カードローンと信用情報の関係について詳しく解説!

電卓

カードローンを利用する上で、信用情報について知っておくことは重要です。信用情報とはクレジットカードやローンに関する個人記録のことですが、上手にカードローンを利用すれば信用情報に傷がつくことはありません。

本記事では、カードローンと信用情報の関係、そして信用情報に傷がつくのはどのような場合なのかを解説していきます。

信用情報とは?

明細

信用情報とは、クレジットカードやローンの申込み・契約に関する記録のことです。クレジットカードやローンを利用したことがある方なら必ず信用情報が存在し、信用情報機関で管理されています。

信用情報には、申込みと契約に関する情報だけでなく、返済の延滞や破産などについても記録されています。つまり、信用情報を見れば、その人のクレジットカードやローンの利用状況、返済状況を照会できるようになっています。

日本の信用情報機関は3つ

日本には信用情報を管理する信用情報機関としてJICC、CIC、KCSの3つがあります。JICCでは主に貸金業法もしくは割賦販売法に基づく事業者、CICは主に貸金業法の規定に基づく貸金業者や割賦販売法の規定に基づく包括信用購入あっせんまたは個別信用購入あっせん業者、KCSは主に国内で活動する銀行、銀行持株会社および各地の銀行協会を会員とする組織が登録しています。

カードローン会社によって、どの信用情報機関へ加盟しているかは異なります。なお、アイフルはJICCとCICの2つに加盟しています。

アイフルのローン商品に申込むと、アイフルがJICCとCICに申込者の信用情報を問い合わせます。また、すでにカードローンなどを利用している場合には、アイフルは必要に応じて利用者の契約や返済についての情報をJICCとCICに提供します。

カードローン利用時で信用情報に傷がつくケースを紹介

請求書

カードローンの返済が滞ってしまうと、「異動情報」や「参考情報」として信用情報に記録される場合があります。カードローンの返済に遅れたことがある方がクレジットカードやローンに申込むと、異動情報や参考情報の記録が申込んだ会社に知られてしまい、場合によっては審査にマイナスの影響を与える可能性があります。

このように、異動情報または参考情報が信用情報に登録されることを、一般的に「傷がつく」と表現します。信用情報に傷がついていると、新規審査に通りにくくなるだけでなく、増額審査や契約期間の延長にもマイナスの影響を与えかねません。

なお、信用情報機関ごとに、どのような情報が記録されるかは異なります。一般的には「延滞」「債務整理」「代弁返済」「強制解約」が異動、参考情報として記録されます。CICとJICCでの情報の記録方法については、以下の通りです。

CICとJICCでの情報の記録について
CIC JICC
返済延滞 異動 異動情報
債務整理
  • ・破産手続きについては「法的手続き」
  • ・破産宣告については「異動」
参考情報
代位弁済 異動 参考情報
強制解約
  • ・クレジット会社等が契約を第三者に移管した場合は「移管終了」
  • ・破産によって法的に支払い免除が認められ契約が終了した場合は「法定免責」
参考情報

カードローンと信用情報の関係

カードローンに申込むときや利用するときには、信用情報が大きく関わってきます。カードローンと信用情報の関係は、主に次の2つに分けられます。

カードローンと信用情報の関係


  • ・カードローン会社は申込み・契約・利用情報を提供する
  • ・信用情報はカードローン申込み時・途上与信時に照会される

カードローン会社は申込み・契約・利用状況を提供する

個人がカードローンの申込みをおこなうと、カードローン会社は申込みに関する情報を信用情報機関に提供します。申込者がカードローンの契約に至ったときは、カードローン会社は利用上限額や契約日、契約終了予定日、契約商品名などの契約内容を信用情報機関に伝えます。

また、カードローンの利用が始まった後も、カードローン会社は定期的に利用状況や返済状況などを信用情報機関に提供します。返済予定額や実際の返済額、延滞状況・延滞が起きた期間などに加え自己破産などによる契約の終了といった情報も信用情報機関に報告されます。

信用情報はカードローン申込み時・途上与信時に照会される

カードローンの申込み時や、契約後の利用状況を再確認する「途上与信」がおこなわれる際には、カードローン会社は信用情報機関に対象者の信用情報を問い合わせます。申込みに伴う与信判断をおこなう際や、契約中の途上与信の際には、申込者・利用者の「信用力」を判断する要素として信用情報が用いられるのです。

アイフルではカードローンなどのローン商品に申込んだ方の「返済又は支払い能力の調査」において信用情報を使用します。別のローンやクレジットカードで返済遅延や強制解約の記録がある場合や、自己破産などの債務整理の経験がある場合は、審査の際に信用情報を通じてカードローン会社に知られてしまうことになります。

事前に融資可能か1秒診断

記録された情報には「登録期間」がある

時計と電卓

一度でも返済遅延や債務整理をすると、信用情報に異動情報、参考情報が永久に残り、クレジットカードやローンの審査に影響が及び続けるというわけではありません。信用情報機関によって期間のカウント方法や長さは異なりますが、記録された信用情報は一定期間が経過すると削除されます。

CICとJICCの異動情報、参考情報の登録期間については、以下の通りです。

CICとJICCにおける情報の登録期間
CIC JICC
申込みの記録 照会日より6ヶ月以内 照会日より6ヶ月以内
返済延滞 契約期間中および契約終了後5年以内 延滞継続中および契約終了後5年以内
債務整理 登録日より5年以内 契約継続中および契約終了後5年以内
代位弁済 契約期間中および契約終了後5年以内 契約継続中および契約終了後5年以内
強制解約 契約終了後5年以内 契約継続中および契約終了後5年以内

登録されている情報は開示請求で確認できる

信用情報機関に登録されている個人の信用情報は、開示請求をおこなうことで内容を確認することができます。過去の延滞などがまだ信用情報に記録されているか気になる方は、新規にクレジットカードやカードローンに申込む前に開示請求をしてもよいかもしれません。

CICとJICCにおける開示請求について(※1)
信用情報機関名 CIC JICC
開示請求方法
  • ・窓口
  • ・スマートフォン
  • ・パソコン
  • ・郵送
  • ・窓口
  • ・スマートフォン
  • ・郵送
情報開示までの期間・方法
  • ・窓口ではその場で開示
  • ・インターネットでは即時開示
  • ・郵送の場合は10日間ほどかかる
  • ・窓口ではその場で開示
  • ・スマートフォンで申込むと開示情報は簡易書留で送付される
  • ・郵送で申込むと申込書類送付から7~10日程度で開示情報が簡易書留で送付される
手数料 500~1,000円(税込) 500~1,000円(税込)
開示請求に必要なもの
  • ・窓口では本人確認書類
  • ・インターネットではクレジットカードとクレジット等の契約に利用した発信番号を通知できる電話
  • ・郵送では本人確認書類と開示申込書
  • ・窓口では本人確認書類
  • ・スマートフォンでも本人確認書類
  • ・郵送では本人確認書類と信用情報開示申込書

(※1)開示請求方法や手数料、開示請求に必要なものは変更されることがあります

信用情報に傷をつけないようカードローンの返済は忘れずにおこないましょう

クレジットカードやローンを利用したことがある方には、必ず信用情報が存在します。信用情報はCICとJICC、KCSの3つの信用情報機関に登録され、管理されています。なお、カードローン会社によって登録している信用情報機関は異なり、例えばアイフルが提供する機関はCICとJICCです。信用情報は、利用者がクレジットカードやローンに申込んだときに照会され、クレジット会社が契約・利用・返済に関わる情報を登録する際に活用されます。

カードローンやクレジットカードなどを規約通り利用しているだけでは信用情報に影響はありませんが、返済に遅れてしまうと延滞状況が「異動情報」として信用情報に登録されることがあります。延滞期間が長くなると保証会社による保証履行や自己破産等の可能性も生じ、信用情報にさらなる「異動情報」や「参考情報」が記録されるケースに発展することもあります。

「異動情報」や「参考情報」が信用情報に登録されると、新規にクレジットカードやローンに申込んだ場合に、信用情報機関を通じて申込んだ会社に悪い印象を持たれてしまう可能性があります。クレジットカードやローンを利用しているときは返済可能な金額だけを計画的に借りるように心がけ、信用情報に影響のないよう利用していきましょう。

オフィシャル
SNS

Twitter_logo YOUTUBE_logo LINE_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム、カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー