アイフル公式サイト

貸金業法改正に伴う 重要なお知らせ

多重債務問題の解決として安心して利用できる資金市場の構築を目指すことを目的とし、
2010年6月18日に『改正貸金業法』が完全施行されました。
アイフルでは、改正貸金業法の主旨に則り、お客様に健全なご利用環境を提供させていただくことを目指し、
種々の変更を行っております。
この機会に、各種変更内容についての確認をお願いします。

主な変更内容

収入証明書の提出について

アイフルでのご利用限度額と、他の貸金業者でのお借り入れの合計額は、年収の3分の1までに制限されます。
⇒一定以上のお借り入れについては、収入証明書を用いた年収の確認が義務付けられます。

以下の場合に収入証明書の提出が必要になります。

  1. アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
  2. アイフルのご利用限度額と、他の貸金業者からのお借り入れの合計額が100万円を超える場合

【収入証明書の提出が必要になる場合】

「アイフルのご利用限度額」が 50万円を超える場合

「アイフルのご利用限度額」

「他社でのご利用残高」の合計が
100万円を超える場合

(改正貸金業法の詳細は、日本貸金業協会のサイトおよび金融庁のサイトからご確認いただけます。)

「ご利用明細書の送付希望有無」と「利用可能方法」について

お客様の「ご利用明細書」送付希望有無によって、一部の取り引きを制限いたします。

  ご利用明細書の送付希望有無※1
送付希望 未確認/送付希望なし
ご融資 アイフルATM 利用可能
振り込み 利用可能 利用不可
提携ATM※2 利用可能
ご返済 アイフルATM 利用可能
振り込み※3
提携ATM※2 利用可能 利用可能
郵送 領収書を発送

収入証明書の提出について

総量規制について

貸金業法改正により、貸付に対する規制が行なわれます。
お客様の年収額に応じた貸付上限金額が定められ、お客様は貸付上限金額の範囲内で
キャッシングサービスをご利用いただくことになります。

年収が450万円の場合

※その他例外となる場合もあります。

年収が450万円の場合

その他 収入証明書が必要になる場合

以下の場合、収入証明書の提出が必要になります。(総量規制とは別ルールにて定められます。)


  1. アイフルのご利用限度額が50万円を超える場合
  2. アイフルのご利用限度額と、他の貸金業者からのお借り入れの合計額が100万円を超える場合

【収入証明書の提出が必要になる場合】

「アイフルのご利用限度額」が 50万円を超える場合

「アイフルのご利用限度額」

「他社でのご利用残高」の合計が
100万円を超える場合

※ 収入証明書をご提出いただけない場合、あるいは、既にご提出いただいている方でも、前回ご提出より3年以上経過している場合、キャッシングサービスを一時停止させていただくことがあります。お早めにご提出をお願いいたします。

収入証明の提出方法について

収入証明書の提出方法は以下の通りです。

  1. 無人契約ルームへ持参→店舗検索はこちら
  2. 郵送(店舗に設置してある返信用封筒をご利用ください。)
  3. メールにて送信(送信先はPC・スマホサイトから確認してください。
    [PC・スマホ共通] ▸https://aiful.jp)
  4. FAX(FAX番号はお客様毎に異なりますので、0120-109-437までお問い合わせください。)

ご提出いただく収入証明書の種類は以下の通りです。

いずれかの書類[最新分]をご提出ください。

  1. 源泉徴収票
  2. 給与明細書(原則、直近2ヶ月分以上)
  3. 公的機関発行の所得証明書[住民税決定通知書・所得証明書など]
  4. 確定申告書

※詳細はこちらからご確認ください。

収入のない方のキャッシングサービスの停止について

お客様のキャッシングサービスのご利用の上限金額が年収の3分の1と義務付けられることから、以下のお客様はキャッシングサービスがご利用いただけなくなります。

※現在ご主人様の収入にて審査を行っているお客様は、お客様自身の収入での審査に切り替える必要があります。

【キャッシングサービスが停止となる場合】

ご本人様に収入がない場合
(パート・アルバイトなどの
収入がある場合は、審査可能)

勤務先の確認が
できない場合

年収の確認が
とれない場合

総量規制の除外・例外対象について

クレジットカードによるショッピング等のお借り入れは含みません。
また、以下のように法令で定められたものについても除外・例外対象となります。

一例

(改正貸金業法の詳細は、日本貸金業協会のサイトおよび金融庁のサイトからご確認いただけます。)

アイフルの商品内容はこちらからご確認ください。

「ご利用明細書の送付希望有無」と「利用可能方法」について

お客様の「ご利用明細書」送付希望有無によって、一部の取り引きを制限いたします。

【ご利用明細書の送付同意×ご利用方法】

  ご利用明細書の送付希望有無※1
送付希望 未確認/送付希望なし
ご融資 アイフルATM 利用可能
振り込み 利用可能 利用不可
提携ATM※2 利用可能
ご返済 アイフルATM 利用可能
振り込み※3
提携ATM※2 利用可能 利用可能
郵送 領収書を発送

(1)振り込みによるご融資について

振り込みでのご融資の際、お客様へ「ご利用明細書」の送付が必要になります。

※「未確認」や「送付希望なし」のお客様は、振り込みでのご融資ができなくなりますのでご注意ください。
送付希望未確認のお客様は、お手数ではございますが(0120-109-437)までご連絡をお願いいたします。

(2)振り込みによるご返済について

振り込みでのご返済につきましては、原則「ご利用明細書」の送付は行いません。

(3)郵送でのご返済について

郵送によるご返済があった場合は、お客様の送付希望有無を問わず領収書を送付します。

(4)提携ATMのご利用停止について

一部を除く、現在ご利用いただいております提携先各社のATMが順次ご利用できなくなります。


【継続して利用可能な提携ATM】

提携先名称 展開エリア 取扱内容 主な設置場所
セブン銀行 全国 入出金 全国のセブンイレブン店内
イオン銀行 全国 入出金 イオン系商業施設、ミニストップ等
三菱UFJ銀行 全国 出金のみ 三菱UFJ銀行内
ファミポート 全国 入金のみ 全国のファミリーマート店内
ローソン銀行 全国 出金のみ 全国のローソン店内
イーネットATM 全国 入出金 主にファミリーマート店内
十八親和銀行 長崎県 入出金 十八親和銀行内

【ご利用ができなくなる提携ATM】

詳細は提携ATMのご利用停止一覧よりご確認ください。

<お問い合わせ> 0120-109-437