お申込み
更新 2020/9/25

お金がない…。生活に必要な資金が足りなくなる原因と対処法

急な出費でお金が無くなるのはどんな時

冠婚葬祭などの費用

急な出費の代表的なものとして知られているのが、冠婚葬祭の費用です。お世話になっている人であればあるほど、それなりの額を準備する必要があります。

結婚式ならご祝儀が必要で、友人なら3万円が相場です。近い親族や職場の人となると、それ以上のケースもあるでしょう。葬儀の香典は故人との関係にもよりますが、1万円~5万円が普通です。

そのほか、衣装代や交通費、結婚式なら二次会への参加費用なども発生する可能性があります。

予期せぬ怪我や病気などの医療費

どれだけ気をつけて生活していたとしても、予期せぬケガや病気で自分や家族が入院することもあるでしょう。 健康保険によって自己負担の割合は3割になりますが、症状や入院期間によっては自己負担が高額になることもあります。

もし「先進医療」を使った手術を受けた場合は公的な保険の対象外のため、全額が自己負担となります。体のために必要な費用なので、準備しなければならない場合がほとんどでしょう。

家電の故障や買い替え

生活に必要な家具や家電が故障してしまった場合、それが無くなっては生活に支障をきたすため、 買い替えが必要になります。主な高額家電と呼ばれるものは下記などです。

・パソコン
・冷蔵庫
・洗濯機
・ベッド
・ソファ

また、生活の中で車を使っている人は、修理や買い替えが必要担った時には大きな出費となります。

引越し費用や家賃の更新

転勤や家庭の事情などで、今の住まいから引越しする際にも、多額の費用が発生します。

引越し業者を使わずに自分で作業をおこなったり、敷金礼金のかからない物件を探したりすることで、多少の節約はできるものの、それでもある程度の出費は発生することでしょう。

また、引っ越しをしない場合でも家賃の更新料が2~3年に一度必要になります。定期的に発生するお金として、痛手と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

お金が貯まらない人の習慣

普段からなかなかお金を貯める事ができない人には、何かしらの特徴・共通点があります。ここでは代表的なものを紹介します。

固定費が家計を圧迫している

慢性的にお金がない人は、毎月決まった金額を払う「固定費」が家計を圧迫している可能性があります。

• 水道光熱費
• ガス代
• 家賃
• 生命保険・損害保険
• PC・スマートフォンの通信費

毎月の収入に対して固定費が高い人は、どうしてもお金が貯まらない傾向にあります。

無計画にお金を使っている

お金がない人は、特に計画を立てることなく「なんとなく」お金を使っている可能性があります。 本当に必要な出費でないものが積み重なってしまう人ほど、お金はなかなか貯まりません。

逆に、毎月の出費と収入をきちんと管理・把握している人ほど、お金は貯まりやすい傾向にあります。

お金を貯めるという意思が弱い

お金が貯まっている人は、「お金を月に〇円ずつ貯める」という明確な目的を持って日々を過ごしています。 反対にお金がない人の場合、お金を貯める目的がありません。

お金を貯める意思が弱いため、欲しいものがあると特に気にせずにお金を使ってしまいます。

お金について重要と感じていない

お金が貯まらない人は、お金がない現状を理解しつつも「何とかなる」と考えてしまいがちです。 お金よりも重要なものがあるという考え方をする人もいますが、生活のためにお金が必要であるのも事実です。

忙しさのあまりお金のことが後回しになってしまうのは、お金の優先順位がほかのことよりも相対的に低くなってしまっていることが原因です。

お金を貯める仕組みを作る方法

お金を貯める目的を考える

貯金を始めようと思っても、目的がないままでは漠然と貯金を繰り返すことになり、 モチベーションも上がりません。まずは、お金を貯める目的を明確にすることから始めましょう。

・年内に海外旅行へ行くために貯金する
・1年で車を買うため、月○万円ずつ貯める
・3年で住宅購入資金の頭金を貯める

上記のように、いつまでにいくらを貯めたいかを明確にすれば、逆算して毎月いくら貯金するべきかが明確になります。

給料日後に金額を決めて先に貯蓄に回す

給料を全額下ろして生活費に充て、残ったお金を貯金するやり方では毎月の貯金額がバラバラになるばかりか、貯金分が残らないことも考えられます。

貯金がなかなかできない人には「先取り貯蓄」がおすすめ。 給料の一部を先に貯金してしまい、残りのお金で生活するという方法です。

給与口座から毎月決まった日に引き落としをかける設定にしておくことで、半ば強制的にお金を貯めることができるようになります。 残ったお金で生活費のやりくりをするという癖をつけられればベストです。

家計簿で日々の出費を管理する

できるだけ多くのお金を残すためには、支出を徹底的に見直すことが先決です。そのために、家計簿を有効に活用しましょう。

家計簿を継続的につけることで、毎月のお金の流れが分かるようになり、必要な出費と不要な出費の区別がつけられるようになります。

ここ最近では、手書きの家計簿でなくスマートフォンの家計簿アプリなども非常に便利です。 口座情報と紐づけしておくことで、自動的に入出金の情報が家計簿アプリに入力されます。

趣味や娯楽費の上限基準を設ける

自身の趣味や娯楽に使っているお金は誰しもあることでしょうが、その上限額を設定するのも手段の1つです。

交際費・服飾小物・オンラインゲームや動画視聴などの課金サービス・飲食代・趣味のグッズ等、好きなものにお金を欠けすぎてしまう事で、生活費が削られてしまうケースは多々あります。

1ヶ月に使っていい金額の上限を決めることで、趣味を楽しみながら貯金ができます。

固定費を削減して支出を減らす

節約するなら食費などの変動費のほかに、固定費の見直しを併せて行いましょう。 固定費は毎月必ず発生するもので、かつ1回の支払いが高額なため、見直しによる効果が大きくなります。

・スマートフォンの月額料金
・電気・水道などの光熱費
・インターネットの通信費
・保険商品の月額費用
・車の維持費 など

これらの毎月の費用を見直すことで、毎月の支出を抑えられる可能性があります。

収入を増やす

支出の見直しには限界があるため、切り詰めるところがなくなったら収入を増やすという選択肢も視野に入ります。

• 高収入の仕事への転職
• 残業を増やす
• 副業を始める

現在のライフスタイルにより、現実的でないものもあるかもしれませんが、検討できる余地があれば積極的に考えたい所です。 現在は副業や転職もインターネット上に情報が溢れていますので、長期的な収入増を目指すなら考えてみてはいかがでしょうか。

急な出費でどうしてもお金がない時の対処法

日払いのアルバイトをする

お金が必要なタイミングまで数日の時間があれば、日払いのアルバイトができるか検討しましょう。

日払いアルバイトの中には、その日にお金がもらえる「即日払い」の仕事があります。今日明日にお金が必要という場合には、有効な手段となります。

不用品を売却してお金に換える

街中にあるリサイクルショップに持ち込めば、持参した商品によってはお金に換えることができます。 衣類、装飾品、バッグなど、物によっては数万円の値段がつくものもあります。

また、ここ最近ではインターネット上で物を売ることができるアプリも多く存在します。 出品や発送を自身で行う必要はあるものの、効率よく活用することでお金が手に入ります。

カードローンの利用を検討する

急ぎでお金が必要な場合は、一時的な対応策としてカードローンも選択肢に入ります。アイフルをはじめとする消費者金融のカードローンでは、 最短で申込をした日のうちにお金を借りることができて、初めての方なら最大30日間は利息が発生しません。

定められた限度額までなら自由に借入/返済ができるため利便性は高いのですが、カードローンで借りたお金には金利による利息が発生します。 「返済シミュレーション」を活用して、完済までの計画をきちんと立ててから申込をする必要があります。

お金がない人ほど日常生活の見直しを

冠婚葬祭や各種税金、医療費など、いつ大きな出費があっても良いように計画的な貯蓄をしていくことが大切になります。

お金がない人ほど普段の生活を見直し、支出の無駄を徹底的に洗い出して貯金ができる家計を目指していきましょう。

※お申込み時間帯により、翌日以降になる場合があります。
※ご連絡の時間帯によっては、お急ぎのご融資の希望に添えない場合がございます。

今すぐお申込み お急ぎの方にもすぐ対応!