お申込み
更新 2021/06/30

今すぐお金が欲しい人の選択肢は5つ!やってはいけない間違った方法も紹介

今すぐにお金がほしいというとき、どのような方法があるのか気になりますよね。今日中にどうしてもお金を工面したい場合に考えられる具体的な方法は、下記の5つです。

・カードローンによる借入
・クレジットカードのキャッシング利用
・質屋へ質入れ
・リサイクルショップでの不用品売却
・即日払いのアルバイト

どの方法を選ぶかによっても「用意できる金額」「現金を手にするまでにかかる時間」「利用時の注意点」などは変わるため、この記事ではそれぞれの概要や特徴について、わかりやすく解説します。

また、時間がかかり「すぐにお金が欲しい」という場合には向いていない方法や、やってはいけない間違った方法もあわせてご紹介いたしますので、しっかりと目を通すようにしてください。

今すぐお金が欲しい状況に適した5つの方法

今すぐにお金が欲しいという場合、遅くとも当日中には現金の用意が可能な手段を選ばなくてはなりません。

冒頭でご紹介した5つの方法が、その条件に該当します。ここからはそれぞれの方法について、概要や手順、所要時間などを詳しく解説します。

方法1.カードローンを使って借入する

ATMにカードを挿入して借入金を引き出す
概要
金額 年収の3分の1を上限に、審査によって決まる
手数料
・利息(借入金額・金利・借入期間によって決まる)
・ATM手数料がかかるケースあり
所要時間 最短1時間(利用者によっては審査に数時間~1日以上かかるケースあり。また、金融機関によっても異なる)
外出の必要 あり

カードローンとは、ATMでお金を借りるサービスのことです。専用のカードをATMに挿入し、現金を引き出す形で借入を行います。

  1. STEP1

    カードローン利用の申込
    現在ではスマートフォンやパソコンからのWEB申込が主流となっており、深夜を含め24時間365日、いつでも即日での申込が可能です。また、WEB申込のほか、自動契約機、電話申込などでも申込ができます。
  2. STEP2

    必要書類の提出
    運転免許証など、必要書類を提出しましょう。借りる金額が高額になる場合や、ほかのカードローンなどを利用している場合は、収入証明書の提出が必要となるケースもあります。
  3. STEP3

    審査
    申込確認の連絡が入り、その後に審査開始です。審査結果は電話もしくはメールで通知されます。
  4. STEP4

    契約・ローンカード発行
    審査に通り、契約を済ませるとローンカードが発行されます。郵送のほか、自動契約機を使えば営業時間内はいつでもカードの発行が可能です。
    なお、カード受取方法を「カードレス」にすれば、ダウンロードしたスマホアプリを使うことで即時借入ができるようになります。急いでお金が欲しいという場合は、カードレスを選択しましょう。
  5. STEP5

    借入
    スマホアプリやローンカードを使用し、コンビニなどのATMで借入を行います。

とにかく時間がない人に適している

ローン商品にはさまざまな種類があります。そのなかでもカードローンは「急にお金が必要になった」という時に適した方法です。

どのようなローン商品でも必ず、利用前には審査が行われます。審査にかかる時間はローンによっても異なり、なかには手続きに必要な書類の用意などに手間や時間がかかり、すぐの利用が難しいものも少なくありません。

しかしカードローンの場合は、基本的に本人確認書類があれば利用可能で、借入までの所要時間も特に短く、緊急でお金が欲しいという状況に適しています。

ノンバンクのカードローンを選ぼう

とにかく早くお金が欲しいという場合には、ノンバンクのカードローンを選びましょう。

カードローンには大きく分けて「銀行のカードローン」と「ノンバンク(銀行以外の金融機関)のカードローン」の2種類ありますが、申込から借入までの早さを重視するのであれば、ノンバンクを選ぶことが適切です。

なぜなら、銀行のカードローンの審査には「警察庁データベースへの照会」という工程があり、これには最短でも丸1日以上〜遅い場合では2週間ほどかかるためです。審査に時間がかかり過ぎてしまい、必要なタイミングに間に合わなくなってしまうかもしれません。

銀行とノンバンクの審査の流れ

一方、ノンバンクのカードローンであれば警察庁データベースへの照会の工程はないため、最短即日で審査が可能です。特に消費者金融のカードローンの場合、最短30分以内で審査が完了するものもあるため、今すぐにお金が欲しいという人に適しています。

注意点:利息を払わなくてはならない

カードローン利用時には、あくまでも「お金の借入である」ということを忘れないようにしましょう。お金を借りる以上、必ず利息を支払う必要があります。

利息とは、簡単に言うと「借入のサービスを利用するための利用料」です。

利息は「借入金額」「金利」「借入期間」によって変動し、返済までの期間が長くなるほど金額は大きくなっていきます。

無計画に借入をすると利息による負担が大きくなりかねないため、くれぐれも注意しましょう。

利息は借りた菌が鵜と金利によって決まる

関連記事

初めてのカードローンで知っておくべき基礎知識や選び方を解説!

カードローンとはどんなサービスなのか、初めてお借入する人向けに分かりやすく解説。基礎知識だけでなく、適切な選び方もご紹介します。

アイフルのキャッシングローンなら最短25分で融資も可能

「今すぐにでもお金が欲しい」という状況にあるなら、少しでも早く借入できるカードローンが適切です。

アイフルのキャッシングローンであれば、WEBから申込いただいた方については「最短25分」での融資もできます。

お急ぎの方は優先して審査も対応できるので、ぜひご検討ください。

※申し込み状況によっては希望に沿った融資ができないケースもあります。

方法2.クレジットカードのキャッシングを利用する

ATMにカードを挿入して借入金を引き出す
概要
金額 キャッシング枠の範囲内(審査によって決まり、利用者によって異なる)
手数料
・利息(借入金額・金利・借入期間によって決まる)
・ATM手数料がかかるケースあり
所要時間 基本的に即日利用は難しい
外出の必要 あり

クレジットカードにはショッピング枠のほかに、キャッシング枠が設定されていることもあります。ATMにカードを挿入し、キャッシング枠の範囲内で現金を借りることが可能です。

  1. STEP1

    キャッシング枠利用の申込
    クレジットカード会社の公式サイトにアクセスし、キャッシング枠の利用申込を行いましょう。
  2. STEP2

    審査
    申込時にキャッシング枠の上限を選択し、審査に通過すれば借入できるようになります。
  3. STEP3

    借入
    コンビニなどのATMにクレジットカードを挿入し、借入しましょう。

日常的にクレジットカードを使っている人に適している

キャッシングは、クレジットカードの機能のひとつです。そのため、この方法はすでにクレジットカードを持っており、普段から利用している人に適しています。

そもそもクレジットカードを持っていない人の場合、発行に1週間以上かかるケースも珍しくありません。キャッシングを使った借入は、急いでお金が欲しいというときには不向きな方法といえるでしょう。

注意点:翌月に一括返済となるケースがある

クレジットカードのキャッシングでは、返済方法を基本的に「一括払い」としているケースもあるため注意が必要です。

一括払いの場合、キャッシングで借入した金額によっては翌月の返済負担が大きなものになってしまうかもしれません。

リボ払いと一括払い

なお、キャッシングリボが利用できるクレジットカードであれば、返済負担を軽減することができます。

キャッシングリボでは返済方法が「リボ払い」となるため、まとまった金額を借入した場合でも毎月一定額を返済していけばよく、一回あたりの返済金額が大きくなってしまうことを避けられるでしょう。

方法3.質屋で私物を換金する

質入れの仕組み
概要
金額 質入れする品物によって異なる
手数料 利息(借入金額によって変わり、上限金利は年利109.5%・月利9%となるためほかの方法に比べ割高)
所要時間 15分程度
外出の必要 あり

ブランド品や貴金属など、換金できそうな私物がある場合は、質屋に質入れ(お金を借りる際の保証として品物を預けること)してお金を借りることもできます。

あらかじめ決められた期限までに借入金額と利息を質屋に返済すれば、預けた品物を返してもらうことも可能です。

  1. STEP1

    店頭申込
    質入れする品物と身分証明証を持参し、店舗で質入れの申込を行いましょう。
  2. STEP2

    査定
    品物の査定が行われ、融資額が決定されます。
  3. STEP3

    現金・質札の受け取り
    品物の査定額に納得したら、現金と質札(質入れした品物の詳細や流質期限が書かれたもの)を受け取って取引完了です。

不要なブランド品を持っている人に適している

質屋の利用でどれほどのお金を借りられるかは、質入れする品物で決まります。

市場価値の高いものでなければ必要な金額を得られない場合があるため、ブランド品や貴金属など、一定の市場価値のあるものを持っている人に適した方法です。

また、品物の状態によっても得られる金額に差が生じるので、「状態が良いブランド物」を持っていない方は、過度に期待しない方が良いでしょう。

注意点:質流れすると回収が難しい

借入金額を一定期間内に返済できなかった場合、預けた品物は質流れとなり、回収が難しくなるため注意しましょう。

質流れとは、一定期間が過ぎたことによって質入れした品物の所有権が質屋側に移ることです。質流れすると預けた品物は質屋で販売されて誰かの手に渡ってしまう可能性があり、そうなると取り戻すことはほとんど不可能になります。

質流れまでの期間は会社によっても異なりますが、3ヶ月ほどが一般的です。

方法4.リサイクルショップに私物を売る

リサイクルショップに物を売ってお金に換える
概要
金額 売る品物によって異なる
手数料 なし
所要時間 15分程度(持ち込んだ不用品の種類・量によっては数時間かかることもある)
外出の必要 あり

不用品をリサイクルショップに売ることで、現金を得る方法です。借入ではないため返済の必要はなく、また、利息も発生しません。

  1. STEP1

    不用品を集めて店頭に持ち込む
    いらなくなったもの、使わないものなど、リサイクルショップに売るための不用品を集め、店頭に持ち込みましょう。(店舗によっては出張買取を行っているところもある)
  2. STEP2

    査定
    査定が行われます。査定時間は持ち込んだ不用品の種類や量によっても変動し、数時間かかることもありますが、よほど遅い時間に持ち込まない限りは、当日中に結果が出るでしょう。
  3. STEP3

    買取契約
    査定結果に納得できれば、身分証明書を提示し、買取契約書に記入して代金を受け取ります。

必要な金額が小さい人に適している

リサイクルショップのほかにも古着屋、古本屋などでも不要な私物を売却できますが、いずれの場合も買取価格がそれほど大きくなることはありません。

そのため、必要な金額がそれほど大きくないという人に向いている方法です。

目安としては、数千円〜3万円ほどと考えておくといいでしょう。もっとまとまった額が必要である場合には、ほかの方法を検討したほうが無難です。

なお、リサイクルショップなどでは1つの物を売って得られる金額が小さいため、私物を売る場合は複数をまとめて持ち込むことが効率的でしょう。

注意点:目標金額が手に入る保証が無い

リサイクルショップでお金を手に入れるときは、「目標金額が手に入る保証はない」ということに注意が必要です。

持ち込む物の種類や状態によっては、値段をつけてもらえないこともあります。それどころか、引き取り手数料として、かえって料金を請求されてしまうケースもなかには存在するのです。

私物を売るという方法は、どの程度の価格で買い取ってもらえるかわからないだけではなく、そもそも必要な金額を手に入れられない可能性もあることを覚えておきましょう。

方法5.即日払いのアルバイトをする

概要
金額 アルバイトや地域によっても異なり、相場は時給900円前後。
手数料 なし
所要時間 アルバイトによって異なる
外出の必要 あり

アルバイトとして働き、お金を稼ぐ方法です。工場や倉庫での軽作業、イベントスタッフ、土木系の現場作業など、半日〜1日単位の仕事が多い傾向にあります。

  1. STEP1

    即日払いのアルバイトを探す
    求人サイトなどを使い、即日払いのアルバイトを探します。
  2. STEP2

    面接・登録
    簡単な面接を受ける、もしくは、登録制バイトの場合は登録を済ませましょう。なかには面接や登録が不要なところもあります。
  3. STEP3

    働く
    実際に仕事をしましょう。残業できる職場もあり、残業手当がもらえます。
  4. STEP4

    給料を受け取る
    仕事が終わったら給料を受け取りましょう。

お金を使うタイミングが翌日以降という人に適している

即日払いのアルバイトをするということは、その日1日仕事をしてアルバイト代を貰うということです。

当日は仕事に費やすことになるため、お金を使うタイミングが翌日以降という場合であれば問題ありませんが「今日お金を使う予定がある」という場合など、適していないケースもあります。

お金が必要となる日のスケジュールをしっかり確認したうえで、間に合うかどうか検討しましょう。

注意点:「日払い」ではなく「即日払い」を選ぶ必要がある

アルバイトによってお金を手に入れようと考えている場合は、「日払い」ではなく「即日払い」を選びましょう。

日払いと即日払いの違い

「即日払い」の場合、その日働いた分のアルバイト代を手渡しなどで当日に貰うことができます。一方、「日払い」の場合は、実際に入金されるタイミングが後日になるケースもあるのです。

そのため、「今日すぐにお金が欲しい」という人は、「日払い」ではなく「即日払い」のアルバイトを探す必要があります。

「せっかく1日頑張って働いたのに、当日に給料が貰えずお金を使いたかったタイミングに間に合わなかった…」ということにならないよう、くれぐれも注意してください。

今すぐお金が欲しい状況には適していない方法

お金を得ることはできるものの、実際に手元に現金が用意できるまでには時間がかかる方法もあります。

ここからは代表的なものの例をいくつか挙げていきますので、参考にしてみてください。

時間がかかる方法1.クラウドソーシング

概要
金額 業務内容や規模などによって異なる
手数料 報酬額に合わせてシステム手数料がかかる
所要時間 最短2ヶ月
外出の必要 業務内容や規模などによって異なる

クラウドソーシングとは、インターネットを経由して企業が不特定多数の人に仕事を委託できる仕組みのことです。クラウドソーシングのマッチングサイトに登録すると、誰でもできるごく簡単なライティングから専門知識や技術が求められるWEBアプリの制作まで、さまざまな仕事を受注できます。

業務から出金まで最短2ヶ月

クラウドソーシングでは、まずマッチングサイトにワーカーとして登録する必要があり、その後で仕事を受注し、実際の業務を行うという流れです。

マッチングサイトによっても異なりますが、業務開始から報酬確定までに1ヶ月、そこからさらに出金までは1ヶ月と、実際にお金を手にできるまでには最短でも2ヶ月ほどかかるとイメージしておくといいでしょう。

時間がかかる方法2.フリマアプリ

概要
金額 出品する品物によって異なる
手数料
・売却した品物の5%〜10%ほどの販売手数料がかかる
・品物を売って稼いだお金を受け取る際、振込手数料がかかる
所要時間 出品する品物や価格設定、状態などによっても異なり、予測が難しいこともある
外出の必要 あり

フリマアプリを使えば、新品・中古問わず、私物を販売できます。フリマアプリには査定などはなく、自分の好きな値段を設定できるという特徴があります。

フリマアプリの支払いの流れ

まずはアプリをインストールして、出品者としての登録を済ませましょう。

登録が済んだら、商品の写真を撮影し、詳細を書き込んでフリマアプリ上に出品。商品を利用者が購入すると、フリマアプリ事業者から商品代金を受け取ることができるようになります。その後、売上の振込申請をしましょう。

得られる金額を左右するのが、出品する品物です。価格は自分で決められますが、相場を大きく外れるとなかなか買い手がつかず、いつまでも売れないという状態に陥ってしまいかねません。

フリマアプリでの換金のタイミングは自分ではなく、不特定多数の購入者が握っているということを覚えておきましょう。

逆に、時間をかけてもいいから少しでも高く売りたいという人は、辛抱強く待つことで自分の納得のいく価格で売却ができるかもしれません。

なお、なかにはフリマアプリでの出品が禁止されているものもあり「正規品と確証のないブランド品」「チケット類」「金券類」「ゲームアカウントやゲーム内通貨」「サービス・権利など実体のないもの」などは販売できないため注意しましょう。

リスクがあるので手を出してはいけない方法

お金に困って追い詰められると、後先を考えない行動に走ってしまうこともあります。

しかし、どれほどお金に困っていたとしても、違法な方法やリスクのある方法には絶対に手を出さないようにしましょう。

具体例を挙げますので、決して関わりを持たないよう、注意してください。

手を出してはいけない方法1.違法業者からの借入

銀行・カードローン会社・クレジット会社など、どんな貸金業者にせよ、必ず貸金業法という法律を守ったうえでお金の貸付を行っています。

貸金業法によって、法外な利息の請求や取り立てのような迷惑行為を固く禁じることで、消費者が安心して借入できる環境を構築しているのです。

しかし、違法業者から借入してしまうと、貸金業法が禁じているような悪質な行為による被害を受けるリスクがあります。金銭的な負担はもちろん、精神的にも追い込まれることになってしまうかもしれません。絶対に手を出さないようにしましょう。

手を出してはいけない方法2.クレジットカードの現金化

「クレジットカードの現金化」という言葉を目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカードには、お金の借入ができる「キャッシング枠」と、商品やサービスの購入の際に現金がなくても購入可能な「ショッピング枠」という2つの枠があります。

クレジットカードの現金化と呼ばれる方法は、ショッピング枠を利用して現金を手にする手段です。

しかし、ショッピング枠の現金化は各クレジットカード会社が規約で禁じています。もしも現金化を行えば違反行為となるため、なんらかのペナルティが課せられるかもしれません。クレジットカードの現金化は行わないよう、くれぐれも注意してください。

手を出してはいけない方法3.個人間融資

個人間融資とは言葉の通り、個人が個人にお金を貸すことを指します。

近年、インターネット上では、SNSなどで連絡を取り合い、貸金業の登録を行っていない個人が別の個人にお金を貸し付けるということが行われているようです。

貸金業登録なしに貸付をしている時点で違法ですが、個人を装っているだけで裏には詐欺集団が潜んでいたというケースも少なくありません。大きなトラブルに発展する危険もあるため、手を出さないようにしましょう。

お金が欲しい場合は状況に応じて適切な選択肢を

すぐにお金が欲しいときに考えられる方法としては、下記の5つがあります。

・カードローンによる借入
・クレジットカードのキャッシング利用
・質屋へ質入れ
・リサイクルショップでの不用品売却
・即日払いのアルバイト

カードローンによる借入は利息がかかるものの、最短1時間と早い段階でお金を手に入れられることが特徴です。金額についても、審査によって決まる限度額の範囲内で自由にお金を借りることができます。

クレジットカードをお持ちの方であれば、キャッシング枠を利用して借入をするのもいいでしょう。

市場価値の高い品物を持っていれば質屋に質入れすることでもお金を手に入れられますが、質流れしてしまうと回収は難しいため注意する必要があります。

必要な金額が少額という人は、リサイクルショップでの不用品売却でも数千円〜3万円ほどは調達できるでしょう。

お金を使うタイミングまである程度時間があるという方は、即日払いのアルバイトで稼げば返済の必要のないお金が手に入ります。

それぞれの方法によって特徴やメリット・デメリットは異なるため、今すぐお金が欲しいという人はぜひ自分に合った方法を実践してみてください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!