お申込み
更新 2021/04/06

最短即日融資で100万円を借りる方法や注意点を解説!具体的な返済金額もご紹介

アイキャッチ

当日中に100万円を借入れる必要があるときは、融資可能額が100万円以上かつ最短即日融資が可能なローンへの申込みを検討しましょう。しかし、ローン商品の種類は多く、どのローンが100万円以上を借りられて、なおかつ最短即日融資が可能なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、100万円を当日中に借りられる可能性があるローン商品について紹介します。また、100万円の最短即日融資を受ける際の条件や審査に必要な書類、ATMで借入れる際の注意点についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

最短即日融資で100万円を借りるには消費者金融カードローンを利用しよう

カードローンは、借入可能な金額が大きく、審査スピードがはやいローン商品です。100万円というまとまった金額をすぐに借りたいのなら、カードローンを検討しましょう。

カードローンは主に銀行と消費者金融が提供していますが、銀行が提供するカードローンは他機関が提供するカードローンよりも金利が低めに設定されているなど、金融機関によってカードローンはさまざまな特徴があります。

そのなかで消費者金融カードローンが持つ特徴として、最短即日融資への対応が挙げられます。消費者金融のカードローンは最短即日融資に対応していますが、銀行のカードローンは最短即日融資に対応していません。

100万円単位の最短即日融資を検討する場合、消費者金融カードローンであれば融資を受けられる可能性があります。一部の消費者金融では、平日の最短即日融資だけでなく、土日祝日の最短即日融資にも対応しているため、急な出費のときにも役立ちます。アイフルではWEB申込なら最短25分融資も可能(※1)です。ただし、24時間いつでも審査に対応しているわけではないため、申込んだ当日中に融資を受けたい場合は、可能な限りはやめの時間帯に申込手続きをするようにしましょう。

>アイフルの申込はこちら

(※1)お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

今すぐお申込みお急ぎの方にもすぐ対応!

消費者金融から100万円の最短即日融資を受ける条件

100万円をその日のうちに借入れたい場合でも、最短即日融資に対応している消費者金融カードローンに申込めば必ず100万円の融資を受けられるわけではありません。カードローンを利用するには審査を通過する必要があり、100万円前後の高額な融資を受ける際には、いくつかの前提条件が存在します。

100万円を借入れるための前提条件
・最低でも300万円以上の収入が必要
・収入証明書の提出が必要

100万円を消費者金融カードローンで借りるための2つの前提条件について、以下で詳しく解説していきます。

最低でも300万円以上の収入が必要

消費者金融では、カードローンなどの無担保ローンにおいて、「総量規制」にもとづいた貸付をおこなっています。総量規制とは年収の3分の1を超える貸付を原則禁止する決まりのことで、消費者金融などの貸金業者が遵守する貸金業法で定められています。

消費者金融カードローンで100万円を借入れたい場合は、最低でも300万円の年収が必要となります。申込前にご自身の年収を確認し、100万円の融資を受けられる金額か確認しておきましょう。

年収が300万円を超えている場合でも、すでにほかの消費者金融カードローンの総量規制対象のローンで融資を受けている場合は、希望する金額を借入れられません。カードローンへの申込時には、年収だけでなく、他社からの借入金額についても注意が必要です。

>事前に融資可能か1秒診断

収入証明書の提出が必要

50万円を超える限度額で契約する場合と申込限度額と他の貸金業者の残高を合わせて100万円超える場合、返済能力の確認のため「収入証明書」の提出が必要となります。50万円を超える融資を申込むときには、運転免許証などの本人確認書類に加え、収入証明書を用意しておきましょう。

例として、アイフルへ提出できる主な収入証明書を紹介します。以下のいずれかの書類のうち、最新発行分のコピー1部を提出しましょう。

アイフルへ提出できる主な収入証明書
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書(※1)
・確定申告書
・所得証明書

(※1)給与明細書は直近2ヶ月分が必要になります。住民税の記載がある場合、直近1か月分のみで可となることもあります。また、賞与支給のある方は、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も、給与明細書と合わせて提出します。

100万円を借りる際には借入方法に注意

消費者金融カードローンに申込み、審査に通過すると、契約、借入れに進みます。借入方法としては、口座に直接振込んでもらう「振込融資」と、カードローン会社のATMや提携先ATMで借入れをおこなう「ATM借入れ」の2つがあります。振込融資を利用する場合には、一度で借りられる金額の上限は決められていないため、利用限度額の範囲内ならばいくらでも振り込んでもらうことが可能です。

しかし、ATMで借入れる場合には注意が必要です。利用するATMごとに、一度に引き出せる紙幣の上限枚数が決まっているため、場合によっては分けて借入れる必要があります。

例えばアイフルATMでは、一度に引き出せる紙幣は50枚までと決まっています。100万円をすべて1万円札で借入れる場合なら、50万円ずつに分けてATMを操作しなくてはなりません。提携先のセブン銀行ATMも同様です。一度に引き出せる紙幣は50枚までなので、すべて1万円札で借入れるなら、少なくとも二回以上に分けて引き出します。

提携先のイオン銀行ATMと三菱UFJ銀行ATMは、一度に引き出せる紙幣は99枚までのため、少なくとも100万円を二回以上に分けて借入れなくてはなりません。親和銀行ATMと西日本シティ銀行ATMは100枚の紙幣を一度に引き出すことが可能なので、借入れの操作も一度で済みます。金融機関ごと、場合によってはATMごとに一度に引き出せる紙幣の枚数が異なるので、操作前に必ず確認するようにしましょう。

100万円を借りる場合の返済金額

審査に通過し、100万円を借りたとしても、そこで終わりではありません。すべての借入れには返済の義務が伴うため、毎月無理なく返済していけるように計画を立てる必要があります。100万円を借りた場合の返済金額について具体的に計算していきます。

消費者金融カードローンを含むすべてのローンは、利息制限法によって上限金利が定められています。100万円以上の借入れの上限金利は年15%なので、アイフルで100万円を実質年率15%で借入れる場合を例として、返済期間別の「毎月の返済金額」「返済総額」をシミュレーションしてみました(※2)。

100万円を借りた場合の返済期間別シミュレーション

返済期間 1年で完済する場合 3年で完済する場合
毎月の返済金額 91,000円 35,000円
返済総額(利息) 1,082,356円(82,356円) 1,244,738円(244,738円)

毎月の負担を減らしたい場合は「3年で完済する場合」のように、長期にわたる返済計画を立てましょう。しかし、時間をかけて返済している分、利息が高くなるというデメリットもあります。利息を含めた返済総額を可能な限り抑えたいという方は、なるべく短い期間で完済できるよう、毎月の返済金額を増やしましょう。

(※2)本シミュレーションの結果は参考値です。目安としてご利用ください。

最短即日融資で100万円を借りる際は事前準備と返済計画が大切です

100万円を申込んだ当日中に借りたい場合は、100万円以上の融資に対応している消費者金融カードローンに申込むことがおすすめです。消費者金融カードローンでは最短即日融資に対応していることが多く、アイフルなどの一部の消費者金融では土日や祝日の最短即日審査・最短即日融資にも対応しています。

しかし、100万円を最短即日で借りられるカードローンであっても、条件を満たさなければ審査を通過できません。消費者金融カードローンのように総量規制の対象のローンに申込むときには、ご自身の年収が300万円以上なのかご確認ください。また、100万円を借入れる場合には、収入証明書の提出を求められます。審査をスムーズに進めるためにも、収入証明書を用意してから申込みましょう。

融資を受けた後には返済が始まります。完済まで続く毎月の返済を順調におこなえるのか、収支計画を立ててから申込むことが大切です。アイフルなどのカードローン会社では、ホームページで返済シミュレーションを提供しています。活用して、無理のない返済計画を立ててください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!