お申込み
更新 2021/07/26

お金がないときの対処法3選!慢性的な金欠を解決する方法も解説

しっかりと働いていて、生活費には困っていないものの、自由に遊んだりほしいものを買ったりできるほどのお金はない。

そういったとき、どうすればよいのか気になっている人も多いことでしょう。

お金がないときは、以下の手順で対処してください。

  1. STEP1

    お金を使う目的と必要な金額を確認
  2. STEP2

    不足している金額を確認
  3. STEP3

    不足分を用意する方法を検討

それぞれ、具体的にどういった方法で対処すればいいのか、わかりやすく解説します。

お金を使う目的と必要な金額を確認

まずは、何に使うお金が必要なのかを確認しましょう。

お金を使う目的によって適切な対処法が変わってくるため、まずは、目的の重要度を見極めることからはじめましょう。

そして、目的に必要な金額を細かく算出することが、慢性的な金欠を解決する最初のステップとなります。

「お金を使う目的」の重要度を確認

お金を使う目的の重要度は、「積極的に解決すべきかどうか」という観点で判断しましょう。

以下のような観点で検討すると、判断しやすくなります。

・リスクやデメリットの有無
・緊急性の有無

お金が用意できないことで、生活に支障をきたすレベルのリスク・デメリットが生じ、なおかつ緊急性が高い目的であれば、積極的に対処すべきと判断できます。

反対に、趣味にかけるお金や必要以上の贅沢などは、緊急性はなく重要度が低く目的と判断できます。

重要度
重要度が高い目的
たとえば、「今月の家賃支払いに必要なお金を用意」という目的は、緊急性があり、重要度が高いと言えます。

なぜなら、家賃の未払いは数ヶ月連続した場合に強制退去のリスクにつながるため、明確な支払期日にきちんと家賃を支払い、リスクを回避する必要があるからです。

家賃の支払い以外にも、光熱費や通信費、クレジットカードやローンの支払いなどは毎月決まった支払期日があるため、重要度が高い目的に分類されます。

必要な金額を詳細に算出

お金を使う目的の重要度の見極めをしたあとは、可能な限り、具体的にいくら必要なのかを計算してください。

必要になるお金は、できれば、1,000円単位で詳細に把握しましょう。

なぜなら、後に紹介する「お金がない時の対処法」によっては、1,000円単位で用意できるからです。

必要最低限の金額を算出しよう

お金を使う目的に必要な金額を大まかに算出したあとは、「本当に必要となる最低限のお金がいくらなのか」を考えてみましょう。

ディスカウントの余地があれば、その分だけ用意しなければならない金額も減り、対処しやすくなります。

たとえば、旅行に必要なお金が足りない場合、最安値の宿泊先やルートを確認して費用を見積もることで、予算内に収まる可能性があります。

衝動買いをよくしてしまう人は、その場では我慢して購入を控え、自宅に帰ったあとにその商品の最安値を調べるようにしましょう。

お金が必要になるタイミングを正確に確認

目的に必要なお金がない時には、何月何日までにお金を用意しておく必要があるのか、可能な限り正確に確認しましょう。

たとえば、今日お金が必要な場合は、「何時までに必要なのか」「あと何時間の猶予があるのか」を確認することが大事になります。

なぜなら、後に紹介する対処法の中には、一定の時間を要するため、タイミング次第で間に合わなくなるケースもあるからです。

不足している金額を確認

お金を使う目的に必要な金額が確認できたあとは、用意できる、もしくはすでに用意できているお金との差額を求めましょう。

その差額が、目的に不足している「用意しなければならない金額」となるため、目標を明確に把握した上で対象法を考えられます。

用意できる金額も正確に把握しておこう

不足分を求めるにあたっては、用意できる金額も正確に把握しておく必要があります。

この際、1,000円単位で把握しておくことが、対処法も見つけるにあたって大事になります。

ただし、最低限の生活ができるある程度の余裕はもっておきましょう。

今回必要となるお金を捻出した結果、生活費を圧迫してしまうようなことがあると、結果的にまたお金に困ってしまうからです。

重要度にもとづいて「本当に必要なお金なのか」を判断

次項から「お金がないときの対処法」を紹介します。その前に、今回算出した「不足しているお金」は、本当に用意しなくてはならないのかも検討しておきましょう。

重要度

冒頭で掲載した図をもとに、不足しているお金の重要度を確認しましょう。

重要度が低いのであれば、無理に対処しようとせず、収入の改善など中長期的な取り組みをしていくべきと判断できます。

重要度が中程度であったり、高かったりする場合は、状況に適した手段で対処してください。

お金がないときの対処法

ここまでのご説明で、「何のために、いつまでに、どれくらいのお金が必要なのか」が把握できたことでしょう。

では、目的に足りないお金を用意するにはどうすればいいのか?

具体的な対処法は、以下の3つに分けられます。

1.収支のバランスを整える
2.物をお金に換える
3.現金を借入する

これらの対処法を、詳しく解説していきます。

対処法1.収支のバランスを整える

緊急性が低く、お金が用意できなくてもとくにリスクやデメリットがない場合は、収支のバランスを見直して中長期的に改善していきましょう。

つまり、今回の機会で無理に金策することは見送って、次の機会に備えるという選択肢です。

節約すれば何とかなるという場合は、数ヶ月先延ばしにするだけで解決に至ることもあるでしょう。

家計簿をつけてみよう

収支バランスを改善するにあたっては、支出の管理が重要になります。

なぜなら、収入を簡単に増減させることはできませんが、支出については私生活でコントロールできる部分が多いためです。

食費や光熱費、通信費を節約して慢性的な金欠を改善したい場合には、家計簿をつけましょう。

コンビニやスーパーで買い物をした際は必ずレシートをもらい、クレジットカードの明細もかならず取っておき、家計簿に記録して節約できる部分を探します。

家計簿は毎日記録するのがポイントになりますので、1日の終わりに記録する習慣をつけましょう。

対処法2.物をお金に換える

どうしてもお金を用意しなければ困る場合は、まず、手元にある物品の換金を検討してみましょう。

なにを換金するかによって用意できる金額は変わりますが、数万円程度なら対処できる可能性があります。

換金する手段はさまざまですが、「お金をいつ受け取れるのか」「手数料など費用は発生するのか」という点は事前に確認が必要です。

緊急性が高い場合は利作るショップ等に持ち込もう

数日以内にお金が必要という場合は、当日中に査定と換金が行える実店舗をもったリサイクルショップなどに足を運びましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップの場合、一般的に価値がないような物でも買い取ってもらえるケースがあるため、とりあえず査定に出してみる価値はあります。

状態のよいブランド物などを持っているのであれば、質屋に持ち込むことでまとまった金額になる可能性もあります。

質屋の場合、質入れした商品が担保となるため、借り入れた金額を返済できなくても催促されることはありません。

時間に余裕がある場合はフリマアプリなども役立つ

フリマアプリ

時間に余裕があれば、フリマアプリなどに出品する手段もあります。

フリマアプリを利用する場合、確実に買い取ってもらえる保証がなく、買取金額の見極めが難しいという点を理解しておきましょう。

また、リサイクルショップなどの実店舗に持ち込む場合とは、異なる金額がつく可能性もあります。そのため、店舗に足を運ぶ前に相場をチェックするのがポイントです。

フリマアプリで取引が成立した場合は、売れた物品を郵送するために一定の手間と手数料がかかるので注意しましょう。

対処法3.現金を借入する

不用品をお金に換えるだけでは足りなかったり、そもそも売ってもよい物品がなかったりする場合、「お金を借りる」という選択肢にも目を向けてみてください。

消費者金融や銀行などの金融機関に相談すれば、無担保でお金を借りることも可能です。

カードローンという選択肢

具体的には、カードローンという手段があります。

カードローンとは、専用カードをATMに挿入することで、預り金を引き出す要領でお金を借りることができるサービスです。

カードローン

特に、消費者金融が提供しているカードローンであれば、申込みから最短即日で現金を用意できます。

お金を借りるにあたっては一定の手続きを要するものですが、消費者金融は対応スピードに強みがあり、最短で数時間以内に融資ができるようになっているのです。

フローチャート

スピーディーな対応が可能であるため、用途の重要度が高い場合、カードローンが助けになることもあるでしょう。

関連記事

カードローンとは「もしもの備え」!仕組み・借入方法・金利について解説

カードローンはお金を借入れするためのサービスですが、もしもの備えとして利用できます。その仕組みやクレジットカードとの違い、限度額、金利など、詳しく解説します。

アイフルならWEBからの申込みで最短25分での融資も可能

アイフルでは、WEBからお申込みいただいた方に限り、最短25分での融資も可能となっています。

WEBからの申込みは24時間365日いつでも受付けしており、フォームの入力も5分程度で完了できるので、お急ぎの際はぜひご検討ください。

まとめ

お金がない時には、まずは使う目的の重要度と必要な金額を見極めた上で、足りない金額をどうやって捻出するかを考えましょう。

特定の日までにお金を用意できないと生活に支障をきたす目的の場合、緊急性は高くなり、積極的に対処する必要があります。

対処法を考える上で重要になるのが、収支のバランスを改善するということです。

レシートや支払い明細を残して家計簿をつける、リサイクルショップなどで物を換金する、消費者金融などで現金を借り入れるなどが対処法として挙げられ、支払期日に間に合う手段を選ぶことになります。

今まさにお金がない状況でお困りの方は、この記事でご紹介した対処法をぜひ参考にしてみてください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!