お申込み
更新 2021/03/31

キャッシングサービスとは?クレジットカードに借入機能を付ける方法や利用条件を解説

キャッシングとはATMでお金を借りるサービスのこと

キャッシングとは、カードを使ってATMでお金を借りる行為や、そのサービス自体を指す言葉です。

キャッシングとは、カードを使ってお金を借りられるサービスです。

具体的には、クレジットカードやカードローンに備わっている機能のひとつです。この記事では、クレジットカードのキャッシングについて解説します。

金利の相場は年18.0%

キャッシングサービスの利用にあたっては、利用手数料として利息が発生します。

利息の具体的な金額を決めることになるのが、金利。

借りた金額と金利によって利息が決まります。

一般的なキャッシングサービスにおける金利の相場は、年18.0%です。

「年」18.0%というのは、年間で18.0%という意味であり、実際の利息は以下のように算出されます。

10万円借りた場合の1ヶ月で生じる利息の例

この算出方法自体は、クレジットカードのキャッシングだけではなく、あらゆるローン商品・キャッシングサービスの利息計算式として共通しています。

気になるのは、年18.0%という金利は高いのか?という点かと思います。

結論としては、キャッシングサービスとしては高くも低くもありません。

ローンによって金利は変わってきます。

ご覧の通り、キャッシングを含む「貸付を行うローン商品」というものは、融資額と金利が反比例しています。

キャッシングサービスは、融資額が低いため、他ローン商品と比較すると金利が高くなっているのです。

クレジットカードのキャッシングは金利が下がりにくい

実際のところ、クレジットカードのキャッシングサービスは「年15.0~18.0%」程度の範囲で設定されるケースが多くなっています。

そもそも金利の幅が狭いため、他キャッシングサービスと比較して利用条件が良くなりにくいというデメリットがあるのです。

例えば、カードローンの場合は「年3.0~18.0%」などと、ある程度幅広い範囲で設定されており、利用者によっては金利の引き下げも可能となっています。

返済は一括もしくはリボ

キャッシングサービスを利用した場合、返済(支払い)は「一括」「リボ払い」のいずれかを選択することになります。

カードによっては原則「一括払い」で、希望しない限りリボ払いができないケースもあります。

一括払いとリボ払いの違い

リボ払いは利息の負担が大きくなる

リボ払いは、簡単に言うと「少しずつ、数ヶ月かけて返済する方法」です。

毎月の返済負担そのものは軽いのですが、完済までの期間自体は長引く傾向にあり、その分だけ利息の支払い額も大きくなってしまいます。

翌月に一括返済した場合
リボ払いで11ヶ月かけて関西した場合

ご覧の通り、借入金額によっても差はありますが、一括払いと比べるとリボ払いで生じる利息は非常に大きくなるのです。

なぜ、このような差がつくのか。それは、キャッシングの利息は日割りで計算されるからです。

要するに、リボ払いは1ヶ月あたりの返済負担が軽い代わりに、利息の負担そのものは大きくなる返済方法と言えます。

キャッシング枠は付けるべき?検討すべき3つのポイント

この記事をご覧になっている方の中には、手元のクレジットカードにキャッシング枠を付けるべきかどうか迷っている方もいるかと思います。

キャッシングサービス自体は、クレジットカードだけではなくカードローンを使って利用することも可能です。

そのため、以下の3点から「クレジットカードのキャッシングが自分に合っているのかどうか」を判断してみてください。

キャッシングが合っている人3つの特徴

ポイント1:急いでいるかどうか

今日・明日にでも現金が必要なら、クレジットカードのキャッシングサービスが適切かと思います。

手元のカードにキャッシング枠を付けることで、すぐサービスを利用できるからです。

一方で、2~3日以上の余裕がある方は、銀行や消費者金融のカードローンなど、他の選択肢に目を向けたほうが良いかもしれません。

なぜなら、キャッシングサービスに特化したカードローンの方が、金利や限度額の面で条件が良いケースが多いからです。

テーブル

ポイント2:どれくらいの金額が必要か

必要な金額が数万円程度で、短期間での完済ができそうであれば、クレジットカードのキャッシングサービスが役立つでしょう。

しかし、まとまった金額が必要なケースや、今後もキャッシングする可能性が高い場合においては、キャッシングに特化した他サービスに目を向けたほうが良いかと思います。

そもそも、クレジットカードのキャッシングサービスは、あくまでも付帯サービスのひとつであり、利便性やサービスはそれほど充実していないというのが実態です。

そのため、「一時的に少しお金を借りたい」という場合を除いては、カードローンを含む他キャッシングサービスに目を向けたほうが良いかもしれません。

例えば、アイフルのキャッシングローンは、初めてのお客様限定で「30日間の無利息期間」を実施しているなど、サービス面でも充実しています。最短で即日融資も可能なので、ぜひご検討ください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!

ポイント3:返済計画が立っているか

はっきり言いますが、返済の目途が立っていない方は、キャッシングサービスの利用をお控えください。

返済の目処が立っていない状態でキャッシングするということは、将来的に返済困難となるリスクを孕みます。

まずは、以下の手順で「完済までのイメージ」がつくかどうか確認しましょう。

  1. STEP1

    毎月の最低返済額を確認
    カード会社の公式サイトなどで、借入金額に応じて設定されている最低返済額を確認します。
  2. STEP2

    毎月の収支を確認
    収入と支出を整理して、毎月いくら程度なら手元に残るのか計算してください。
  3. STEP3

    最低返済額の捻出が可能か判断
    収支バランスを見て、返済を続けられるか判断してください。

いかがでしょうか。完済のイメージはつきましたか?

返済の目処が立っている方であっても、無理な借入は返済困難につながりかねません。

キャッシングサービスの利用は、あくまでも計画的に行いましょう。

クレジットカードにキャッシング枠を付ける方法

さて、実際にクレジットカードのキャッシングサービスを利用するのであれば、その方法自体は非常に簡単です。

カード会社に電話やWeb上で連絡をとり、キャッシングの申し込みをすれば、手元のカードに枠がついて、すぐ借入できるようになります。

キャッシングでお金を借りる流れ

審査は最短1日~数日で終わる

上図の「02」に記載した通り、キャッシング枠の付与にあたっては「審査」が行われます。

審査の所要時間はカード会社によっても異なりますが、基本的には当日中に結果がわかるでしょう。遅くとも、翌営業日には審査が終わります。

審査結果は、基本的に電話とメールで通知されるので、実際に申し込むのであれば受信設定には注意しておきましょう。

キャッシングサービスはお金を借りるものなので状況に適した判断がポイント

いかがでしょうか。今回は、クレジットカードのキャッシングサービスについて解説のうえ、「枠をつけるべきかどうか」の判断基準についても説明しました。

キャッシングサービスというのは、あくまで「お金を借りる方法のひとつ」に過ぎません。

ことクレジットカードのキャッシングについては、短期的かつ少額の利用には向いていますが、そうでなければカードローンなど他サービスも選択肢に入れるべきかと思います。

キャッシングするのであれば、ご自身の状況を確認したうえで、適切な選択肢をとってください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!

このカテゴリでよくあるご質問

WEBで申込みをした場合、その後の流れはどうすればよいのですか?
キャッシングローンの場合、
メールまたは担当者から個人名でご希望連絡先に連絡いたします。 その後、「WEB上でのご契約」「来店でのご契約」「郵送でのご契約」のいずれかの方法をお選びください。

お申込みからご完済までの流れ

その他の商品案内

詳しくはこちら
振込口座の登録・変更をしたいのですが、どうすればよいですか?
チャット、電話、来店、WEBにて受付けています。
詳しくはこちら
1,000円から借入れできますか?
アイフルATMとセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMなら、1,000円単位でお借入れが可能です。
また、振込口座登録をされている場合は、銀行への振込融資も1,000円単位でご利用可能です。
※それ以外の提携ATMは10,000円単位になります。詳しくは「提携ATM一覧」よりご確認ください。

提携ATM一覧

詳しくはこちら
急な出費で返済が遅れるときは、どうすればよいですか?
もし何らかのご都合で返済が遅れる事情が発生した場合は、事前に、会員ログインから会員メニューの「次回返済期日の変更(猶予)」でご変更いただくか、会員専用ダイヤル(0120-109-437/平日9:00~18:00)へご連絡・ご相談をお願いいたします。

会員ログイン

詳しくはこちら
振込で返済する時の振込口座を教えてください。
ご確認方法は、1.アプリ、会員サービスでご確認 2.電話でご確認 の2種類があります。

会員ログイン

詳しくはこちら