お申込み
更新 2021/05/31

お金を借りる際は適切な手段・借入先を検討すべき!借入方法6選

お金を借りる方法は大きく6つに分類される

何らかの理由でお金を借りる場合、以下のような方法が選択肢として挙げられます。

・国や自治体の制度を利用する
・銀行から融資を受ける
・信用金庫・信用組合から融資を受ける
・消費者金融から融資を受ける
・クレジットカードでキャッシングする
・質屋でお金を借りる

どのような借入方法なのか、詳細を解説していきましょう。

①国や自治体の制度を利用する

お金を借りる方法として、国やお住まいの地方自治体が取り扱う各種制度を利用する、という選択肢が挙げられます。

細かな条件は敷かれているものの、利用できれば低金利でお金を借りられる可能性があるため、まずはそちらを検討しましょう。

無利息で融資してもらえる制度もあるので、お近くの地方自治体もしくは国の公式サイトでご確認ください。

②銀行から融資を受ける

お金を借りる方法として、銀行から融資してもらう選択肢もあります。

銀行によって取り扱うサービスに差はありますが、主に以下のような金融商品が選択可能です。

1 目的型ローン
特定の用途に限定することで、比較的低めの金利でお金を借りることが可能。
(住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、ペットローン、デンタルローン等)

2 フリーローン
原則用途に縛りはなく、融資可能な金額を一括で借入。
(追加借入する場合、再度新規申込が必要です)

3 カードローン
原則用途に縛りはなく、設定された限度額の範囲内であれば何度でも借入可能。
(事業性資金としてのお借入は出来ません)

用途に応じて様々な融資サービスが用意されているので、まずはメインバンクとしてご利用になられている銀行の金融商品を確認してみると良いでしょう。

③信用金庫・信用組合から融資を受ける

お金を借りる方法として、お住いの地域にある信用金庫や信用組合から融資してもらう選択肢もあります。

信用金庫等は銀行と混同されがちですが、こちらは営利目的ではなく、地域貢献を経営理念として運営する金融機関です。

営業地域内にお住いの方、事業所を所有される方に限定されますが、よりお得な金利で融資してもらえる可能性があるため、各種サービスを検討してみると良いでしょう。

④消費者金融から融資を受ける

お金を借りる方法として、消費者金融から融資してもらう選択肢もあります。

主に「カードローン」と呼ばれる個人融資向けのサービスを取り扱っており、借入専用カードを発行し、ATMからお金を借りる流れが一般的です。

申込みの流れ

一部の消費者金融が取り扱うカードローンは融資スピードに定評があるので、お急ぎの方向けのサービスと言えるでしょう。

⑤クレジットカードでキャッシングする

お金を借りる方法として、お手持ちのクレジットカードでキャッシングする、という選択肢もあります。

クレジットカードにキャッシング機能が付帯されていれば、ATMから現金を借りることが可能です。

通常使われている「ショッピング枠」ではなく、「キャッシング枠」の範囲内でお借入できるサービスとなっていますのでご注意ください。

⑥質屋でお金を借りる

お金を借りる方法として、質屋を利用する選択肢もあります。

質屋の仕組みを簡単に解説すると、品物を預ける代わりに対価を貸付してもらい、期日までに返済すれば品物が手元に戻ってくるシステムです。

質入れの仕組み

期日までに返済できなかった場合、質屋に預けた品物が売却されることで相殺されるため、不要な私物があれば検討してみると良いでしょう。

今すぐお金を借りたい場合の対処法

「今日中にまとまったお金が必要
「すぐにでもお金を借りたい」

上記のような状況であれば、お金を借りる方法として以下2つをご検討ください。

・クレジットカードでキャッシングする
・消費者金融のカードローンで即日融資

確実にお金を借りられる訳ではありませんが、最短その日のうちに融資してもらえる可能性があります。

手持ちのクレジットカードでキャッシング

1つ目は、クレジットカードのキャッシングサービスを利用してお金を借りる方法です。

手持ちのクレジットカードに「キャッシング枠」が付いていれば、提携先のATM等ですぐに現金を融資してもらえます。

ちなみに、クレジットカードにキャッシング枠が付帯されていない場合は、カード会社に増枠申請し、再度審査を受けなければいけません。

上記手続きには1週間~1ヶ月程かかりますので、お急ぎの方はご注意ください。

消費者金融のカードローンで即日融資

2つ目は、消費者金融の取り扱うカードローンでお金を借りる方法です。

テレビCMでもお馴染みの大手消費者金融であれば、最短申し込んだその日に融資してくれます。

カード発行後にATMから借入する以外にも、指定口座へ振り込んでもらえるサービスもあるので、ご自身の状況にマッチするカードローンを選びましょう。

関連記事

即日でお金を借りるなら?すぐに借入可能な手段を比較解説

今すぐにお金が必要だけど方法が分からないという方は多くいらっしゃいます。この記事では当日中にお金を借りることができる方法を取り上げ解説しています。

お急ぎの方はアイフルにご相談ください

どうしても今日中にお金が必要な方は、アイフルの「キャッシングローン」も選択肢の一つとしてご検討ください。

WEB申込後、お電話にて急ぎの旨をお伝えていただければ、優先して審査させていただきます。

特に問題がなければ、お申込から最短25分でご融資も可能です。

「今、スグ、借りたい」という方は、以下でお急ぎ対応の流れをご確認ください。

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

利息を抑えてお金を借りたい場合の対処法

「お金を借りたいけど、利息が気になる」
「不要な出費は出来るだけ抑えたい」

上記のような状況であれば、お金を借りる方法として以下2つをご検討ください。

・生活福祉資金貸付制度を利用する
・銀行の各種ローンを利用する

クレジットカードのキャッシングサービスや消費者金融のカードローンと比べ、よりお得な金利でお借入できる可能性があります。

生活福祉資金貸付制度を利用する

1つ目に、厚生労働省の「生活福祉資金貸付制度」を利用してお金を借りる、という選択肢が挙げられます。

簡単に説明すると、生活資金でお悩みの方々に向けた国の貸付制度です。

詳細につきましては、以下をご参照ください。

【貸付対象】
・低所得者世帯:必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)
・障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者等の属する世帯
・高齢者世帯:65歳以上の高齢者の属する世帯

【貸付資金の種類】
・総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
・福祉資金
・教育支援資金(教育支援費、就学支度費)
・不動産担保生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)

【連帯保証人】
・原則必要(連帯保証人を立てない場合も貸付可能)

【貸付金利子】
・連帯保証人を立てる場合は無利子
・連帯保証人を立てない場合は年1.5%

※緊急小口資金、教育支援資金は無利子
※不動産担保型生活資金は年3%又は長期プライムレートのいずれか低い利率

銀行の各種ローンを利用する

2つ目に、銀行の各種ローンを利用してお金を借りる、という選択肢が挙げられます。

国の貸付制度には劣りますが、比較的金利が低めに設定されているので利息が気になる方は検討してみると良いでしょう。

マイホームやマイカーの購入費など、お金を借りる目的が決まっているのであれば「目的型ローン」。借入後の用途に応じた目的型ローンがない場合は、自由な用途で借りられる「フリーローン」をご検討ください。

生活費の補填など、日常的な用途でお借入される場合は、決められた限度額までなら何度でもお借入できる「カードローン」も選択肢の一つとなるでしょう。

カードローンの特徴

関連記事

カードローンの利息の計算方法を正しく理解する

カードローンの返済時には元金だけでなく利息も支払わなくてはなりません。計画的な利用をするために利息の計算方法を正しく理解することは大切です。また、計算方法と併せて利息負担を抑える方法についても解説します。

審査なしでお金を借りたい場合の対処法

「お金を借りたいが、自分のステータスに自信がない」
「金融機関の審査を通過できるか、正直不安」

お金を借りる際は、上記のような不安から「審査なしでお金を借りる方法はないのか?」と考える人もいらっしゃるかと思いますが、そういった手段はありません。

仮に、申込者に対して審査を行わず融資するような金融機関があるとすれば、それは闇金などの違法業者と考えておきましょう。

違法業者とは知らず、誤ってお金を借りてしまうと様々なトラブルに繋がりかねないため、注意が必要です。

金融機関以外での借入方法を検討すべき

銀行や消費者金融といった金融機関からお金を借りるには、必ず審査を通過しなければいけません。

何らかの理由があり、どうしても審査を通過できる見込みがないのであれば、品物を担保にお金を借りられる質屋等を検討してみてください。

状況によっては、ひとりで金銭問題を抱え込まず、親や友人・知人に相談してみましょう。

借り手のステータス別に借入方法を紹介

「学生でも借りる方法はあるのか?」
「主婦だから借りられないかもしれない」
「会社の運転資金として借入したい」

上記のように、申込者のステータスによってもお金を借りる方法は変化します。

ステータスごとに適切な借入手段を紹介するので、ご自身のステータスにマッチした方法をご確認ください。

学生がお金を借りる場合

学生がお金を借りる際は、まず「学生ローン」を検討してみましょう。親権者の同意があれば、未成年者でも融資してもらえるケースがあります。

とはいえ、学生向けのローンなので融資額はそこまで高くありません。融資してもらえたとしても10万円程度になると考えておきましょう。

関連記事

学生でもアイフルのキャッシングローンへの申込みはできる?

アイフルのキャッシングローンは、満20歳以上で自身に安定的な収入があれば、学生でも申し込みが可能です。ただし、借り入れ前には審査を受ける必要があります。

主婦(主夫)がお金を借りる場合

ご自身に全く収入のない専業主婦(主夫)の方は、配偶者の年収に応じてお借入できる「配偶者貸付」をご検討ください。

夫婦の収入の合算

毎月一定のアルバイトやパート収入がある方は、一部カードローンを使ってお借入できる可能性があります。

主婦の方向けに記事をご用意させていただきましたので、気になる方は以下もご参照ください。

関連記事

お金がない主婦の共通点と生活費が足りなくなった時の対処法

お金がない主婦の方にはいくつか共通点があります。この記事では金欠に陥りやすい原因や緊急時の対処法について解説します。

事業者がお金を借りる場合

事業者がお金を借りる際は、以下のような選択肢が挙げられます。

・日本政策金融公庫の融資制度
・事業者ローン(法人向けローン、個人事業主向けローン)

まずは国の融資制度を検討し、お借入が難しいようであれば営業地域内の銀行や消費者金融といった金融機関の事業者向けローンに目を向けてみましょう。

年金受給者がお金を借りる場合

現在、年金を受給されている方がお金を借りる場合は、「年金担保貸付制度」をご検討ください。

簡単に説明すると、年金を前借できる制度です。

年齢制限によって他ローンが組めない方でもお借入できる可能性はありますが、年金担保貸付の返済が終わるまで、一部の年金を受け取れなくなるのでご注意ください。

無職がお金を借りる場合

収入が全くない無職の方は、銀行や消費者金融といった金融機関から借入することは出来ません。

無職

該当する方は、国の「生活保護制度」や「緊急小口資金貸付」などを検討しましょう。

状況によっては法的な解決も視野に入れ、法律事務所等の無料相談サービスをご活用ください。

関連記事

無職でお金を借りる4つの方法|専業主婦や失業中の人の借入についても解説

無職で収入がまったくない方は、お金を借りる方法が限られてきます。そんな中でも「現実的に借入できる可能性がある方法」を4つ紹介します。

絶対に利用してはいけないお金を借りる方法

お金を借りる方法として、以下のような手段は絶対に利用してはいけません。

・給与ファクタリング
・SNSを用いた個人融資

いずれも法律に触れる可能性があるため、お金が必要な状況だとしても利用するのは避けましょう。

給与ファクタリング

給与ファクタリングは、勤務先から貰う予定の「給料」をファクタリング会社に売却することで、給料日前に現金化するサービスです。

ファクタリング

上記のような行為は貸金業となるため、正規の貸金業登録業者でなければ行えません。

グレーゾーンと称し、お金を借りる手段として掲載するインターネットサイトも見受けられますが、その殆どは闇金などの違法業者であるため、絶対に利用しないでください。

SNSを用いた個人間融資

最近では、TwitterなどのSNS上で個人間融資が行われる事例も発生しています。

例えば、「#個人融資」「#個人間融資」「#融資掲示板」などのハッシュタグ付き投稿等です。

これらは金銭的困窮者をターゲットにした、違法業者である可能性があるので、絶対に利用しないでください。

FAQ|お金を借りる方法について

最後に、お金を借りる方法として疑問に感じる要素をQ&A形式で紹介します。

気になるポイントがあれば、お借入の際にぜひご参考ください。

Q.生命保険の契約者貸付制度とは?

生命保険の契約者貸付制度とは、支払った保険料の一部を貸付金として引き出せるサービスです。

契約者貸付制度

こちらは貸付となりますので、返済時に金利分の利息が発生します。

すべての保険会社が取り扱うサービスではありませんので、ご検討される場合はお手持ちの保険証券を確認、もしくはご契約先にお問い合わせください。

Q.従業員貸付制度とは?

従業員貸付制度とは、勤務先の会社からお金を借りることができる制度です。

一般的な「給料の前借」とは異なり、あくまでも会社の資金から貸付する仕組みとなっているため、次月の給料が減ることはありません。

福利厚生の一環として位置づけられている制度なので、会社によっては導入されていないケースもあるため、ご検討される方はお勤め先にご相談ください。

お借入をご希望の方はアイフルにご相談ください

アイフルでは、個人融資向けに「キャッシングローン」を取り扱っております。

商品概要

■貸付利率
3.0%~18.0%(実質年率)

■遅延損害金(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)

■契約限度額または貸付金額
800万円以内
※当社ご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)

■返済方式
借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

■返済期間及び返済回数
1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合

■貸付対象者
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

■担保・連帯保証人
担保・・・不要
連帯保証人・・・不要
お借入についてお困りの方は、お気軽にアイフルへご相談ください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!