お申込み
更新 2021/07/28

即日でお金を借りるなら?すぐに借入可能な手段を比較解説

ローンの支払いや給料日前の金欠で悩んでいる人は、「今日中にでもお金を借りたいけど、方法がわからない」というケースが多いことかと思います。

まず、今申込みをはじめて当日中にお金を借りることのできる方法は決して多くはなく、その方法は以下のようなものに限定されます。

・カードローン(消費者金融)
・クレジットカードキャッシング
・学生ローン(中小消費者金融)
・質屋 ・契約者貸付

結論から言えば、上記の中で、即日で借りるのに最もおすすめの方法は「カードローン」です。

この記事では、即日融資にカードローンが適している理由やその他の方法との相違点などを比較しながら解説していきます。

カードローンとは?

まずはカードローンとはどのようなサービスなのかを簡単にご説明します。

カードローンとは、主に消費者金融や一部の銀行が提供している、無担保無保証人のローンサービスです。

カードローンの仕組み

専用のカードを使うことで、コンビニなどに設置されたATMからすぐに現金を引き出すことが可能となっています。

また、カードローンは申込みから契約までにかかる時間が非常に短く、スマホ1つでも契約が可能なため、利便性にも優れています。

関連記事

カードローンとは「もしもの備え」!仕組み・借入方法・金利について解説

カードローンはお金を借入れするためのサービスですが、もしもの備えとして利用できます。その仕組みやクレジットカードとの違い、限度額、金利など、詳しく解説します。

カードローンがすぐに借りるのに適している3つの理由

カードローンが即日でお金を借りるのに適している理由は、以下のようなものが挙げられます。

・審査時間が短い(比較的)
・家にいながらも手続きできる
・提携ATMが数多くある

上記の3つの理由を、わかりやすく解説していきます。

理由1:申込みからの所要時間が短い

カードローンがお金を即日借りるのに適している最大の理由は、申込みからの所要時間が短いという点です。

カードローンの審査時間は、大手消費者金融で30分程度、アイフルの場合は最短25分で完了します。

つまり、申込んだその日のうちに借入できる可能性が高いのです。

では、他の方法と比較した場合に、所要時間がどのくらい短いのかをご説明します。

即日で借りる方法 所要時間
クレジットカードキャッシング 数分~数十分。
ただし、カードにキャッシング機能がない場合は数日を要する。
学生ローン(中小消費者金融) おおよそ1日程。
商品によってバラつきがある。
質屋 1時間程度。ただし、店頭まで足を運ぶ必要がある。
契約者貸付 1日~2日程度。

上記の表のとおり、カードローン以外の方法では手続きに1日~2日程度はかかってしまいます。

そのため、とにかく確実にその日のうちに融資を受けたいという場合には、カードローンが有効な選択肢となるのです。

理由2:家にいながらも手続きできる

カードローンは、PCやスマートフォンさえあれば、家の中でも申込みから借入までの手続きが完了します。

先述したとおり、店頭に出向く必要があるお金の借り方は、移動時間が発生します。

都合よく近くに店舗がある場合はいいのですが、周辺に対応店がない場合には、それだけ移動に時間をとられ、当日中の借入も難しくなってしまいます。

その点、家にいながら全ての手続ができるカードローンは、即日お金を借りることにより優れている方法といえるでしょう。

理由3:提携ATMが数多くある

肝心のお金を引き出せるカードローンの提携ATMは、全国各地に設置されています。

特に大手のカードローン会社であれば、さまざまな銀行やコンビニなどと提携しているため、周辺ですぐに対応ATMを見つけることができるでしょう。

また、時間に成約はありますが、銀行口座に借りたお金を振り込んでもうら方法もあるため、その場合はATMまで出向く時間も省くことができます。

とにかく今日借りたい方は早めに申込みをする

大手の消費者金融カードローンは、申込みから審査完了までの時間が非常に短く当日中の借入も可能ですが、申込時間によっては融資が翌日以降になる場合があります。

例えばアイフルでは、審査受付時間が以下のようになっているため、受付時間外にお申込みいただくと、対応が翌営業日以降となります。

・9:00~21:00

また、受付時刻終了間際では、申込みが集中することから、対応が翌営業日になってしまう可能性もあります。

確実に当日中にお金を借りたい方は、時間に余裕を持って申込みをするようにしましょう。

アイフルなら最短25分でお借入可能

アイフルではWEBからお申込みいただくことで、最短25分の融資が可能です。

また、お申込み後に専用のフリーダイヤルまでお電話をいただければ、優先して審査を実施させていただきます。

すぐにお金を借りる方法を探している方や、どうしても今日中に借りたい方が、ぜひ一度アイフルにご相談ください。

カードローン以外の即日でお金を借りる方法

冒頭でご紹介した通り、カードローン以外にも、即日でお金を借りられる方法はあります。

「即日でお金を借りたい状況に適した選択肢」としては、カードローンが特におすすめではありますが、他の方法についても紹介しましょう。

クレジットカードキャッシング

クレットカードキャッシングとは、カードに付帯するキャッシング機能を利用して、当日中にお金を借りることができる方法です。

キャッシング機能付きのクレジットカードをお持ちの場合は、ATMなどで数分あればキャッシング枠内でお金を借りることが可能です。

ただし、キャッシング機能がないクレジットカードの場合には、新たにカード会社に機能の付帯申請をする必要があり、実際にお金を借りるまでには1週間前後はかかってしまいます。

お手持ちのカードにキャッシング機能があれば、カードローンと同じくすぐにお金を借りることができる方法ですが、ない場合には別途申請が必要などは不便に感じることもあるでしょう。

クレジットカードのキャッシングについては、より詳しい説明を以下の記事でしていますので、気になる方は合わせてご覧ください。

関連記事

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

クレジットカードのキャッシングとカードローンには明確な違いがあります。クレジットカードでは買い物と借り入れの両方ができる点が特徴ですが、カードローンは現金の借り入れに特化したサービスとなります。

学生ローン(中小消費者金融)

学生ローンとは、一部の金融機関が発行する「学生がお金を借りることのできるローン」で、即日融資も可能です。

また、ローン商品の中では例外的に、未成年でも親権者の同意があれば融資を受けることができる方法でもあります。

ただし、大手金融機関のカードローンと比較すると、審査時間は会社によってバラつきあがり、実際に融資を受けるまでは丸1日程度はかかってしまうなど、時間を重視する方にとっては少し不便な点もあります。

質屋

質屋とは、貸金業者に品物を預けて担保とすることで、お金を借りられるサービスです。

その場で持ち込んだ品物の査定をしてもらい、査定額に応じてお金を借りることができます。

質屋

ただし、査定時間は品物によって大きく変わり、1時間程度かかることもあります。また、借入可能な金額が品物の価値に依存することから、必要な分だけのお金を借りられないというリスクも考えられます。

お手元に価値のある品物がある方や、近くに店舗がある方には即日融資の方法の1つとして検討してみるのもいいかもしれません。

契約者貸付

契約者貸付とは、生命保険に加入している人が保険会社から一時的にお金を借りることができるサービスです。

ただし、契約者貸付でお金を借りるには、積み立て型・貯蓄型の保険に加入していることが前提となります。

契約者貸付には審査がないため、銀行の営業時間内であれば、最短即日でお金を受け取ることが可能。

気をつけなければならないのが、銀行の営業時間外と土日・祝日の場合、翌営業日にお金が振り込まれるという点です。

そのため、土日・祝日でも24時間融資を受けられるカードローンの商品と比較すると、融資可能な時間帯がかなり限定されます。

まとめ

この記事では即日でお金を借りることができる方法について詳しくご紹介しました。

中でも、消費者金融のカードローンは、全体として対応が早く、すぐにお金を借りたいという方に向いているローン商品です。

アイフルでも、WEBからのお申込みいただくと、最短25分で融資までご対応させていただきますので、ぜひお気軽にアイフルへご相談ください。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!