お申込み
更新 2021/03/26

クレジットカードでキャッシングできない原因は?対処法や利用手順について解説

クレジットカードでキャッシングできない5つの原因と対処法

クレジットカードでキャッシングが利用できない場合、以下の5つの原因が考えられます。それぞれの対処法について解説します。

原因1:ATM操作の誤り
原因2:カードの磁気不良やICの不良
原因3:すでに限度額まで利用している
原因4:カードの利用料金を滞納している
原因5:キャッシングサービスへの申込ができていない

原因1:ATM操作の誤り

基本的なことですが、ATM操作の際に「暗証番号の入力ミス」や、「操作手順の誤り」などがあると、キャッシングはできません。

また、そもそもATM自体がお手持ちのカードに対応していない場合も、キャッシングすることができません

クレジットカードでのキャッシングが初めての方は、ATMの操作手順や対応しているATMがどれなのかを、予めカード会社の会員ページで確認しておきましょう。

暗証番号を何度も間違えてしまうと

クレジットカードご利用時、複数回誤った暗証番号を入力してしまうと、カードにロックがかかります。カードにロックがかかると、再発行手続きが必要となるため、カード会社のカスタマーセンター等に問い合わせを行ってください。

原因2:カードの磁気不良やICの不良

ATMは、クレジットカードの「磁気ストライプ」「ICチップ」からカード情報を読み取っています。

クレジットカードの磁気ストライプやICチップに不具合があり、正常な読み取りが行えていない可能性があります。

これらに不具合が生じている場合は、正常な読み取りが行えずキャッシング手続きができないこともあります。

もし、ATMがカードをうまく読み取らない場合は、これらの機能が破損している恐れがありますので、カード会社に問い合わせの上、再発行手続きを受けてください。

また、今後クレジットカードを保管する際は、スマートフォンやPC、磁気を帯びたアクセサリーの近くに置いておくことは避けた方が良いでしょう。

強い磁気を帯びた製品の近くでは、カードに不具合が発生する恐れがあるため、保管場所の検討も合わせて行ってみてください。

原因3:すでに限度額まで利用している

クレジットカードに設定されている「キャッシング枠」および「総利用枠」を超えたキャッシングはできません。

「キャッシング枠」は、1枚のカードでお金を借りられる(キャッシングできる)限度額のことです。

一方、「総利用枠」とは、お金を借りられる「キャッシング枠」とカード決済時に利用する「ショッピング枠」を合算した、カード全体の限度額のことです。

クレジットカードのキャッシング枠は総利用額を超えて借りることはできません。

例えば、カードのキャッシング枠が10万円に設定されているのにも関わらず、15万円のキャッシングをしようすると、キャッシング手続きが行えません。

また、総利用枠が20万円のカードで、すでにショッピングを20万円分してしまっていると、それ以上キャッシングを行うことができなくなります。

クレジットカードによっては限度額が月々で設定されているケースもありますので、場合によっては次月まで待つ必要もあるでしょう。

どうしてもすぐにキャッシングを行いたいのであれば、限度額を増やすという方法もありますが、増額には別途審査が必要になってしまうことは覚えておいてください。

関連記事

キャッシング枠とは?ショッピング枠との違いや利用方法についてご紹介

クレジットカードのキャッシング枠とは何なのか、初心者向けにわかりやすく解説。お手持ちのクレジットカードで、実際にキャッシングする手順もお教えします。

原因4:カード利用料金を滞納している

クレジットカードの利用料金を滞納してしまっていると、カード自体が利用停止になってキャッシングできません。

具体的には、引き落としが確認できなかった日から1~3日程度でカードが利用停止となります。

この場合、キャッシングだけではなく、買い物や様々な生活費の引き落としも滞ってしまうため、早急に未払い分を清算する必要があるでしょう。

未払い分を清算すれば、再びカードが利用できるようになります。

滞納してしまった場合の詳しい対処方法は、以下の記事でも詳しく紹介しています。詳しく知りたい方は、是非ご覧ください。

関連記事

クレジットカードの料金が払えない!滞納時に起きる事態と適切な対処法

クレジットカードの支払いを滞納してしまうと遅延損害金の発生、ひいては財産の差押えにまで発展してしまう場合があります。

原因5:キャッシングサービスへの申込ができていない

カードのキャッシングサービスは、どのカードでも常備されている訳ではなく、別途申込手続きを行う必要があります。

そのため、そもそもキャッシング枠をつけていないカードでは、お金を借りることができません。

もし、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていない場合は、新規で申込手続きを行うことで対処できます。申込方法については、次項で詳しく解説します。

クレジットカードでキャッシングする流れ

STEP1:キャッシング枠の申込方法

カードにキャッシングサービスが付帯されていない場合は、まずキャッシング枠の申込を行う必要があります。

パソコンやスマートフォンから公式サイトにアクセスして、WEB上で手続きを済ませましょう。申込みが完了すると、各カード会社が指定する書類を提出したうえで、審査の結果を待つことになります。

審査が完了するタイミングには個人差がありますが、最短で即日、遅くとも数日以内には結果が出るでしょう。

審査を通過できれば、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯され、ATMから現金を引き出せるようになります。

なお、新規でクレジットカードを申込した場合は、キャッシング枠つきのカードが自宅に郵送されます。

STEP2:キャッシングの利用方法

手元のカードにキャッシング枠が付いた後は、以下の流れで手続きを行います。

1.提携先(銀行やコンビニなど)のATMに向かう
2.ATMで「クレジットカード」を選び、「引き出し」を選択する
3.クレジットカードをATMに挿入して暗証番号を入力する
4.「借り入れ」あるいは「キャッシング」を選択する
5.「返済方法」を選択する
6.「利用金額」「借入金額」を入力する
7.クレジットカード、利用明細、現金の3点を受けとる

STEP3:返済方法

キャッシングしたお金は、翌月以降に返済を行います。返済方法は、キャッシング時に以下2通りいずれかを選択できます。

・翌月1回払い
・定額リボ払い

一括返済を選択すると、借入した金額を翌月に全額返済することになります。クレジットカード代金の引き落とし日に、キャッシングの利用額も一緒に口座から引き落とされるのです。

定額リボ払いを選択すると、複数の月に渡って少額ずつ返済していくことになります。

定額リボ払いを選択すると、複数の月に渡って少額ずつ返済していくことになります。

金銭的な余裕があれば、ぜひ一括払いを選択してください。一度に支払う金額は大きくなりますが、リボ払いよりも利息の負担は少なく済みます。

関連記事

リボ払いは賢く使えば便利なサービス!分割払いとの違いや注意点

リボ払いとは、カードローンやクレジットカードの返済を毎月少額ずつ行っていける方法です。分割払いとは異なる部分も多いので、初心者向けに分かりやすく解説します。

キャッシングはカードローンでも可能

どうしても現金が必要な場合、クレジットカードのキャッシング以外にもお金を用意する方法があります。代表的なサービスが、消費者金融や銀行などが発行するカードローンです。

カードローンとは、金融機関が提供している個人向けのローン商品のことです。専用のカードを使うことでコンビニや銀行のATMで現金を引き出せるほか、振込依頼で自宅にいながら融資を受けることもできます。

カードローンとは、金融機関が提供している個人向けのローン商品のことです。

無担保・保証人なしで借りられることが特徴で、利用前に審査を行う点はクレジットカードと共通しています。

契約時には利用限度額が設定され、利用限度額の範囲内であれば返済途中であっても追加で借入が可能です。

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンは似ているサービスですが、いくつか異なる点もあります。

クレジットカード カードローン(消費者金融)
金利相場 15.0~18.0% 3.0~18.0%
限度額 ~100万円程度 800万円
融資までの時間 キャッシング枠があればすぐ

新規契約の場合は数営業日
最短60分
ショッピング機能の有無 あり なし

金利

金利(実質年率)の相場は、クレジットカードが15.0~18.0%に対し、カードローンは3.0~18.0%が一般的です。

上限の18%は共通していますが、下限はカードローンの方が低く設定されています。

また、一部のカードローンでは、一定期間の「無利息サービス」を提供しているケースもあります。そのため、金利についてはカードローンの方が低い傾向にあるのです。

関連記事

無利息期間があるカードローンは本当にお得か?賢い使い方と注意点

30日間の無利息期間サービスは本当にお得なのか、シミュレーション結果をふまえて丁寧に解説。サービス利用時の注意点についても説明するので、ぜひご覧ください。

限度額

限度額を比較すると、クレジットカードキャッシングでは最大でも100万円程度、消費者金融では最大で800万円と大きな差があります。

クレジットカードのキャッシングサービスは、あくまで付帯サービスのひとつであるため、金額は控えめな傾向にあるのです。

融資までの時間

初めての申込から融資を受けるまでに要する時間は、クレジットカードとカードローンでは異なります。

すでに持っているカードにキャッシング枠を付ける場合、最短で即日融資ができるケースもありますが、新規でカード発行する場合は数日から数週間かかってしまうのです。

一方で、カードローンは審査時間が最短30分、申込から融資まで最短1時間で完了します。状況にもよりますが、スピードを重視するのであればカードローンを選んだ方が良いかと思われます。

ショッピング機能の有無

クレジットカードは、1枚でショッピング枠とキャッシング枠を利用できます。カードの枚数が増えないため、財布を圧迫することもなく、管理がしやすいというメリットがあります。

一方、カードローンは現金の借入・返済専用のカードであり、基本的にショッピング機能はついていません。ショッピングでも利用したいという方は、クレジットカードの方が適しているでしょう。

現金が必要な方はアイフルのキャッシングローンをご検討ください

「とにかく現金のみが必要」という方には、カードローンにもぜひ目を向けて見てください。

アイフルのキャッシングローンでは、新規のお申込から最短当日中のご融資に対応している他、30日間の「無利息サービス」もご利用いただけますので、クレジットカードキャッシングよりもよりコストを抑えたお借入が可能です。

お申込はご自宅にいながら振込まですべてインターネット上で行えますので、お金にお困りの方は是非ご検討ください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!