カードローンは免許証なしでも利用できる?申込時に提出できる書類を徹底解説!

免許証を確認する女性

カードローンに申込む際は、本人確認書類の提出が必要です。本人確認書類として用いられることの多い書類としては「運転免許証」が挙げられますが、なかには「運転免許証を持っていないけどカードローンは利用できるのか」という疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、運転免許証なしでカードローンを利用できるのかについて、カードローンの申込時に必要となる本人確認書類の種類、収入証明書の提出が必要なケースなどについてご紹介します。

カードローンは運転免許証なしでも申込める

本人確認書類の提出が必要な場面では運転免許証がよく用いられますが、カードローンは運転免許証がなくても申込めます。

そもそも、運転免許証はあくまで「本人確認書類の種類のひとつ」であり、運転免許証を持っていなくても、運転免許証以外の本人確認書類を提出できれば問題ありません。

ただし、本人確認書類を提出せずにカードローンに申込むことはできません。申込時には、申込先のカードローン会社が有効としている本人確認書類を提出する必要がある点は覚えておきましょう。

運転免許証の代わりに提出できる本人確認書類

チェックが入ったドキュメント

運転免許証以外の本人確認書類を提出すればカードローンに申込めますが、具体的にはどのような書類を提出すればよいのでしょうか。

ここでは、アイフルの「キャッシングローン」に申込む場合を例にして、運転免許証以外の有効な本人確認書類についてご紹介します。

アイフルの「キャッシングローン」に申込む場合は、「顔写真の送付ができるか」、「無人契約ルームからの申込みか」などの条件に応じて、必要となる本人確認書類が異なります。

WEB申込時に顔写真を送付できる場合や、無人契約ルームから申込む場合には、下記の「顔写真つき本人確認書類」1点とスマートフォンのカメラ機能や無人契約ルームで撮影した顔写真を提出すれば申込可能です。

顔写真つき本人確認書類として提出できるもの


  1. ・運転免許証
  2. ・運転経歴証明書
  3. ・住民基本台帳カード
  4. ・個人番号カード(表のみ)
  5. ・在留カード
  6. ・特別永住者証明書

また、上記の書類が手元にない場合でも、銀行口座情報の入力による本人確認にも対応しています。

いっぽう、「顔写真を送付できない場合」または「顔写真つき本人確認書類を用意できない場合」は、下記の「本人確認書類」から2点を提出するか、書類1点に加え、公共料金領収書、国税・地方税の領収書、納税証明書のいずれか1点の提出が必要となります。

本人確認書類として提出できるもの


  1. ・各種保険証
  2. ・パスポート(※所持人記入欄があるもの)
  3. ・国民年金手帳
  4. ・母子健康手帳
  5. ・住民票
  6. ・戸籍謄本
  7. ・住民票記載事項証明書

ちなみに、上記の書類2点を提出した後は、アイフルから後日自宅に送付される簡易書留を受け取る必要があります。

書留が自宅に到着していない段階でも借入れは可能ですが、書留を受け取らずにアイフルに返送された場合は、融資が止まってしまう可能性があるので注意してください。

書類に記載されている住所情報にも注意

本人確認書類を提出する際は、記載されている住所が最新のものかどうかを確認しておきましょう。本人確認書類に記載の住所が申込時に申告した住所と異なる場合、現住所が記載されている書類を2点追加して提出する必要があります。

なお、現住所が記載されている書類を2点提出する場合は、「本人確認書類(旧住所)+住民票(現住所)+各種保険証(現住所)」などのように、上記で紹介した表のなかにある書類から選んでください。

現住所が記載されている書類を2点追加して提出した後は、アイフルから送られてくる簡易書留を受け取ることで本人確認を完了できます。

本人確認書類以外の書類の提出が必要になるケース

カードローンに申込む際は、本人確認書類以外にも収入証明書の提出が必要となるケースがあります。アイフルで収入証明書の提出が必要となるのは、次の3つのいずれかに該当する場合です。

収入証明書の提出が必要となるケース


  1. ・アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  2. ・アイフルの利用限度額とほかの貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
  3. ・就業状況の確認など、審査の過程で提出が必要と判断された場合

上記のとおり、収入証明書の提出が必要かどうかは借入金額によっても左右されますが、借入金額にかかわらず、審査の過程でカードローン会社から提出を求められる可能性もあります。

スムーズに手続きを進めたい方は、あらかじめ収入証明書を手元に用意した状態で申込むとよいでしょう。

カードローンへの申込時に提出できる収入証明書

それでは、収入証明書の提出が必要になった場合、どのような書類を提出すればよいのでしょうか。ここでは、アイフルを例にカードローン申込時に提出できる主な収入証明書の種類をご紹介します。

アイフルへ提出できる主な収入証明書


  1. ・源泉徴収票
  2. ・住民税決定通知書
  3. ・給与明細書(※1)
  4. ・確定申告書
  5. ・所得証明書

なお、上記の収入証明書の種類はあくまで「アイフルの場合」です。カードローン会社によっては、有効な収入証明書の種類が異なる可能性があるので注意してください。

(※1)給与明細書は直近2ヶ月分が必要になります。住民税の記載がある場合、直近1か月分のみで可となることもあります。また、賞与支給のある方は、1年以(夏・冬・各々)の賞与明細書も、給与明細書と合わせて提出します。

免許証がない場合は保険証や個人番号カードでカードローンに申込もう

受付でカードを渡す人

カードローンは運転免許証がなくても、本人確認書類として保険証や個人番号カードなどを提出すれば申込むことができます。

しかし、提出できる本人確認書類は、カードローン会社によっても異なるので注意してください。申込む際は、どんな書類が必要になるのかを事前に確認したうえで申込みましょう。

アイフルについてアイフルは、カードローン・キャッシングローン・かりかえMAX・おまとめMAX・事業サポートプラン・SuLaLi・ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまなご融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマートフォン、ケータイ、店頭窓口、ATM、コンビニなどで、ご融資・ご返済が可能です。貸付条件の確認をし、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー