カードローンの利用は住宅ローンの審査に影響する?それぞれの関係性も解説!

ATMを利用している女性

住宅ローンはマイホームの購入やリフォームをする際に便利なローン商品ですが、利用するには審査に通る必要があります。なかには「カードローンを利用していることが住宅ローンの審査に影響しないか心配」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、カードローンの利用状況が住宅ローンの審査に及ぼす影響や、住宅ローンの審査で重要となる要素などについても解説していきます。

カードローンの利用状況によっては住宅ローンの審査に影響する

お金の知識

カードローンの返済を延滞したことがあったり、年収に見合っていない金額を借りていたりなど、カードローンの利用に問題がある場合、住宅ローンの審査に影響を及ぼす可能性があります。

カードローンの申込履歴や利用状況は、信用情報機関に記録されています。住宅ローンの申込時におこなわれる審査で、申込者の信用情報が信用情報機関に確認されます。

つまり、カードローンの利用状況は、審査の際に住宅ローンを提供している会社に把握されている可能性が高いということです。カードローンの利用状況に問題があると、返済能力を疑われ、住宅ローンの審査に通過できない可能性があります。

住宅ローンの審査を受ける際は、カードローンの借入金額や返済状況など、具体的な利用状況をしっかり把握しておくことが大切です。

カードローンの利用に関する信用情報は開示できる

お金とカードを持って微笑む女性

カードローンを利用する方のなかには、「カードローンの利用状況を把握できていないので不安」という方もいるのではないでしょうか。

そのような場合には、自身の返済や借入れなどの取引に問題がないかが記録されている「信用情報」を確認してみましょう。自身の信用情報は、情報開示の手続きをすることで確認できます。

信用情報は「CIC」、「JICC」、「KSC」の3つの信用情報機関に保存されており、それぞれ以下の金融機関が属しています。

それぞれの信用情報機関に属している主な金融機関

信用情報機関の種類 属している主な金融機関
CIC
(シー・アイ・シー)
  • ・クレジット会社
  • ・リース会社
  • ・保険会社
  • ・保証会社
  • ・銀行
  • ・消費者金融会社
  • ・携帯電話会社など
JICC
(日本信用情報機構)
  • ・消費者金融会社
  • ・クレジット会社
  • ・信販会社
  • ・金融機関
  • ・保証会社
  • ・リース会社など
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
  • ・銀行
  • ・信用金庫
  • ・保証会社
  • ・協同組合など

上記のとおり、3つの機関に属している金融機関はそれぞれ異なります。信用情報を確認する際は、利用している金融機関が属している信用情報機関へ情報開示の手続きをしましょう。どこの信用情報機関に登録されているかは利用しているカードローンやクレジットカードの利用規約で確認することができます。

なお、情報開示の手続きをする方法は各信用情報機関で異なります。ここからは、それぞれの信用情報機関で情報開示の手続きをする方法をご紹介します。

CICが保有する信用情報の開示方法

CICが保有する信用情報は、「インターネット」、「郵送」、「窓口」のいずれかの方法で情報開示の手続きができます。以下の書類や手数料が必要となるので事前に準備しておきましょう。

情報開示の手続きをする際に必要となる書類・手数料

手続きの方法 必要な書類(本人が申込む場合) 手数料(税込)
インターネット ・本人確認書類 ・1,000円(CICが指定するクレジットカードにて決済)
郵送
  • ・信用情報開示申込書
  • ・本人確認書類
・1,000円(クレジットカード、定額小為替証書で決済)
窓口(※1) ・本人確認書類 ・500円(窓口にて現金で決済)

JICCが保有する信用情報の開示方法

続いて、JICCが保有する信用情報の開示方法をご紹介します。

JICCの保有する信用情報は、「スマートフォン」、「郵送」、「窓口」にて情報開示の手続きができます。必要な書類や手数料については以下のとおりです。

情報開示の手続きをする際に必要となる書類・手数料

手続きの方法 必要な書類(本人が申込む場合) 手数料(税込)
スマートフォン ・本人確認書類 ・1,000円(クレジットカードやコンビニ、ATMなどで決済)
郵送
  • ・信用情報開示申込書
  • ・本人確認書類
・1,000円(クレジットカード、定額小為替証書で決済)
窓口(※1) ・本人確認書類 ・500円(窓口にて現金で決済)

(※1) 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、窓口での手続きは当面の間休止されています。

KSCが保有する信用情報の開示方法

KSCが保有する信用情報を開示する方法は「郵送」のみとなっています。ほかの信用情報機関のように、インターネットや窓口での手続きには対応していないので注意してください。

なお、本人が郵送で情報開示の手続きをする場合は、以下の書類・手数料が必要になります。

情報開示の手続きをする際に必要となる書類・手数料(本人が申込む場合)


  1. ・開示請求申込書
  2. ・ゆうちょ銀行発行の1,000円分(税込)の定額小為替証書
  3. ・本人確認資料(2点)

信用情報機関に延滞記録が登録される期間

スクリーンを眺める男性

カードローンの返済期日までに返済ができず、61日以上または3ヶ月以上が経過した場合、「延滞」の情報が信用情報に登録されることがあります。延滞情報が登録されている場合、審査に悪影響を及ぼす可能性があるため、カードローンの返済が長期間にわたり遅れてしまったことがある方は注意が必要です。

なお、延滞の記録が登録される期間は、各信用情報機関が以下のように定めています。

延滞の記録が登録される期間

信用情報機関の種類 延滞の記録が登録される期間
CIC 契約期間中および契約終了後5年以内
JICC 契約継続中および契約終了後5年以内
KSC 契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間

上記のとおり、各信用情報機関では延滞の記録を最大で5年間は登録しています。

この期間内に延滞をした経験がある方は、まずは信用情報の開示手続きをして延滞の記録が登録されているかどうかを確認したうえで、住宅ローンへの申込みを検討しましょう。

住宅ローン審査ではカードローンの利用状況以外の要素も重要です

!マークの三角標識

住宅ローンの審査に落ちてしまった場合、一般的に審査に落ちた理由は通達されないため、カードローンを利用している場合は「カードローンの利用状況が原因で審査に落ちた」と考えがちです。

しかし、カードローンの利用状況以外の理由で審査を通過できていない可能性もあります。

国土交通省が令和元年に実施した「民間住宅ローンの実態に関する調査」でおこなわれた「融資をおこなう際に考慮する項目」についてのアンケートでは、「カードローン等のほかの債務の状況や返済履歴」以上に「完済時年齢」や「健康状態」、「年収」、「勤続年数」といった要素が重視されている傾向がありました。

住宅ローンの審査では、カードローンの利用状況以外にも重視される要素があります。住宅ローンの審査を受ける際には、債務状況の見直しをするとともに、返済計画に大きく影響する、自身の年収や年齢などを考慮したうえで審査に申込みしましょう。

住宅ローンとカードローンの関係性まとめ

返済を延滞しているなど、カードローンの利用状況がよくない場合は住宅ローンの審査に影響を及ぼす可能性があります。

現在カードローンを利用している方は、返済忘れがないように気を付けましょう。過去に返済を忘れてしまったことがあるなど、カードローンの利用状況に不安がある方は、信用情報を開示してみてください。

また、住宅ローンの審査ではカードローンの利用状況以外にも、さまざまな要素が重視される傾向があります。実際に住宅ローンを検討する際は、カードローンの利用状況だけでなく、年収や年齢なども考慮したうえで自分に合った住宅ローンを検討しましょう。

オフィシャル
SNS

Twitter_logo YOUTUBE_logo LINE_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム、カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー