お申込み
更新 2021/11/12

大学生や専門学生がお金を借りるなら?学生がキャッシングするときの基礎知識

大学生がお金を借りられる方法

「アルバイト収入しか無くて金融についての信用も低い自分では、お金を借りることは難しいのでは?」と考える大学生の方もいらっしゃるかと思います。

結論からいえば、大学生であっても以下の5つの方法であれば、お金を借りることが可能です。

・カードローン(銀行、消費者金融)
・学生ローン
・クレジットカードのキャッシング
・奨学金
・質屋での質入れ(預かり)

この中でも特に、大学生の方に適しているのが「カードローン」による借入となります。

なぜ大学生の方にとってカードローンが適しているのか。その他の4つと比較しながら詳しく見ていきましょう。

カードローンとは?

カードローンは主に消費者金融や一部の銀行が提供している、無担保無保証人のローンサービスです。専用のカードを使うことでコンビニなどに設置されたATMからすぐに現金を引き出すことができます。また、契約までにかかる時間が非常に短いことや、スマホ1つで契約が可能なことなど、利便性にも優れています。

関連記事

カードローンとは「もしもの備え」!仕組み・借入方法・金利について解説

カードローンはお金を借入れするためのサービスですが、もしもの備えとして利用できます。その仕組みやクレジットカードとの違い、限度額、金利など、詳しく解説します。

大学生にカードローンが適している理由を解説

大学生にカードローンが適している理由として、次の3点をあげることができます。

理由① :他と比較して利用条件が当てはまりやすい
理由② :家族や友人に借入がバレにくい
理由③ :付属サービスが充実している

理由①利用条件が当てはまりやすい

多くのカードローンには以下のような条件が定められており、この2つを満たした人であれば誰でも申込みをすることができます。

◆カードローンの利用条件
・満20歳以上
・安定した収入がある(アルバイト収入でも可)

ご覧の通り、この2つの条件であれば多くの大学生の方にも当てはまります。

では、他の方法の利用条件とも見比べてみましょう。

借入方法 利用条件
クレジットカードのキャッシング ●キャッシング枠が設定されたクレジットカードを所持していること
学生ローン ●18歳以上且つ、安定した収入があること(20歳未満は保護者の同意が必須)
●学生であること(学校法人に通っていること)
奨学金 ●経済的理由により修学に困難であると認められた人
●高等学校にて一定の成績を収めた人
質屋 ●18歳以上であること
●質入れできるものを所持していること

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を借りる方法です。

この方法でお金を借りるためには、まずキャッシング機能が使えるクレジットカードを所持している必要があります。

そもそもクレジットカードを持っていない方は、新規で申込みをする必要がありますが、カード発行までに数週間ほどの時間がかかることが一般的です。

また、クレジットカードは代金の立替がメインの機能ですので、カードローンと比べると

・限度額(借入可能額)が低くなる傾向がある
・金利が高い

など、どうしても使い勝手が劣ってしまう点も注意が必要です。

関連記事

クレジットカードでお金を借りる方法と注意点

クレジットカードのキャッシング枠があれば、銀行やコンビニのATMなどでお金を借りる事が可能です。キャッシングの方法と注意点について紹介します。

学生ローン

一部の金融機関が発行する学生専用のローン商品です。

20歳未満でも(18歳以上)利用できることが特徴ですが、その場合、契約には親権者の同意が必要となります。

また、申込みには学校法人に在学している証明書の提出が必要になります。

その他、申込方法が店頭・電話のみとなっている店舗が多いなど、利便性の面でも多少の注意が必要です。

奨学金

奨学金は、金融機関から進学に必要な学費や生活費の融資を受けられる制度です。「貸与型」や「給付型」など種類により申込み条件は異なりますが、高校時代の成績が参照されるものや、一定の経済水準をクリアする必要があるなど、制約もいくつか存在します。

また、申込みタイミングが年単位で決まっているものもあり、いつでも申込み可能なカードローンと比べると、使い勝手が悪いと感じる方もいるでしょう。

質屋

質屋では、ブランド品や電子機器などの品物を預ける(質入れする)ことにより、その価格(価値)に応じたお金を借りることができます。

質屋とは

18歳以上であれば誰でも利用することができますが、大前提として、預ける品物を所持していないとお金を借りることができません。

そのため、必要な分の融資を受けられるかどうかは、個々によってバラつきがあります。

理由②家族や友人に借入がバレにくい

主に大手のカードローン会社では、家族や友人に利用していることがバレないよう、様々な配慮がなされています。

◆カードローンの利用がバレない配慮例
・WEBで申込みから契約まで完結できる
・カードの発行がない
・電話確認時にバレないように配慮してくれる

WEBで申込みから契約まで完結できる

特に大手の会社が発行するカードローンでは、申込みから契約までをすべてWEB上で完結することができます。

そのため、店舗やローン専用ATMに出向く必要がなく「店舗利用しているところを誰かに見られてしまう」といった心配がありません。

スマホ1台で申込から借入、返済まで対応可能

先述しましたが、学生ローンや質屋などは、お金を借りるために店頭に出向く必要があることも多いため、誰かに見られてしまうリスクをゼロにすることが困難でしょう。

また、WEB完結の申込みでは、契約書や明細書などが自宅に郵送しないよう手続きができますので、書類によって家族にバレてしまうといった心配も不要です。

関連記事

カードローンは郵送物なしで借りられる?家族にバレずに借りる方法

カードローンの利用方法を工夫すれば、郵送物なしでお金を借りることができます。カードローンの利用が家族や周囲の人にバレない方法をご紹介します。

カードの発行がない

カードローンの中には、その名称にも関わらず、カード発行なしで契約できるものもあります。

そのため、専用のカードの実物を見られて、ローン利用がバレる心配はありません。

なお、カードを発行しない場合は、WEBの契約者専用ページやスマートフォンアプリなどを利用して融資を受ける流れとなります。

電話確認時にバレないように配慮してくれる

カードローンやクレジットカードの新規契約では、審査の一環として勤務先(アルバイト先)への電話確認(在籍確認)が行われます。

カードローンでは、この電話確認の際に、担当者がローン利用の手続きであるとバレないような配慮を行ってくれます。

例えば、「電話は金融機関名ではなく個人名でかかってくる」「ある程度電話する時間を調整してくれる」などです。

更にカードローン会社の一部では、所定の書類を提出することで、電話での確認を省略してくれる場合もあります。

電話確認によって、会社や同僚にローン利用がバレてしまうといったリスクも、こうした配慮で最低限に抑えることができるのです。

関連記事

カードローン審査の在籍確認なしは可能?職場へ電話する理由と確認の流れ

カードローンは、在籍確認なしで借入することは原則できません。なぜ、審査中に在籍確認が行われるのか、どのような流れで手続きが進められていくのか解説します。

理由③付属サービスが充実している

カードローンには、他の借入方法にはない独自のサービスが充実しています。

◆カードローンのサービス
・無利息サービス
・最短即日融資
・返済日お知らせメール

例えば、無利息サービスでは、融資から一定期間の利息が発生しないため、場合によっては利息負担を0円にすることがでます。また、2~3ヶ月など早期での返済を予定している場合は、この無利息サービスによって実質的な金利を引き下げることが可能です。

無利息期間

その他にも、申込みから最短60分で融資を行ってくれる「即日融資」や、返済日前になるとメールでお知らせを受け取れるなど、様々なサービスが充実しており、借入・返済に関する利便性は高いといえます。

アイフルのキャッシングローンをご検討ください

お金の借入れを検討されている学生の方は、ぜひアイフルのキャッシングローンに目を向けてみてください。

アイフルのキャッシングローンは、ここで解説した3つの特徴を押さえているため、学生の方でも安心してご利用いただけます。

◆アイフルの特徴
・アルバイト・パートの方でも20歳以上であれば申込可能
・WEB完結申込で電話・郵送物がないため周りに知られにくい
・初めてのお客様なら30日間の無利息期間サービスあり

そのほか、お客様サポートの体制も充実しているので、初めてのお借入れでも安心してご利用いただけるかと思います。

申込はWEBから24時間いつでも受付しているので、ぜひご検討ください。

学生がローンを利用するときのポイント

カードローンは大学生でも利用可能な融資方法ですが、申込み後には所定の審査を通過しなければ、融資を受けることができません。

そこで、大学生の方がカードローンに申込みをする際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

・アルバイトで一定の給料を得ているようにする
・他社での借入やクレジットカードの滞納分を清算しておく
・返済が遅れないよう事前に計画を立てる

アルバイトで一定の給料を得ているようにする

カードローンは社会人や学生に限らず、収入に安定性がないと審査に落ちてしまうことがあります。

「安定している」と判断されるためには、少なくとも数ヶ月間以上の勤務歴があり、一定の給料を貰えている状態を目指しましょう。

関連記事

無利息期間があるカードローンは本当にお得か?賢い使い方と注意点

30日間の無利息期間サービスは本当にお得なのか、シミュレーション結果をふまえて丁寧に解説。サービス利用時の注意点についても説明するので、ぜひご覧ください。

アルバイト

例えば、1ヶ月前の給料が7万円、2ヶ月前の給料が1万円、3ヶ月前が2万円など、収入にバラつきがあると安定性を欠いていると判断されることがあります。

特にスポットや単発のアルバイトでは、月収が変動しやすいため、ある程度の収入が確保できるアルバイト先が好ましいです。

また、月々の給料があまりにも低いと、そもそも融資を受けることができないため、シフトの回数を増やすなど収入の確保を目指しましょう。

他社での借入やクレジットカードの滞納分を清算しておく

もし他の金融機関などで返済を滞納していると、審査で非常に不利になります。

カードローンに限らず、クレジットカードや携帯料金の滞納は、自身の金銭的な信用を著しく損ねてしまうため、そういった滞納は可能な限り清算しておきましょう。

なお、他社返済のためにお金が必要な場合は、返済専用のローン(おまとめローン)を検討しましょう。

関連記事

おまとめローンとは?一本化の仕組みや注意点をご紹介

おまとめローンでは借金を一本化して返済負担を軽減することが可能です。おまとめローンの仕組みや注意点について詳しく解説します。

返済が遅れないよう事前に計画を立てる

カードローンに限らず、無計画にお金を借りてしまうと返済不能に陥る可能性が高くなります。

そこで、事前にしっかりとした返済計画を立てておきましょう。

各金融機関のHPに設置されている返済シュミュレーション(例: アイフル『ご返済シミュレーション』)などを用いて、月々の返済額を明確にしておくことで、返済不能に陥る可能性が低くなります。

カードローンをはじめとする多くのローン商品では、借りた後に返済不能になってしまうと、金銭的な信用(信用情報)が傷つき、将来のライフプランに大きな影響を与えることとなります。

特に自動車の購入や、新居の購入、またクレジットカードの新規発行などの際には、信用が傷ついているために利用を断わられることもありますので、返済についてはしっかりと計画を立てておきましょう。

関連記事

信用情報は延滞・借り過ぎがなければ問題なし!ただし悪化したら回復に完済後5年かかる

信用情報とは、クレジットカードやローンの利用歴です。延滞・借り過ぎがなければ特に問題ないですが、悪化すると完済してから5年間は審査に悪影響がでます。

関連記事

カードローンが払えないと何が起こるか時系列で解説!適切な対処法も紹介

カードローンの支払いを行わないまま放置しておくと、カードの機能停止や督促などを経て、最終的には差し押さえを受ける可能性があります。この記事では、カードローンが払えないと何が起こるのか?について解説します。

学生がお金を借りるときのQ/A

【Q】カードローンはどれくらい借りられる?

A.借入額は年収の3分の1が限度です。

総量規制

学生の場合にはアルバイト収入がそれほど多くないので、借入可能額は10万円前後と考えておきましょう。

例えば毎月のバイト収入が5万円であれば、年収は5万円×12ヶ月=60万円で、借入限度額は20万円です。

初回から年収の3分の1ギリギリ借りることはかなり困難ですので、10万円程度が目安となります。

なお、仕送りは年収にカウントされません。

【Q】在学中に完済する必要はある?

A.在学中に完済する必要はありません。

就職してからも継続して返済していくことはできるので、確実に返済できるよう、余裕を持った返済計画を立ててください。

【Q】就職活動に影響はある?

A.ありません

一般的な企業は、就活生の信用情報にアクセスすることができないため、ローンの有無を知られることはありません。

また、金融機関を就職先に考えている人も、金融機関の人事部が就活生個々の信用情報を確認することは非常に考えにくいため、就職には基本的に影響はないと考えてよいでしょう。

【Q】もし返済できなくなったら?

A.返済できなくなった時には、すぐに借入先の金融機関へ相談してください。

やむをえない事情があるのであれば、金融機関は一定期間返済を待ってくれたり、返済計画の相談にも乗ってくれたりします。

黙って延滞をすると、金融機関としても法的な手続きを検討することになりますので、とにかく相談することが重要です。

また、場合によっては親や親族からお金を借りる方法や、弁護士に債務整理を相談する方法もあります。

借入を考えている20歳以上の大学生の方はアイフルをご検討ください

アイフルでは、記事内でご紹介した以下のようなカードローンサービスをすべてご利用いただけます。

初めての人がアイフルを利用するメリット

・無利息サービス
・最短即日融資
・WEB完結申込

またアイフルでは、勤務先への電話確認を実施していないため、アルバイト先にローンの利用が知られることもありません。

その他、カードローンの利用が不安な方向けて専用窓口やチャット、LINEにて回答サービスをご用意しています。

お申込みご希望の方は、以下のボタンからお進みください。

今すぐお申込みお急ぎの方にもすぐ対応!