カードローンの仮審査とは?本審査との違いや注意点についても解説

ローン承認の印

カードローンを利用する際には、カードローン各社が規定する審査に通過する必要があります。審査基準や確認される項目は各社で異なりますが、なかには審査を「仮審査」と「本審査」の2つに分けているカードローン会社も存在します。

本記事では、仮審査では何がおこなわれるのか、本審査とはどのような違いがあるのか、仮審査と本審査に審査を分けることでどのような利点があるのかを解説していきます。カードローン会社への申込みを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンの仮審査とは

カードローンの審査時には、さまざまな確認作業がおこなわれます。すべての確認をまとめて「審査」と呼びますが、一部のカードローンでは審査を「仮審査」と「本審査」という2つの過程に分けています。

カードローン会社によっては、申込みフォームに記載された内容を点数化し、機械を使って合計得点で判別するスコアリングや、申告された個人情報を機関に照会する過程などをまとめて「仮審査」と呼ぶ場合があります。

いっぽう、申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているのかを確認する在籍確認や、申込みフォームや提出書類の内容でカードローン会社側が気になる部分について問い合わせる過程などは「本審査」と呼ばれることがあります。

仮審査と本審査に分けていないカードローンでは、すべての過程が終わってから審査結果が知らされることが一般的です。しかし、仮審査と本審査を分けて実施するカードローンでは、仮審査終了時点で一度、審査結果についての連絡がおこなわれます。

仮審査は審査結果をはやめに把握できる

仮審査では、スコアリングや信用情報照会などの機械で自動対応できるチェックがおこなわれます。そのため、審査に時間があまりかからず、短時間で結果を回答することも可能です。

反対に、本審査では、在籍確認や申告情報の確認などの機械化できない過程がおこなわれます。仮審査と比べて時間と手間がかかることが多く、融資の可否や契約条件などが申込者個人に合わせて決められます。

仮審査と本審査に分けないカードローンの場合は、申込者は審査のすべての過程が終了するまで融資が可能なのかを知ることができません。しかし、仮審査と本審査を分けて実施するカードローンなら、仮審査が終了した時点で審査に落ちたことを把握できるので、はやめに次の行動へ移ることができます。

また、仮審査の時点で融資不可という判断に至った場合、在籍確認など審査において時間が必要となる過程を省略できます。審査を仮審査と本審査の2つに分けることは、申込者の手間を減らし、審査回答を待つ時間を短縮できるメリットがあります。

カードローンの申込みは信用情報機関に記録される

電卓を打ちながらノートを書いている様子

仮審査も審査の一部であるため、信用情報機関にはカードローンへ申込んだという事実が記録されます。そのため、「仮」とは名前がついていますが、十分に検討したうえで申込むことをおすすめします。

信用情報機関に記録された申込情報は、ほかのカードローンやクレジットカード会社へ申込んだ際などに照会されます。短期間に複数のカードローンやクレジットカードへ申込んだ場合には、返済能力を疑われる可能性があります。

短期間での複数社への申込みは、カードローンの審査結果に影響が出る可能性があります。本当に借りたいカードローン会社を1社、ないしは2社程度に絞ってから、申込むようにしてください。

借りるか悩んでいる方は仮審査ではなく簡易審査を利用する

仮審査は短時間で結果がわかることが多いため、単に「融資を受けられるのか知りたい」と考えている方も、仮審査への申込みを検討されているかもしれません。

しかし、前述のとおり仮審査申込みの手続きをおこなうと「カードローンに申込んだ」という履歴が信用情報機関に残るため、別のカードローンの審査やクレジットカードの審査に影響をおよぼす可能性があります。

審査を通過できるか簡単に知りたい方は、仮審査に申込むのではなく、カードローン各社が公式サイトで提供する「簡易審査」や「借入診断」を利用して調べてみましょう。アイフルでは「1秒診断」を提供しており、4つの項目を入力することで融資可否の目安をわずかな時間で確認することができます。

もちろん、「簡易審査」や「借入診断」はあくまで借入れの目安となる診断であるため、何度利用しても信用情報機関に記録されることはなく、ほかのカードローン審査やクレジットカード審査に影響を与えることもありません。

また、簡易審査や借入診断を実施してから正式な申込みをおこなうことで、審査落ちのリスクも軽減できます。利用を検討しているときは、ぜひ簡易審査・借入診断を試してみましょう。

カードローンの融資可否を決定するのは仮審査ではなく本審査

ローンと書かれた袋

仮審査を通過したとしても、その後の本審査を通過できず借入れができないケースがあります。融資の可否や利用限度額を決定するのは、仮審査ではなく本審査と呼ばれる最終確認の過程だからです。仮審査に通過した際には、「もうすぐ融資を受けられる」と考えるのではなく、引き続き実施される本審査に向けた準備をしていきましょう。

例えば本審査のなかでおこなわれる在籍確認は、カードローン会社から勤務先に電話をかけて実施されることがあります。夜間や土日の申込時には、勤務先に人がいないために電話による在籍確認が完了できない可能性があります。

夜間や土日祝日にカードローンに申込み、当日中に審査を完了させたい方は、仮審査が完了した時点で勤務先への電話以外の方法で在籍確認をおこなえないか、カードローン会社に相談しておくようにしましょう。

仮審査について理解した上でカードローンへ申込もう

審査を仮審査と本審査の二段階に分けている場合は、仮審査に通過し、なおかつ本審査を通過しなければ融資を受けることはできません。しかし仮審査も審査過程の一環であるため、申込情報が信用情報機関に記録されます。別のカードローンの審査やクレジットカードの審査に影響を与える可能性もあるので、よく吟味してから仮審査に申込むようにしましょう。

借りるかどうかを悩んでいるときは、仮審査ではなくカードローン会社などのホームページで公開されている簡易審査や借入診断などを利用することがおすすめです。簡易審査、借入診断はあくまで融資可否の目安であり「審査」ではないため、信用情報機関に記録されることがなく、ほかの審査に影響を与えることもありません。

カードローンの融資可否の目安になるので、審査落ちの可能性を減らすためにも、ぜひ申込みの前にチェックするようにしましょう。

アイフルについてアイフルは、カードローン・キャッシングローン・かりかえMAX・おまとめMAX・事業サポートプラン・SuLaLi・ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまなご融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマートフォン、ケータイ、店頭窓口、ATM、コンビニなどで、ご融資・ご返済が可能です。貸付条件の確認をし、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー