが望ましいのかなど、在籍確認に関わるポイントについて解説します。

カードローンの在籍確認とは?

電話をとる場面

カードローンの在籍確認とは、カードローン申込み時に申告した勤務先で申込者が働いているかをカードローン会社が確認することです。カードローン会社は、申込者の勤務先に電話をかけたり、申込者から提出された勤務先についての書類を確認したりして在籍確認をおこないます。

在籍確認のタイミング

在籍確認は、カードローンに申込み手続きをおこなってから審査完了前のタイミングでおこなわれます。在籍確認は審査の過程の1つのため、審査が完了する前に実施されます。

なお、在籍確認の電話がいつかかってくるのか気になる場合は、カードローン会社に直接問い合わせてみましょう。会社によってはタイミングについての情報を教えてもらえることがあります。

申込者本人が電話に出られなくてもOK

カードローン会社が申込者の勤務先に電話をかけたときに、申込者本人が電話に出る必要はありません。申込者が不在であっても、勤務先に在籍していることが分かれば在籍確認は完了します。

営業で外回りが多い仕事に従事している場合や、担当部署内で電話を受けるスタッフがほぼ決まっている場合でも問題はありません。電話を取った方が「今はいない」「取り次ぐので少し待ってほしい」と答えてくれるなら、申込者の在籍は証明され、在籍確認は完了します。

在籍確認は必ず電話でおこなわれる?

電話中の女性

在籍確認は、申込者の勤務先に電話をかけて実施することが一般的です。しかし、必ずしも電話でおこなわれるわけではなく、原則電話による在籍確認なしで審査を進めるカードローンもあります。

アイフルでは、原則として電話による在籍確認はおこないません。審査を進めていく上で電話による確認が必要だとアイフルが判断した場合のみ、申込者の勤務先に電話をかけて在籍確認を実施します。

プライバシーは守られる?

カードローン各社は、在籍確認時のプライバシー対策にも注力しています。たとえば申込んだ方の勤務先に電話をかける際には、カードローン会社であることを名乗ったり、カードローンの申込みの件で電話をしたことを伝えたりすることは控えています。

アイフルでは原則として電話による在籍確認を実施していませんが、何らかの理由で勤務先への電話連絡が必要となった際も、プライバシーに配慮し、会社名ではなく担当者の個人名で電話をかけています。

在籍確認時の4つの注意点

チェックマークをつける

在籍確認は審査の過程に含まれているので、在籍確認がスムーズに完了すると審査もスムーズに進み、契約やお金を借入れるまでの時間も短縮できることがあります。

少しでも早く融資を受けたい方は、在籍確認がスムーズに進むためのポイントを押さえておくようにしましょう。特に注意したいポイントを4つ紹介します。

夜間の申込みは当日中に在籍確認ができない場合がある

勤務先への電話を通じて在籍確認をおこなう場合、勤務先の営業時間外に申込者の在籍について確認することは困難です。連休や土日などで勤務先と連絡がつかない状態が続くと、審査が進まず、契約や借入れまでの時間も長引いてしまうことも考えられます。

また、夕方に申込みをおこなうと、在籍確認が翌日以降に持ち越されてしまい、融資を受けるまでに通常以上に時間がかかってしまうこともあるでしょう。申込んだその日のうちに在籍確認を完了したい方は、できるだけ朝から昼の間にカードローンへの申込み手続きを済ませておくことをおすすめします。

なお、アイフルなら原則として勤務先への電話を利用せずに在籍確認をおこなうため、営業時間外や連休・休業中でも審査を進めることができます。お急ぎの方も申込みがしやすいでしょう。

アイフルの申込はこちら

内線番号や部署直通の電話番号を申告する

勤務先の代表電話をカードローンの申込みフォームに書いてしまうと、電話を受けた方が申込者の在籍を知らず、確認作業がスムーズに進まない可能性があります。

また、代表電話を受け付ける部署では、社員のプライバシー保護のために個人的な要件を引き継がないように取り決めていることもあります。スムーズに申込者の在籍を確認できるように、申込者本人が在籍する部署の内線番号や直通番号を申告するようにしてください。

派遣社員の場合は基本的に派遣元に連絡がおこなわれる

派遣社員の方がカードローンに申込んだ場合も、在籍確認がおこなわれます。派遣社員の方が申込んだ場合は、派遣先ではなく派遣元に在籍を確認する電話がかかってくることが一般的です。

しかし、社員の個人情報保護などの目的で、在籍しているかどうかについて派遣元が電話で対応してくれないケースもあるでしょう。派遣元が対応できないと考えられるときは、カードローン会社へ相談しましょう。

原則として電話による在籍確認をおこなわないアイフルなら、派遣元が在籍確認の電話に対応していない場合でもスムーズに審査を進めることができます。なお、アイフルでは、派遣社員の方がカードローンなどに申込む場合は、勤務先についての情報はすべて派遣元について記入するようにと定めています。支障なく審査を進めるためにも、必ず派遣先ではなく派遣元についての情報を入力するようにしてください。

パート・アルバイトでもおこなわれる

在籍確認が実施されるのは、正社員や公務員の方だけではありません。パートやアルバイトなどの非正規雇用の方も例外なしに実施されるので、カードローン申込みの際には勤務先で連絡がつきやすい電話番号を記入しておきましょう。

シフト制で勤務している場合でも、カードローン会社からの電話を受けた方が「今日は出勤日ではない」と申込者の不在を証明してくれれば、在籍確認は完了します。

スムーズに在籍確認がおこなわれるか不安な場合は、申込みの際に出勤している曜日や日付、時間を伝えておくことができるでしょう。また、アイフルなら原則として勤務先への電話なしに審査が進められるため、特定の曜日だけに出勤している方も申込みやすいでしょう。

電話対応が難しい場合は電話なしで在籍確認可能なカードローンを利用しよう

カードローンに申込むときは、在籍確認がどのような方法でおこなわれるかについて調べておくと、審査に対する不安を軽減できます。また、在籍確認に備えておくことで、審査がスムーズに進み、契約するまでの時間や融資を受けるまでの時間の短縮につながるでしょう。

カードローン会社では、勤務先への電話を通して在籍確認を実施する場合は、申込者のプライバシーに配慮することを心がけています。申込者が安心して手続きを進められるよう、会社名ではなく担当者の個人名を名乗ったり、申込者本人以外には要件を伝えないようにしたりと、さまざまな取り組みをおこなっています。

在籍確認は、カードローン申込み時に必ずおこなわれる手続きのひとつです。勤務先への電話による方法が一般的なので、つながりやすい電話番号を申込みの際に申告し、スムーズに在籍確認が進むようにしましょう。

カードローンの利用を職場の同僚に知られる可能性を少しでも抑えたい場合など、勤務先への電話をできる限り避けたい際には、アイフルをはじめとした、原則として電話による在籍確認がないカードローンへの申込みを検討しましょう。派遣社員の方やアルバイト・パートなどの非正規雇用の方など、電話応対が難しいと考えられる場合にも、電話による在籍確認がないカードローンへ申込むことで審査がスムーズに進みやすくなるでしょう。

ただし、カードローン会社が必要と判断した場合には、勤務先へ電話による在籍確認がおこなわれる点には注意が必要です。

オフィシャル
SNS

Twitter_logo YOUTUBE_logo LINE_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム、カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー