カードローンの審査時間はどのくらい?はやめに回答連絡を受ける方法もご紹介

時計

カードローンに申込むと、返済能力を確認するための審査がおこなわれます。

「融資を急いでいる」などの事情がある場合、なるべく審査時間は短縮したいところです。 例えば、申込む時間帯に気を付けたり、審査時間を短縮できるサービスを活用したりすることで、 審査時間を短縮できる可能性があります。この記事では、カードローンの審査にかかる時間や、審査時間を短縮する方法についてご紹介します。

カードローンの審査時間はさまざまな要因に左右される

お金を数えている

カードローンの申込時には、申込者の返済能力を確認するための審査がおこなわれますが、審査にかかる時間はさまざまな要因に左右されます。

例えば、申込者の状況や申込先、申込みの混雑状況などによっても審査時間は変化します。

そのため、「必ずこの時間内に審査を完了できる」といった目安はありません。

カードローン会社の「最短審査回答時間」について

カードローン会社では、「最短審査回答時間」を挙げているケースがあります。カードローンを検討する際に、この項目に注目して申込先を検討している方もいるのではないでしょうか。

「最短審査回答時間」はあくまで「最短でこの時間内に審査を完了できる可能性がある」目安であり、「必ずこの時間内に審査を完了できる」時間ではない点に注意が必要です。

もちろん、審査をはやく完了させたい方にとって重要な目安となることは間違いありませんが、その時間内に審査を完了できるとは限らない点に注意しましょう。

金融機関ごとの「最短審査回答時間」の傾向を比較

一部のカードローン会社が挙げている「最短審査回答時間」は、銀行や消費者金融など、金融機関ごとにある程度の傾向があります。それぞれの傾向を比較した結果をご紹介します。

各金融機関が挙げている「最短審査回答時間」の傾向

金融機関 「最短審査回答時間」の傾向
消費者金融 最短30分〜即日
銀行 最短翌営業日〜数日
信販会社 最短即日〜数日

消費者金融は過去の取引内容を活かしたデータベースを用いて、独自のスコアリングシステム(自動与信審査システム)を活用し、スピーディーな審査回答に努めています。そのため「最短審査回答時間」も比較的はやい傾向があります。

いっぽう、銀行カードローンは審査時に警視庁のデータベースへ情報を照会しているため、審査の回答を受けられるのは最短でも翌営業日です。

また、信販会社は会社ごとに審査時間に差がありますが、最短で当日中に審査の回答が可能な会社もあります。

このように、「最短審査回答時間」の傾向は各金融機関で異なりますが、比較的はやい傾向があるのは消費者金融です。融資を急いでいる方は優先的に消費者金融の利用を検討するとよいでしょう。

カードローンの審査時間を短縮する4つの方法

4つの星

カードローンの審査時間はさまざまな要因によって左右されますが、自身の工夫次第では審査時間を短縮できる可能性があります。主な方法としては以下の4つです。

カードローンの審査時間を短縮する方法


  1. ·書類に不備がないようにカードローンに申込む
  2. ·平日の昼間までに申込む
  3. ·優先的に審査を進めてくれるサービスを利用する
  4. ·在籍確認に対応できるようにしておく

それぞれの方法について詳しくご紹介していくので、審査時間を短縮させたい方は参考にしてみてください。

①書類に不備がないようにカードローンに申込む

カードローンに申込む際は、提出する書類に不備がないかをしっかり確認したうえで申込むようにしましょう。

提出した書類に不備があるとカードローン会社が申込者の情報を把握できず、審査が滞ったり、再提出を求められたりする可能性があります。再提出や確認に時間がかかると、それだけ審査が完了するまでに時間がかかってしまいます。

審査をスムーズに進めるためにも、書類に不足がある、写真が鮮明でないなど、提出する書類には不備がないように注意しましょう。

②平日の昼間までに申込む

審査時間を短縮させたい場合は、カードローンに申込むタイミングにも注意してください。申込みが混雑している場合、審査回答時間内の申込みであっても審査結果の連絡が翌日以降になる可能性があります。申込みが混雑しない傾向がある平日の午前中や昼間など、はやめの申込みを心がけることが大切です。

平日昼間は仕事がある方など、昼間に店舗へ足を運ぶことが難しい方は、アイフルなどの一部のカードローンがおこなうWEBサイトからの申込みを活用しましょう。アイフルではWEBサイトから申込めるだけでなく、申込みから借入れまでをWEB上でおこなえる「WEB完結」にも対応しています。

③優先的に審査を進めてくれるサービスを利用する

カードローンの審査時間をはやめるには、優先的に審査を進めてくれるサービスを利用するのもひとつの方法です。

アイフルをはじめとした一部の消費者金融では、融資を急いでいる方に向けて優先的に審査を進めてくれるサービスを提供している場合があります。

例えば、アイフルでは申込後にフリーダイヤルへ連絡することで、優先的に審査を開始できるサービスを提供しています。ただし、深夜や早朝など、電話窓口が対応できない時間帯があるため、可能な限りはやめの申込みを心掛けるようにしましょう。

④在籍確認に対応できるようにしておく

カードローンの審査時には、申込者が申告した勤務先で働いているかどうかを確認する「在籍確認」がおこなわれます。在籍確認が終わらないと審査が完了しないため、審査をスムーズに進めたい場合は、在籍確認に対応できるようにしておきましょう。

在籍確認がおこなわれる際には、カードローン会社から勤務先に電話がかかってくることがありますが、必ずしも自分が電話に出る必要はなく、勤務していることが確認できれば在籍確認は完了します。

例えば、自分以外の社員が電話に出たとして、申込者の在籍を問われた際に「現在外出中です」などのように在席が確認できるような応対がおこなわれれば在籍確認は完了します。ただし、申込者が勤務していることを把握していない社員が対応する場合、在籍確認が完了できない可能性もあるので注意しましょう。

在籍確認を完了させるためにも、申込時に申告する勤務先の番号は、自身が電話に応対できる内線番号や、自身が勤務していることを把握している方が応対できる電話番号を申告するのがおすすめです。

なお、電話応対が難しい場合は、アイフルをはじめとした原則電話での在籍確認なしで審査を進められるカードローンを利用するという方法もあります。

審査時間がはやいカードローンを利用したい場合は消費者金融を利用しよう

カードローンの審査時間は、申込先や申込んだ時間帯などによって異なります。なかには最短で当日中の審査回答に対応しているカードローンもありますが、あくまで「最短の場合」なので、確実に当日中に審査が完了するわけではありません。

カードローンを利用する際は、時間に余裕を持ってはやめに申込むようにしましょう。可能であれば、お金が必要になった時点での申込みがおすすめです。

また、審査時間がはやいカードローンを利用したい場合は、消費者金融の利用を優先的に検討しましょう。消費者金融はほかの金融機関に比べて「最短審査回答時間」がはやい傾向があるので、急ぎの融資が必要な場面に適しています。

アイフルについてアイフルは、カードローン・キャッシングローン・かりかえMAX・おまとめMAX・事業サポートプラン・SuLaLi・ファーストプレミアム・カードローンなどさまざまなご融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマートフォン、ケータイ、店頭窓口、ATM、コンビニなどで、ご融資・ご返済が可能です。貸付条件の確認をし、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー