お申込み
更新 2022/1/6

キャッシュカードでお金を借りるには?3種類のカードキャッシングの方法を紹介

銀行のキャッシュカードは、自身の口座にお金を預けたり、口座からお金を引き出したりするためのものです。

しかし、その銀行の提供しているローン商品の契約をすることで、サービスによってはキャッシュカードで借入ができるようになります。

カードでお金を借りる方法は、それ以外にもカードローンやクレジットカードキャッシング等がありますので、それぞれの方法について紹介します。

カードでお金を借りる方法は大きく3種類

銀行やコンビニのATMでカードを使ってお金を引き出している光景はよく目にしますが、多くの場合は自分の口座のお金を手元に戻しているか、あるいは金融機関からお金を借りているかのどちらかです。

カードを使ってキャッシングをする方法は、大きく以下の3種類に分類されます。

・借入専用のカード(ローンカード)を作る
・銀行のキャッシュカードで借入できるようにする
・クレジットカードのキャッシング枠で借りる

1.借入専用のカード(ローンカード)を作る

銀行や消費者金融などのカードローンに申込~契約をすると、キャッシング専用のローンカードを発行してもらえる場合がほとんどです。ローンカードがあれば、銀行やコンビニのATMで自由にお金を借りられるようになります。

カードローンは、定められた限度額までなら自由に借入れや返済をすることができるサービスです。

具体的な申込から借入までの方法

カードローンとはいっても、カードは必ずしも必要なわけではありません。アイフルのように、カード発行なしお金を借りられるサービスもあります。具体的な申込みから借入れまでの流れは以下の通りです。

カードローン利用の流れ

消費者金融カードローンの大きな特徴として、申込みから借入れまでを最短即日で実施できる点が挙げられます。

申込みの時間や利用者の状況により変わりますが、急ぎでお金を必要としている多くの方に選ばれているサービスとなります。

2.銀行のキャッシュカードで借入できるようにする

銀行の提供しているカードローンには、通常の普通預金口座のキャッシュカードをそのまま使うことができる場合があります。

すでにその銀行の普通口座を持っている場合や、カードローン契約と同時に普通口座を作る場合で、キャッシュカードとローンカードの一体型カードとして使える場合があります。

銀行やATMにより制限がある

キャッシュカードとローンカードを兼ねるカードは、全ての銀行で提供しているわけではありません。キャッシュカードとは別にローンカードが必要な場合もあります。

また、一体型のカードを持つことができた場合でも、ATMによっては使えない場合もあります。

総じて利便性という観点では、口座開設も不要で使えるATMも多い消費者金融のカードローンの方が高いというのが現状です。

3.クレジットカードのキャッシング枠で借りる

「カードでキャッシング」と聞いて、クレジットカードを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードでもお金を借りることができますが、こちらは「すでにキャッシング枠がある人のみ」となります。

買い物の精算を建て替えるための「ショッピング枠」と、お金を借りるための「キャッシング枠」の合算分だけ自由にお金を使うことができるのが、クレジットカードです。

キャッシング枠とショッピング枠

ただし、現時点でキャッシング枠が備わっていない人は、すぐにお金を借りることはできません。

クレジットカード会社に申請手続きをして、完了したのちにキャッシングができるようになるため、お金を借りられるのはどんなに早くても数日後となります。

関連記事

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンには明確な違いがあります。クレジットカードでは買い物と借り入れの両方ができる点が特徴ですが、カードローンは現金の借り入れに特化したサービスとなります。

キャッシングサービスには審査が必須

ここまで紹介してきた金融機関のキャッシングを利用するには、必ず「審査」が必要になります。

キャッシングの審査は、申込者の返済能力を確かめるものです。金融機関側は、申込者の属性情報・収入状況・勤務先状況・他社借入状況・信用情報などを総合的に判断します。

原則として、審査なしでキャッシング可能な金融機関は存在しないため、お金を借りるためには必ず必要な工程として覚えておきましょう。

借入可能なのは審査に通過した人のみ

審査の結果、借入れ希望額に対しての返済能力が伴っていないと判断された場合は、ご希望に沿うことができません。これは、銀行や消費者金融のカードローンでも、クレジットカードのキャッシングでも同様です。

返済能力のない人にお金を貸すことは、金融機関側としても法令に反する行為とみなされる可能性があるため、審査は厳正に行われます。

つまり、カードを使ってATMでキャッシングをしている人は、全員が金融機関の審査に通過しているということです。

それぞれのキャッシングの特徴を比較

消費者金融カードローン 銀行カードローン クレジットカードキャッシング
融資までの早さ 最短即日も可能 申込の翌日以降 1週間程度(申請が必要な場合)
一般的な金利 年3.0~18.0%程度 年2.0~15.0%程度 年15.0~18.0%程度
限度額 800万円程度 1,000万円程度 100万円程度
向いている人 すぐにお金が必要な人・早期返済が可能な人・内緒で借りたい人 低金利で借りたい人・今ある普通口座を活用したい人 今あるクレジットカードを活用したい人

もし「今日中または明日までにお金が必要」という場合は、消費者金融のカードローンを検討しましょう。すでに持っているクレジットカードや銀行のキャッシュカードでお金を借りたい場合は、申請や契約に時間がかかるため、キャッシングはどんなに早くても翌日以降になります。

また、一部の消費者金融には一定期間の利息が0円になる「無利息期間」があるため、1ヶ月以内での完済目処が立っている場合には非常におすすめです。逆に、完済までの期間が数ヶ月~年単位になりそうな場合は、金利の低いカードローンを選ぶ方が返済総額は少なくなります。

必ずしも「今持っているカードでキャッシングをする」のが正解ではないので注意しましょう。

お急ぎの際はアイフルをご検討ください

アイフルのキャッシングローンは、急ぎでお金を必要としている方に多く選ばれています。WEB申込なら最短25分での融資も可能なので、当日中のキャッシングが必要な場合でも間に合う可能性があります。

また、アイフルではカードレスでのキャッシングも可能なため、新たにカードを作らないでもお金を借りることができます。スマホアプリがカードの代わりになり、残高照会やATM利用も可能です。

初めてアイフルを利用する場合に限り、最大30日間の無利息期間も可能なため、状況に合わせて検討してみてください。

今すぐお申込みお急ぎの方にもすぐ対応!