派遣社員もカードローンを利用できる?注意すべき4つのポイントを詳しく解説

鞄を持っている男性

派遣社員もカードローンを利用できるのか不安な方もいると思いますが、派遣社員の方もカードローンを利用することは可能です。ただし、派遣社員の方がカードローンに申込む場合、申込みや審査にあたり注意するべきポイントがいくつかあります。

申込みや審査のポイントを事前に理解しておくことで、スムーズにカードローンを利用できる可能性が高くなります。この記事では、派遣社員の方がカードローンを利用するにあたり、注意するべき点について詳しく解説します。

派遣社員もカードローンは利用可能

派遣社員の方でも、カードローンごとに設けられている申込基準を満たせばカードローンに申し込めます。例えば、アイフルでは「満20歳以上69歳までの方」、「定期的な収入と返済能力を有する方」であれば申込可能です。

しかし、派遣社員の方は仕事によって勤務先が変わることがあるため、申込時に「勤務先や電話番号などは派遣元と派遣先、どちらを申告するべきか」などの疑問を持つことも多いでしょう。

続いて、派遣社員がカードローンを申込む際のポイントについて解説していきます。

派遣社員がカードローンに申込む際の4つのポイント

チェックされた文書

派遣社員として働いている方がカードローンに申込む際に以下の4つのポイントに注意しましょう。

申込む際の4つのポイント


  1. ・派遣会社に登録するだけでは申込めない
  2. ・「派遣元」を勤務先として申告する
  3. ・電話での「在籍確認」に備える
  4. ・収入証明書を準備しておく

それぞれについて詳しく解説していきます。

①派遣会社に登録するだけでは申込めない

カードローンは申込みにあたり「安定した収入」が必要です。

派遣社員としてカードローンに申込む場合、派遣会社に登録するだけではなく、勤務先を紹介してもらい勤務を開始してから申込みましょう。勤務を開始し、収入を得ている状態であればカードローンに申込むことができます。

②「派遣元」を勤務先として申告する

カードローンは申込時に会社の所在地や電話番号といった勤務先の情報を申告する必要がありますが、派遣社員の方は派遣元の情報を申告しましょう。派遣社員の方が雇用契約を結んでいるのは派遣元のため、派遣社員の勤務先は派遣元の会社となります。

③電話での「在籍確認」に備える

カードローンでは審査の際に、申込者が申告した勤務先で本当に働いているどうかを確認する「在籍確認」がおこなわれます。一般的なカードローンでは、在籍確認は勤務先への電話によっておこなわれます。

派遣社員の場合、前述のとおり勤務先情報は派遣元を申告する必要があるため、在籍確認も派遣元の会社に対しておこなわれます。ただし、申込者の名前を把握していない派遣元の電話担当者が対応する可能性があるため、注意が必要です。

そのため、事前に派遣元の電話担当のスタッフに相談したり、自分の勤務状況をカードローン会社に相談するなどの対策をとりましょう。

もしくは、電話による在籍確認がないカードローンを利用するという選択肢もあります。アイフルの場合、原則として電話での在籍確認なしで審査を進めるため、派遣社員の方でも在籍確認をスムーズに進められる可能性が高くなっています。

④収入証明書を準備しておく

カードローンの審査では、申告内容を確認するために「本人確認書類」の提出を求められますが、本人確認書類に加え、「収入証明書」の提出を求められるケースがあります。

例えばアイフルでは、下記のいずれかに該当する場合に収入証明書の提出を求められます。

収入証明書の提出が必要な場合


  1. ・アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  2. ・アイフルの利用限度額とほかの貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
  3. ・就業状況の確認など、審査の過程で提出が必要となった場合

提出が必要となった場合に、アイフルで収入証明書として認められる主な書類は以下のとおりです。

収入証明書として提出できる主な書類


  1. ・源泉徴収票
  2. ・住民税決定通知書
  3. ・給与明細書(※1)
  4. ・確定申告書
  5. ・所得証明書

収入証明書として認められる書類は、カードローン各社によって異なります。審査をスムーズに進めるためにも、あらかじめ提出できる収入証明書を把握し、準備しておくことをおすすめします。

(※1)給与明細書は直近2ヶ月分が必要になります。住民税の記載がある場合、直近1か月分のみで可となることもあります。また、賞与支給のある方は、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も、給与明細書と合わせて提出します。

派遣社員がカードローンの審査に落ちる原因

文書をチェックしている

一般的にカードローンの審査を通過できなかった場合、その理由は申込者に通知されることはありません。しかし、審査に落ちる原因となる要素を把握しておくことで、申込前に対策が可能となります。

そこで、ここからは派遣社員の方がカードローンの審査に落ちる原因や理由について解説していきます。カードローンへの申込みを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

申込内容に誤りがある

カードローンに申込む際に、申告内容に誤りがあると審査に落ちる原因となります。

住所や年収、勤務先の情報など申込時に申告する内容は、書類確認や在籍確認によって事実確認がおこなわれます。そのため、申告内容が誤りがないように、ひとつずつ確認しながら入力しましょう。

また、審査通過を目的とした虚偽情報の申告は絶対にしてはいけません。

一度に複数のカードローンに申込んでいる

カードローンへの申込みは「信用情報」として信用情報機関に記録され、最大6ヶ月間にわたって登録されます。そのため、カードローン会社は審査時に申込者の信用情報を参照し、他社カードローンへの申込みがおこなわれているかを確認することができます。

複数のカードローンへ申込んでいる情報が登録されていた場合、返済能力を疑われ審査に影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。短期間で複数のカードローンへの申込みを検討している方は、商品の詳細を比較するなど、申込先を最低限に抑えておきましょう。

「総量規制」に抵触する借入れを申込んでいる

「総量規制」とは、消費者の過度な借入れから守るために、年収の3分の1を超える貸付けを原則禁止する規制のことを指します。消費者金融や信販会社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠は「総量規制」の対象となるため、利用時には注意が必要です。

現在利用中のクレジットカードのキャッシング枠や、他社カードローンを含め、年収の3分の1を超える借入になる場合は総量規制に抵触するため、審査に通過できません。カードローンの申込みによって、総量規制に抵触する懸念がある場合、審査を通過できない可能性があることを理解しておきましょう。

信用情報に延滞などの記録がある

クレジットカードの支払いや他社カードローンの返済において、一定期間にわたる延滞をおこした場合、その事実が信用情報に記録される可能性があります。

前述のとおり、カードローンの審査では、申込者の信用情報が照会されます。信用情報に延滞などの記録がある場合も、審査に影響を及ぼす可能性があります。

利用中のクレジットカードやカードローンがある場合、新規の申込みに影響を及ぼさないためにも、月々の支払いを滞りなくするようにしましょう。

派遣社員の方はポイントを押さえてカードローンへ申込もう

カードローンは安定した収入がある方であれば申込めるので、正社員だけでなく、派遣社員の方でもカードローンへの申込みができます。ただし、派遣会社に登録するだけではなく、派遣先で勤務を開始してから申込む必要があります。

また、「収入証明書を用意する」や「在籍確認の準備をしておく」、「総量規制に注意する」など、申込みや審査におけるポイントを把握しておけば、よりスムーズに申込手続きを進めることができます。カードローンが持つ審査スピードのはやさという利点を生かすためにも、記事内で解説した4つのポイントをふまえて、申込前にあらかじめ準備をしたうえでカードローンへ申込むことをおすすめします。

アイフルについてアイフルは、カードローン・キャッシングローン・かりかえMAX・おまとめMAX・事業サポートプラン・SuLaLi・ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまなご融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマートフォン、ケータイ、店頭窓口、ATM、コンビニなどで、ご融資・ご返済が可能です。貸付条件の確認をし、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー