キャッシングの仕組みや利用方法、注意点を分かりやすく解説!

紙幣を数えている手元

キャッシングとは、ATMでカードを使って現金を引き出し、借入れる行為のことです。主にクレジットカードのキャッシング枠や、カードローンの利用が当てはまります。

キャッシングの仕組みを知っていれば、より自分に合った方法でお金を借入れできる可能性があります。

そこで、この記事ではキャッシングの仕組みや具体的な利用方法について解説していきます。

キャッシングとはカードローンを含む借入方法のひとつ

ATMにカードを入れる様子

キャッシングとは、ATMからカードを使って現金を引き出してお金を借りる行為を意味します。

「キャッシング」と聞くと「クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りる」という場面をイメージする方も多いかと思いますが、カードローンもキャッシングのひとつです。

キャッシングの利用方法は?申込みから借入れまでの流れを解説

壁の前に立つ男性

それでは、実際にカードローンのキャッシングを利用するにはどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

ここからは、アイフルが提供する「キャッシングローン」を例に、申込みから借入れまでの流れをご紹介します。

1.申込み&審査

まずは必要事項を入力(記入)して、申込みを済ませましょう。申込みを済ませると、返済能力を確認するための審査がおこなわれます。審査にあたっては、本人確認書類の提出が必要です。また、以下の場合には収入証明書の提出も必要となります。

収入証明書の提出が必要となる場合


  1. 1. アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  2. 2. アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合
  3. 3. 就業状況の確認等、審査の過程で提出が必要な場合

アイフルではWEBからの申込みであれば、スマートフォンやパソコンから申込めるほか、24時間365日いつでも申込み可能です。また、申込み時の審査はWEB申込なら最短25分で完了(※1)します。

(※1)お申込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

2.契約手続き

審査が完了次第、契約手続きへと進みます。

なお、アイフルと契約する際は、カード受取方法を選ぶ際に「カードレス」を選択し、口座振替登録をすると郵送物なしで利用することが可能です。

郵送物が一切ないので、周囲にカードローンの利用を知られたくない方や、郵送物を受け取る手間を省くこともできます。

3.借入れ

契約手続きが終わると、現金を借入れることができるようになります。審査結果に基づく利用限度額の範囲内であれば、自由に借入れが可能です。

なお、実際に借入れする方法は各カードローン会社によって異なりますが、アイフルでは以下の借入方法を利用できます。

アイフルでの主な借入方法


  • ・スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)
  • ・アイフルATM
  • ・提携先ATM(コンビニ/銀行)
  • ・振込

スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)または振込の場合、カードレスで借入れが可能です。

アイフルの申込はこちら

キャッシングにおける返済時のポイント

紙幣を手渡している様子

キャッシングはカードを使ってATMから現金を借入れできる便利なサービスですが、借入れたお金は返済する必要があります。

そこで、ここでは返済する際に知っておきたいポイントを解説します。返済時のポイントを抑えておくことで、より安定した返済計画をたてることも可能です。ぜひ参考にしてみてください。

金利に応じて算出される利息を支払う必要がある

キャッシングを利用する場合、返済する際には利息を支払う必要があります。

利息とは、お金を借りた際に発生する「使用料」のようなものです。物を借りたときにレンタル料が発生するように、キャッシングを利用する際には利息が発生します。

この利息は設定されている金利(借入利率)をもとに算出されます。金利はそれぞれの金融機関ごとに設定しており、カードローン商品によっても異なります。

たとえば、アイフルの「キャッシングローン」の金利(借入利率)は、実質年利3.0%~18.0%です。つまり、「キャッシングローン」を利用する際は、実質年利3.0%~18.0%の金利をもとに算出された利息が発生します。

しかし、アイフルの「最大30日間利息0円サービス(※2)」のように、一部の消費者金融では無利息期間を設けているケースもあります。

無利息期間が設けられている場合、利息の支払いを節約できる可能性があるので、カードローンを選ぶ際には無利息期間が設けられているかどうかも確認しておくとよいでしょう。

(※2) アイフルをはじめて利用する方で、無担保キャッシングローン(キャッシングローン、SuLaLi、ファーストプレミアムカードローン)を利用する方が利用可能です。

「最大30日間利息0円サービス」の詳細はこちら

一括払いとリボ払いの違いを理解する

キャッシングを利用して借りたお金は、「一括払い」もしくは「リボ払い」のいずれかの方法で返済することになります。

「一括払い」とはその名のとおり、借りているお金を一括で返済する方法です。たとえば100万円を借りている場合、100万円を一度に返済してしまうのが「一括払い」です。

一方、「リボ払い」とは、「リボルビング払い」の略称で、あらかじめ決められた金額を毎月返済する方法のことを意味します。アイフルをはじめとした消費者金融を利用する場合、「リボ払い」で返済するのが一般的です。

ちなみに、アイフルでは「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」という返済方式を採用しています。「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」とは、借入直後の残高に応じて返済金額が変動する返済方式です。

毎月の具体的な返済金額はアイフルの「ご返済シミュレーション」から確認できますので、ぜひご活用ください。

なお、アイフルは一括返済にも対応しており、完済金額はアイフルの会員ページから確認できます。

キャッシングは「総量規制」の対象となる

!マークの三角標識

総量規制とは、「貸金業者は原則として利用者の年収の1/3を超える金額を貸し付けてはならない」という規制のことです。

たとえば、年収300万円の方が借入れできる合計の金額は最大で100万円、年収600万円の方が借入れできる合計の金額は最大で200万円、といったように、貸金業者からお金を借りる際は、年収の1/3を超える金額を借りることができません。

キャッシングはクレジットカードのショッピング枠とは異なり、総量規制の対象となります。キャッシングを利用して年収の1/3を超える金額を借りることはできないので、注意が必要です。

また、総量規制は「すべての貸金業者からの借入れの合計金額」で判断されます。そのため、希望する借入金額と他社からの借入金額の合計が年収の1/3を超える場合、借入れをおこなうことができません。

そのため、カードローンに申込む際は、希望する借入金額と現在の借入金額の合計が年収の1/3を超えていないかどうか、事前に確認しておくようにしましょう。

アイフルの「キャッシングローン」を利用する場合も、総量規制の影響を受けますので注意してください。

キャッシングの仕組みを理解して計画的な借入れを心掛けよう

財布から紙幣を取り出している手元

キャッシングは、急な出費やまとまった金額が必要になったときに役立つ便利な商品です。

しかし、実際に利用するには審査に通る必要がある、キャッシングは総量規制の対象となる、借入れ後には金利に応じた利息を含めた一定金額を返済していく必要があるなど、いくつか注意するべきポイントも存在します。

キャッシングを利用する際はこのような注意点を把握したうえで、仕組みを理解し、計画的な借入れを心掛けるようにしましょう。

オフィシャル
SNS

Twitter_logo YOUTUBE_logo LINE_logo

アイフルについてアイフルは、カードローン、キャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLi、ファーストプレミアム、カードローンなどさまざまな融資に関するサービスをご用意している消費者金融会社です。パソコン、スマホ、ATM、コンビニなどで、融資・返済が可能です。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

貸金業登録内容等商号:アイフル株式会社 URL:https://aiful.jp
本社:〒600-8420 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
代表者:代表取締役社長 福田 光秀
登録番号:近畿財務局長(13)第00218号 日本貸金業協会会員 第002228号
加盟指定信用情報機関:株式会社日本信用情報機構 株式会社シー・アイ・シー